Project Online の [Project] タイルの動作変更について

こんにちは、サポートの森村です。 本記事では Project Online の [Project] タイルを使用した場合の動作について、弊社の米国のエンジニアが公開済みの下記ブログ記事の内容についてご案内いたします。 タイトル : Project Online: The new ‘Home’ experience タイトル : https://blogs.technet.microsoft.com/projectsupport/2018/08/15/project-online-the-new-home-experience/ Project Online 関連のサブスクリプション (Project Online Premium、Project Online Professional、Project Online Essentials) のライセンスを割り当てているユーザーの場合、Office 365 にサインインするとアプリケーション ランチャーに [Project] のタイルが含まれています。 本日 2018/8/28 時点では [Project] タイルをクリックすると、既定の Project Web Access サイトコレクション (PWA サイト) である、/sites/pwa にアクセスする動作となっております。 こちらの動作を、近日中に変更し、下記のような「Project ホーム画面」 (https://project.microsoft.com/) に移動する動作となる予定です。 [Project] タイルの動作を以前のままにする、等の設定変更はできませんので、従来通り /sites/pwa の…

0

サンプル コード : SharePoint 2013 形式ワークフローの状態出力

今回の投稿では、特定のリストに関連付けられた SharePoint 2013 形式ワークフローの各インスタンスの状態を出力する SharePoint Online用のサンプル コードをご紹介します。 SharePoint 2013 形式のワークフローの状態列は、ワークフローの状態列をクリックすれば、下記のように表示されます。 しかし、列自体に、ワークフローの実際の内部状態を表示しないため、リスト ビューなどでワークフローの状況が把握できないというご質問を受けます。 SharePoint 2013 形式ワークフローは、SharePoint 2010 形式ワークフローよりも、リトライ処理が堅牢に実装されております。 そのため、ワークフローの処理が失敗する可能性は低いですが、リトライしても成功しない処理 (例. 削除済みアイテムを削除する) をリトライし続け、リトライ回数を枯渇して一旦停止になる場合もあります。 今回の投稿では、このようなシナリオにおいて SharePoint 2013 形式ワークフローの内部状態を確認し、エラーとなったワークフローを検出するサンプル スクリプトをご紹介します。 事前準備 下記の内容を実施済みのクライアント環境においては、事前準備の項目を再度実施する必要はございません。 1 : SharePoint Online Client Components SDK のダウンロード サンプル スクリプトを実行するための実行環境として SharePoint Online Client Components SDK をダウンロードします。 以下のリンクよりダウンロード可能です。 タイトル : SharePoint Online Client Components SDK アドレス : https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=42038  …

0