SharePoint Designer で作成したワークフローを起動した際に、[アクセスが拒否されました] と表示される

こんにちは。SharePoint サポートチームの のりおです。   最近めっきり寒くなってきましたが、みなさま、お元気でしょうか? 私も時々風邪をひいたりしていましたが、最近の悩みは姪がなついてくれないことです。 僕が抱っこしてしばらくすると徐々に表情が曇ってきて、しまいに泣き出してしまいます。何度かトライしましたが、今のところだめです。お母さんに返すと泣き止みます。なぜ?なぜ?このちょっと引きつった笑顔が悪いの?もしかして加齢臭?なーんていろいろ考えたりしてしまいますが、まだ両親以外に慣れていないだけなんだよなーと自分に言い聞かせています。。。   さて、本題にはいります。今回は SharePoint Designer で作成したワークフローのある動作について記載したいと思います。 MOSS 2007 には既定で "承認"、"フィードバックの収集" などのワークフローが用意されていますが、これだけでは物足りないなぁというときに、SharePoint Designer を使って自由度の高いワークフローを作成することができます。SharePoint Designer のワークフローには、ワークフローを開始させる際のオプションとして、以下の 3 つがあります。 1. このワークフローをアイテムから手動で開始できるようにする 2. 新しいアイテムが作成されたときにこのワークフローを自動的に開始する 3. アイテムが変更されたときにこのワークフローを自動的に開始する   現象 上記の起動オプションの中の、"このワークフローをアイテムから手動で開始できるようにする" を使用したワークフローを実行しようとした時に、以下のようなエラー画面が表示されることがあります。   あれ、おかしいな。権限は正しく設定しているはずなのに。。。 アイテムの投稿はできるのに、なんでワークフローが起動しないの? 実は、ちょっとした注意点があるんです。今回はこの画面が表示される理由と対処方法をお伝えしたいと思います。   原因 SharePoint Designerでワークフローを作成したときに、自動的にワークフローの開始画面 (ワークフローフォーム) が作成されます。既定では以下のような画面になります。この画面にアクセスする権限がないために、アクセス拒否の画面が表示されています。   SharePoint Designerでワークフローを作成する場合、作成したタイミングでワークフローフォーム (aspx ファイル) や定義ファイル (XOML ファイル) 等が特殊なライブラリに保存されます。このライブラリにファイルを追加する際に権限が付与されるのですが、以下のような条件で権限が付与されます。 1. アイテム単位の権限として付与される。 2….

0

「構成ウィザード」の実行時間について

こんにちは。はじめまして、初投稿ですが緊急対応でおなじみかもしれません。SharePoint サポートチームのましのです。 最近緊急対応がよく当たり、宝くじでも当たるんではないかと期待しています。 年末ともなるとメンテナンスが発生する場合もあり、SharePoint サーバーに対して Service Pack や修正プログラム (CU) を適用して、アップグレードしようとお考えのユーザーもいるのではないでしょうか。 今回は、SharePoint のアップグレードやサーバーをファームに追加する時には必ずつき物となる「構成ウィザード」の実行時間が長くなる場合についてお伝えします。すべての環境で当てはまる現象ではないかもしれませんが、構成ウィザードがなかなか終わらないなぁと不安に思ったときに、心の支えとなればと思っています。文章のみとなりますが、どうぞお付き合いください。 シナリオ 構成ウィザードの完了までに長時間を要する場合があります。過去に構成ウィザードが数分で完了していたのに、今回は大幅に時間がかかるという場合、うまく動いているのだろうか? うまく更新プログラムが適用されているのだろうか?ファーム環境内の一台のみで時間がかかるのは何故だろう?など、稀にしか実行しない構成ウィザードがいつもと様子が違うように思われて、不安に思われる場合があるかもしれません。そのため、はじめに、通常の動作の流れと、構成ウィザードに時間がかかる要素、時間がかかる場合のログの確認方法についてお伝えします。 一般的な更新プログラム適用後の構成ウィザード実施の流れ 通常の複数の SharePoint サーバーが存在するファーム環境での流れとなります。 動作 1: ファーム内で 1 番最初に構成ウィザードを実行した SharePoint サーバー (全体管理がホストされたサーバー)での流れ。   1-1. サーバーのローカルにあるコンポーネントの更新を行います。   1-2. SQL サーバー上の各データベースに更新を行います。 動作 2: ファーム内で 2 番目以降に構成ウィザードを実行した SharePoint サーバー (Index サーバーや WFE サーバー)での流れ。   2-1. サーバーのローカルにあるコンポーネントの更新を行います。   2-2. SQL サーバー上の各データベースの更新は、1-2. で既に実行されており必要ないため行いません。 構成ウィザードの完了までに時間がかかる要素 要素1:…

0

構成データベースの復元について

SharePoint サポートチームのはながたです。   「MOSS 2007 のコンテンツ データベースなどは復元できるけど、構成データベースって復元できるの?」という質問を、 MOSS 2007 をご利用のお客様はもちろん、社内からもよく聞かれたりします。なので、今回は MOSS 2007 の構成データベースの復元をネタに blog を書いてみました。   実は、構成データベースの復元のシナリオは、TechNet に以下の 2 つのパターンがあることが記載されています。   TITLE : ファームのバックアップと復元の準備をする (Office SharePoint Server 2007) URL : http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc262704.aspx —– 引用 —– ·         次の方法で、構成データベースとサーバーの全体管理コンテンツ データベースを含むファームを復元できます。 ·         Microsoft System Center Data Protection Manager 2007 を使用して取得された実行中のファームのファーム レベル バックアップを使用して、構成データベースとサーバーの全体管理コンテンツ データベースを含む、ファーム全体を復元することができます。詳細については、「How to Recover a Windows SharePoint Services…

0

代替アクセスマッピングの設定方法

こんにちは。SharePoint サポートチームの多田です。 最近、MOSS 2007 の機能のひとつである代替アクセス マッピングについて質問をよくいただきます。 今回は代替アクセス マッピングの意味と簡単な設定方法を紹介したいと思います。   代替アクセス マッピングの見方 代替アクセス マッピングの見方がわからないというご質問をよくいただきます。確かに設定画面を見るとなにやら URL が 2 つ並んでおり、何が何なのかわかりません。でも見方は非常に簡単です。     Web アプリケーションを作成するとこのようにひとつ代替アクセスマッピングが作成されます。内部 URL と領域のパブリック URL がそれぞれありますね。これらの URL は Web アプリケーションの作成時に設定した負荷分散される URL が使用されます。これらの URL の意味を簡単に解釈すると、   内部 URL                     : SharePoint サイトに送信される URL 領域のパブリック URL : ユーザーが使用する URL   です。通常は内部 URL と領域のパブリック URL は同一になるように設定します。一方、社内ネットワークにある MOSS サイトをリバース プロキシ サーバー等を介してインターネットに公開する際には、内部…

0

定期的なイベントの会議ワークスペースで日付ごとのアイテムを正しく追加・表示させる方法

皆さん初めまして!SharePoint サポートチームの Shizuka です。 今回は、予定表の定期的なイベントによく利用される会議ワークスペースについて、是非皆様に知っておいていただきたい情報がありますのでご紹介いたします。   定期的なイベントの会議ワークスペース 皆さん、週 1 の定期的な会議ってありますよね? 例えば、そうですね~、週 1 でおいしいとうわさのレストランにランチを食べに行く、とか、毎週金曜日にお仕事の後懇親会する、とか。 (ようするに定期的な予定ですね) そんな時、会議で話し合う内容や必要な資料などを、各日付ごとに管理できたらいいなーと思いませんか? MOSS にはそのような便利な機能が備わっており、予定表にて新しい予定 (定期的なイベント) を追加する際に一緒に会議ワークスペースを作ることができることから、利用されている方も結構多いように思います。 これから利用をお考えの方にも是非知っておいていただきたいことが、会議ワークスペースの URL はローマ字で入力しましょう!ということです。   突然なんのことやらという方のため、百聞は一見にしかず。 チームサイトを例に、予定表にて便利な会議ワークスペースつきの定期的イベントを作成してみましょう。   まず、予定表に新しいアイテムを追加します。この時 ”定期的なイベントとして設定する” と “会議ワークスペースを使用して、このイベントの参加者、議題、資料、議事録などを準備する” にチェックを入れることをお忘れなく!!   [OK] をクリックすると、以下のように会議ワークスペース作成ページへ遷移します。以下は、既定のままの内容ですね。 会議ワークスペース サイトのタイトルと、URL 名は、前のページで予定表に新規作成したアイテムのタイトルを自動的に入力してくれます。 この URL 名が、今後の会議ワークスペース サイトの運命を大きく変えるのです。   テンプレートは何でもいいのですが、一般的な会議ワークスペースで作成しましょう。   はい、待ちます。   “たのしい会議” 用の会議ワークスペースサイトが作成されました! では、11/19 に開催する “たのしい会議” の会議の趣旨を追加してみましょう! 以下は 11/19 の…

0

SPS 2003 または WSS 2.0 で修正プログラム適用後にサービスが起動しない

こんにちは。SharePoint サポートチームの tatsuyan です。   今回は、SharePoint Portal Server 2003 (SPS 2003) または Windows SharePoint Services 2.0 (WSS 2.0) の修正プログラム適用時の注意点についてご案内いたします。 近日、本現象に関するお問い合わせを数件いただいたいております。可能な限り早急な情報公開をしたいと思い、今回、我ら SharePoint チームブログにて早急に公開することになりました。 なお、本現象はサーバーのパフォーマンス等、環境に依存する場合もあるため発生頻度は低い問題ですが、今後の SPS 2003 または WSS 2.0 運用の情報としてお役立ていただければと思い、記載させていただきます。   今回ご案内する現象 SPS 2003 または WSS 2.0 の修正プログラムを適用後にサーバーの再起動を実施すると、SPS 2003 または WSS 2.0 の関連サービスである "SharePoint Portal Administration" および "Microsoft SharePointPS Search" サービスが開始されなくなってしまう現象が発生する場合があります。 本現象が発生した場合、ポータルサイト閲覧は可能ですが、サイトからの検索ができなくなる現象が発生します。なお、サービスが起動できなくなった場合には、以下のイベントログが SPS 2003 または WSS…

0

Windows 7 でのエクスプローラ ビューについて

こんにちは。   SharePoint サポートチームのとよだです。   待望の新OS、Windows 7 が発売になりましたね。 もうお試しいただけましたでしょうか? 早い、軽い、使いやすいと大変評判の Windows 7。多くの MOSS ユーザー (モスラー) の方々に是非お使いいただきたいと思っております。 もちろん、MOSS 2007 とも仲睦まじく動作いたします。   さて、今回はこの Windows 7 と MOSS 2007 の関係をちょっとだけ垣間見てみたいと思います。     MOSS 2007 のドキュメント ライブラリのビューの一つに、エクスプローラ ビューというものがございます。 これは、ドキュメント ライブラリを Windows エクスプローラのように表示、管理ができるビューになります。 権限さえあれば、コピーもドラッグ & ドロップで可能で直感的に操作ができ、モスラーの皆様には当たり前の機能かと存じます。   このエクスプローラ ビュー、今まで Vista や XP では格納されているファイルが以下のように Internet Explorer 上で表示されていました。       しかし、Windows…

0

イベント ハンドラを使う際の注意点

みなさん。こんにちは kenmori です。   本日は、皆様に SharePoint が用意しているイベント ハンドラについて、特に SPItemEventReceiver についてのご紹介とその注意点についてお伝えいたします。   イベント ハンドラって何?   イベントハンドラとは簡単に申しますと、何かのタイミングに任意の処理を実行させるカスタマイズになります。 発生する前と後に実行でき、発生前の処理では何と抑止することもできてしまいます。   イメージとしては例えば・・・、ご飯を食べた後のイベントで、歯を磨く処理をプログラミングしておきます。 こうすることで、虫歯を防ぐことができて、健康的ですね。   その他の例 食べる前に飲む (何か聞いたことがある・・・) 食べる前にやめとく (ダイエットのため)   本当に食べる動作にイベント ハンドラがつけられるとすれば、それはロボットの開発の話みたいですので、SharePoint のお話をいたします。   SharePoint ではアイテムを追加、更新、削除するタイミングでイベント ハンドラがよく使われています。   補足 イベント ハンドラを実施するためには、まず Visual Studio が必要です (2005 以降)。 Edition は何でも大丈夫です。VSeWSS は非サポートツールですが便利です。   タイトル : Windows SharePoint Services 3.0 ツール: Visual Studio…

0

クロール ログの出力方法

こんにちは。 SharePoint サポートチームのくらたです。 今回は「クロール ログの出力方法」についての紹介したいと思います。お客様から「クロール ログは画面で見ることは出来るが、ファイルなどに一覧で出力することが出来ないんですか?」とご質問を頂くことがあります。 クロール ログとは以下のようにクロールの結果を記載したログになりますが、MOSS 2007 では、UI 上からは確認出来るものの、ファイルなどにエクスポートする機能は搭載しておりません。そこで、今回は SQL サーバー データベース内のテーブルから、クロールログと同様の内容を確認するという代替案についてご説明いたします。(SQL サーバーだとテーブルの内容はファイルに出力できますよね。) では、クロール ログの内容を把握するために、具体的に SQL サーバーのどのテーブルを参照すれば良いのかを見ていきましょう。 クロールの状況は、検索データベース (既定では SharedService1_Search_DB) の以下の 2 つのテーブルを参照することにより、確認できます。 1) MSSCrawlURL テーブル クロール ログと同等の情報が記録されています。 2) MSSCrawlHistory テーブル クロール 履歴の情報が記録されています。 テーブルの詳細は以下になります。 1) MSSCrawlURL テーブル MSSCrawlURL テーブルには、とても多くの列が存在しますが、具体的に参照して頂きたい列は限られてます。くらたの経験上、以下の4 つの列を参照して頂ければ概ねクロール ログと同様の状況を把握することが可能です。 列名 内容 DisplayURL アイテムの URLを表します。 ErrorID エラー内容の詳細を表します。エラー メッセージの詳細は、MSSCrawlErrorList テーブルに記載されています。 ErrorLevel エラーの種類を表します。 ErrorLevel…

0

ハウツー:MOSS 2007 の検索結果に、特定の列の情報を表示させない

こんにちは。SharePoint サポートチームのかわぞえです。   最近不幸にも家の網戸にとまってしまったカマキリを捕獲して、ペットとして飼っています。 奥さんには嫌がられていますが、子供たちは興味津々で次々とバッタやコオロギをカマキリのいる虫かごに放り込み、弱肉強食の食物連鎖の構図を楽しんでいます。 A: 「でも、カマキリのパパは最後にはママに食べられちゃうんだよ」 B: 「そうなんだ、、、切ないねーパパ。僕も食べられちゃうのかな。。」 男に対する食物連鎖の厳しさがあることに気づき、大人の階段を一歩上ったわが子を垣間見ました。。。   さて、今回は MOSS 2007 の検索機能の中で、ちょっとした Tips をご案内したいと思います。 内容は、「MOSS 2007 の検索結果に、特定の列の情報を表示させないようにする」、です。   以下のような状況を想定したケーススタディを考えてみます。   1). Contoso 社のサポート部門では、リストライブラリでお問い合わせいただいた内容やお客様名、企業名、対応者を記録しています。 2). お問い合わせを受けた際には、リストライブラリを検索し、過去に受けた問い合わせ内容やお客様を検索し、迅速かつ適切な対応ができるよう努めています。 3). これらの状況のため、いかに早く情報を抽出できるかが、顧客に対するサービス品質向上の1つとして重要な要素となっています。   ところが、サポートの担当者からは、以下の声が上がっており、IT 管理者は頭を悩ませています。 「お客様名を検索しようとすると、同じ名前の対応者もひっかかってきており、検索精度に影響がでるのでなんとかしてほしい」   ここは是非 MOSS 2007 の検索機能を使用してこの問題に対処してみたいと思います。 MOSS 2007 では、コンテンツをクロールした際に検索インデックスにインデックス情報が格納されますが、コンテンツの中身だけではなくプロパティ情報もデータとして格納されます。 たとえばドキュメントのプロパティとしては、タイトル、作成日時、作成者などがすぐに思いつきますね。   早速 MOSS 2007 の管理画面から、どう設定するのか、確認してみましょう。   1. まず現状の動作を確認してみます。今回対象のリストは以下のようになっています。舞黒さんが顧客名列にも対応者列にも存在しています。     2. このリストを検索すると、舞黒太郎さんを含む列と舞黒次郎さんの名前を含む列がヒットします。1つは…

0