[改訂版] SharePoint Online HTTP 調整 (応答コード : 429) 対策の増分バックオフ リトライ

過去のブログ投稿でもご案内しておりますように、CSOM などのクライアント サイド API を利用するプログラムにおいて、HTTP 調整機能への対策として増分バックオフ リトライを実装することを推奨しています。 タイトル: PowerShell サンプル : SharePoint Online HTTP 調整 (応答コード : 429) 対策の増分バックオフ リトライ アドレス: https://blogs.technet.microsoft.com/sharepoint_support/2016/10/08/powershell-csom-sample-code-for-spo-http-429-incremental-backoff-retry/   従来弊社より案内していた増分バックオフ リトライのサンプル コードでは、Exponential Backoff というアルゴリズム (指数関数的にリトライ間隔を大きくする実装) を推奨していましたが、最新のベスト プラクティスにおいては、HTTP 応答の “Retry-After” ヘッダーの値を利用してリトライ間隔を指定する実装を推奨しています。本実装は、SharePoint Online だけでなく、Microsoft Graph API 等においても同様の推奨事項となります。   タイトル: SharePoint Online で調整またはブロックを回避する アドレス: https://docs.microsoft.com/ja-jp/sharepoint/dev/general-development/how-to-avoid-getting-throttled-or-blocked-in-sharepoint-online タイトル: Microsoft Graph throttling guidance アドレス: https://developer.microsoft.com/en-us/graph/docs/concepts/throttling   本稿では、冒頭のブログで紹介している…

0