SharePoint Online の検索機能の概要

(この記事は 2017 年 11 月 10 日に SharePoint Online Support Info に投稿された記事 SharePoint Online Search Overview の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   SharePoint Online の検索機能の概要 Microsoft SharePoint Online の検索機能は本製品に欠かせないものです。この検索機能は、Office 365 全体においても多数の機能の基盤となっています。たとえば、日常的に利用されている以下のような機能は、いずれもこの検索機能をベースとしています。 エンタープライズ検索センター サイト検索 リストとライブラリの検索 検索 Web パーツ OneDrive for Business の [自分と共有] ビュー 使用状況と人気の傾向のレポート データ損失防止、電子情報開示の検索、データ保持 検索のしくみ SharePoint Online の検索機能は、クローラーとインデクサーという 2 つの主要コンポーネントで構成されています。クローラーとインデクサーは共有リソースであり、クロールとインデックス作成が有効化されているすべてのテナントのコンテンツを処理します。サポートには「アイテムやサイトの変更が検索結果に反映されるまでの時間にばらつきがあります。すぐに反映されるときもあれば、非常に時間がかかるときもあるのはなぜですか」といった質問がよく寄せられます。所要時間にばらつきがある理由は、クローラーとインデクサーがいずれも、1 つのテナントだけでなく、ファーム内のすべてのテナントのコンテンツの更新、追加、削除を処理するためです。クローラーとインデクサーは、作業キューを使用して作業項目を処理します。クローラーとインデクサーの役割について、以下に詳しくご説明します。 クローラーの役割は、コンテンツを取得して、インデクサーがバイナリ インデックスの作成に使用できる特定の形式に変換することです。クローラーは、コンテンツとユーザー プロファイル データベースから「コンテンツ」を取得し、コンテンツの変換と言語の正規化を実行して、正常に処理できた場合にはその情報をインデクサーに送信します。SharePoint Online では、次の 2…

0