構造ナビゲーション、CQWP によるパフォーマンス劣化について

以下の公開情報でご案内しておりますように、SharePoint Online で構造ナビゲーション、コンテンツ クエリ Web パーツ (以下、CQWP と略します) を利用するとデータベースに負荷が生じ、サイト アクセス時にパフォーマンス劣化が生じる場合がございます。   タイトル : SharePoint Online のパフォーマンス チューニングについて アドレス : https://blogs.technet.microsoft.com/sharepoint_support/2018/06/25/spo-performance-tuning/   構造ナビゲーション、CQWP を以前からご利用されており、特に設定変更や運用の変更などを実施していないにも関わらず、突然パフォーマンスが劣化することについての疑問を頻繁にお問い合わせいただくため、以下に考えられる要因をご紹介いたします。 なお、上述の公開情報に記載のとおり、構造ナビゲーション、CQWP を利用することによってパフォーマンスが劣化する場合、データセンター側でのサーバーのリソース増強などによる対応は効果的ではありません。 よりパフォーマンスに優れる代替機能への置き換えや、パフォーマンスのチューニングが有効な対処となりますので、構造ナビゲーション、CQWP をご利用されている場合は上述の公開情報を参考にお早めに対処をご検討ください。   パフォーマンス劣化が生じる要因について 構造ナビゲーション、CQWP は負荷の大きなクエリがデータベースに対して実行されるため、データベースのリソースを消費し、データベースからの応答が遅延することでパフォーマンスが劣化します。 SharePoint Online は単一のデータベースに複数のサイト コレクションの情報や、テナントの規模によっては OneDrive for Business の情報も保持されるため、当該機能によるパフォーマンス劣化の影響範囲としては、最大でテナント全体となります。   SharePoint Online はデータセンター側で継続して動作が追加/更新されており、また SaaS 型の共有サービスのため、他のテナントとサーバーやデータベースも共有しております。 突然発生したパフォーマンスの劣化は、主にこの様な要因が影響しており、以下に考えられる具体的なシナリオをご案内いたします。   1.     フロントエンドサーバーの増加、キャッシュの廃止 SharePoint Online は利用者が継続して増加しており、現在多くのフロントエンドサーバーが稼働している状況となります。 構造ナビゲーションや CQWP は従来よりデータベースへの負荷が大きな機能となるため、フロントエンド…

0