MOSS 2007 を Windows Server 2008(R2含む)に導入する場合の注意事項

皆様いかがお過ごしでしょうか?   最近 3 才の娘が、僕が脱ぎ散らかした靴に対して注意してきます。 「おとうさんっ!靴脱いだらちゃんと並べてーっ!」ってな感じで、ついこの間まで赤ん坊だったはずなのに。。。赤信号で渡ろうとして注意されたこともあります。彼女なりの作法に反すると必ず怒られます。まあ、彼女が正しいんですけども。。。 本ブログのトピックの背景 ================ 本題に入るための背景も少し触れておきます。SharePoint をご利用頂いている皆様はご存知かと思われますが、今年は SharePoint 2010 のリリースが予定されています。現在 Beta バージョンが公開され、当ブログでも "SharePoint Server 2010 Beta 2 のインストール手順" を公開しておりますので、既にお試しいただいた方もいるかもしれません。 SharePoint 2010 リリースを間際に控えた今の時期に MOSS 2007 の環境構築が発生する場合、今後の SharePoint 2010 への移行を見据えて、OS は最新の Windows Server 2008 R2 64 bit で環境構築をしたいと考えられる方も多いのではないでしょうか。この構成であれば、OS とコンテンツはそのままで SharePoint 2010 へのアップグレードを比較的簡単に行なえるという利点をエンドユーザーに説明することも出来ますね。主にこのようなユーザーをターゲットとしてお伝えします。なお本現象は Windows Server 2008 および R2 共に発生し得る現象となります。本件では R2 環境を中心で話を進めたいと思います。 目的 ==== 今回の目的は前述の背景をふまえて最新のサーバー Windows…

0

「構成ウィザード」の実行時間について

こんにちは。はじめまして、初投稿ですが緊急対応でおなじみかもしれません。SharePoint サポートチームのましのです。 最近緊急対応がよく当たり、宝くじでも当たるんではないかと期待しています。 年末ともなるとメンテナンスが発生する場合もあり、SharePoint サーバーに対して Service Pack や修正プログラム (CU) を適用して、アップグレードしようとお考えのユーザーもいるのではないでしょうか。 今回は、SharePoint のアップグレードやサーバーをファームに追加する時には必ずつき物となる「構成ウィザード」の実行時間が長くなる場合についてお伝えします。すべての環境で当てはまる現象ではないかもしれませんが、構成ウィザードがなかなか終わらないなぁと不安に思ったときに、心の支えとなればと思っています。文章のみとなりますが、どうぞお付き合いください。 シナリオ 構成ウィザードの完了までに長時間を要する場合があります。過去に構成ウィザードが数分で完了していたのに、今回は大幅に時間がかかるという場合、うまく動いているのだろうか? うまく更新プログラムが適用されているのだろうか?ファーム環境内の一台のみで時間がかかるのは何故だろう?など、稀にしか実行しない構成ウィザードがいつもと様子が違うように思われて、不安に思われる場合があるかもしれません。そのため、はじめに、通常の動作の流れと、構成ウィザードに時間がかかる要素、時間がかかる場合のログの確認方法についてお伝えします。 一般的な更新プログラム適用後の構成ウィザード実施の流れ 通常の複数の SharePoint サーバーが存在するファーム環境での流れとなります。 動作 1: ファーム内で 1 番最初に構成ウィザードを実行した SharePoint サーバー (全体管理がホストされたサーバー)での流れ。   1-1. サーバーのローカルにあるコンポーネントの更新を行います。   1-2. SQL サーバー上の各データベースに更新を行います。 動作 2: ファーム内で 2 番目以降に構成ウィザードを実行した SharePoint サーバー (Index サーバーや WFE サーバー)での流れ。   2-1. サーバーのローカルにあるコンポーネントの更新を行います。   2-2. SQL サーバー上の各データベースの更新は、1-2. で既に実行されており必要ないため行いません。 構成ウィザードの完了までに時間がかかる要素 要素1:…

0