Word/Excel に .mpp ファイルをオブジェクトとして埋め込んだ場合の動作について

こんにちは、SharePoint サポートの森村です。 Word/Excel に .mpp ファイルをオブジェクトとして埋め込んだ場合に発生する現象についてご案内いたします。 Project クライアント製品にて作成した Project ファイル (.mpp ファイル) を、Word や Excel 等の他の Office 製品のファイルに埋め込んで使用する際に、下記のような現象が発生する場合があります。 非常に小さなサイズで .mpp ファイルが挿入される オブジェクトを挿入後に、ダブルクリックで Project を起動しようとしても Word/Excel もしくは Project でエラーが発生して起動できないことがある 本現象は製品の制限であり、残念ながら回避策はありません。 このため、Project ファイル (.mpp ファイル) をオブジェクトとして埋め込む必要がある場合は、下記の対処方法をご検討ください。 対処方法 Word/Excel で [挿入] – [オブジェクト] を選択します。 “新規作成” タブで “アイコンで表示” にチェックを入れます。 “オブジェクトの種類” で “Package” を選択後、[OK] を押下します。 ファイル名欄に挿入されたい .mpp ファイルを指定し、[次へ] を押下します。 ラベル名としてファイル名が表示されるのを確認し、[完了]…

0

Office 365 テナント上の複数のYammer ネットワークについて

こんにちは、SharePoint サポート チームの関 友香です。   先日 (2018 年 3 月 31 日時点) Office 365 のメッセージ センターにて、Office 365 テナント上に存在する複数の Yammer ネットワークの統合の計画がアナウンスされました (MC133153)。これまでにも多数のお客様からOffice 365 テナントに多数存在している Yammer ネットワークについてご質問をお寄せいただいておりますので、本ブログにてご利用中のテナントの Yammer の確認方法、複数の Yammer ネットワークが存在している背景、Yammer ネットワーク統合に向けた対応方法などをご紹介させていただきます。 <目次> 1. 既存の Yammer ネットワークの確認 2. 複数のYammer ネットワークが作成された背景 3. Yammer ネットワークの統合 4. Yammer ネットワークの管理 1. 既存の Yammer ネットワークの確認 Office 365 テナントに多数のカスタム ドメインを登録している環境では、複数の Yammer ネットワークが作成されている可能性がございます。まずは、Yammer ネットワークの管理メニューから現在の Yammer…

0

SharePoint Online (Office 365) のブラウザー要件 / Browser Requirements for SharePoint Online (Office 365)

English follows Japanese   こんにちは、SharePoint サポート チームの高山です。   下記の公開情報に記載のとおり、SharePoint Online を含む Office 365 は、最新のブラウザーで動作するように設計されています。 そのため、Office 365 のご利用時にサイト上の表示の問題やブラウザー上のエラーが発生する場合には、まずお使いのブラウザーが最新バージョンであるかをご確認ください。   Office のシステム要件 https://products.office.com/ja-JP/office-system-requirements  — 一部抜粋 — Office 365 は、最新のブラウザーと最新バージョンの Office で動作します。古いバージョンのブラウザーやメインストリーム サポートの対象でない Office バージョンを使用している場合は、以下の点に注意してください。 ・Microsoft は、ユーザーがサービスに接続することを意図的に阻止することはありませんが、Office 365 で利用できる機能は徐々に縮小されます。 ・Microsoft は、セキュリティ以外の問題を解決するために、修正プログラムを提供することはありません。 —————-   なお、Internet Explorer の要件として、上記公開情報の中に下記の記載がありますが、Internet Explorer 11 の場合でも最新バージョン (最新の更新プログラム) をご利用されていることが前提となっているため、過去バージョンの Internet Explorer 11 をお使いの場合には、使用可能な機能に差異が生じる可能性がある点にご注意ください。 SharePoint Online のご利用において、端末によって…

0

SharePoint Online の検索機能の概要

(この記事は 2017 年 11 月 10 日に SharePoint Online Support Info に投稿された記事 SharePoint Online Search Overview の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   SharePoint Online の検索機能の概要 Microsoft SharePoint Online の検索機能は本製品に欠かせないものです。この検索機能は、Office 365 全体においても多数の機能の基盤となっています。たとえば、日常的に利用されている以下のような機能は、いずれもこの検索機能をベースとしています。 エンタープライズ検索センター サイト検索 リストとライブラリの検索 検索 Web パーツ OneDrive for Business の [自分と共有] ビュー 使用状況と人気の傾向のレポート データ損失防止、電子情報開示の検索、データ保持 検索のしくみ SharePoint Online の検索機能は、クローラーとインデクサーという 2 つの主要コンポーネントで構成されています。クローラーとインデクサーは共有リソースであり、クロールとインデックス作成が有効化されているすべてのテナントのコンテンツを処理します。サポートには「アイテムやサイトの変更が検索結果に反映されるまでの時間にばらつきがあります。すぐに反映されるときもあれば、非常に時間がかかるときもあるのはなぜですか」といった質問がよく寄せられます。所要時間にばらつきがある理由は、クローラーとインデクサーがいずれも、1 つのテナントだけでなく、ファーム内のすべてのテナントのコンテンツの更新、追加、削除を処理するためです。クローラーとインデクサーは、作業キューを使用して作業項目を処理します。クローラーとインデクサーの役割について、以下に詳しくご説明します。 クローラーの役割は、コンテンツを取得して、インデクサーがバイナリ インデックスの作成に使用できる特定の形式に変換することです。クローラーは、コンテンツとユーザー プロファイル データベースから「コンテンツ」を取得し、コンテンツの変換と言語の正規化を実行して、正常に処理できた場合にはその情報をインデクサーに送信します。SharePoint Online では、次の 2…

0

Exchange Online を含まないサブスクリプションにて OneDrive for Business 上で作成した Office 365 グループについて

こんにちは、SharePoint サポート チームの田﨑です。 Exchange Online および SharePoint Online が含まれるサブスクリプションでは、Office 365 グループを利用することができ、OneDrive for Business の画面から既定で Office 365 グループと連携したチームサイトを作成することができます。 また、Exchange Online を含まない一部のサブスクリプションでも同様の操作で Office 365 グループの作成が可能なのですが、Exchange Online を含まない一部のサブスクリプションにて作成された Office 365 グループは管理メニューから削除が行えないという動作を確認しています。 そのため、今回の記事では Exchange Online を含まないサブスクリプションにて作成されてしまった Office 365 グループを管理者にて削除する方法、および Office 365 グループの作成を禁止する方法について、ご案内します。   <<目次>> OneDrive for Business にて作成できる Office 365 グループ サイトの概要 作成された Office 365 グループの削除方法 Office 365 グループの作成の制御方法   OneDrive for Business にて作成できる Office 365 グループ サイトの概要 Exchange Online および SharePoint Online が含まれるサブスクリプションでは、Office 365 グループを利用することができ、下図のように OneDrive for…

0