SharePoint にアクセスした際にInternet Explorer がクラッシュする事象について


こんにちは、SharePoint サポート 西村です。

SharePoint サイトにアクセスした際に、下記のような警告が表示され、Internet Explorer (以下 IE) がクラッシュする場合がありました。

 

本事象は SharePoint 利用時に使用される、Office 2016 の下記アドオンが IE にロードされる際、処理の状況によってメモリ アクセス違反を引き起こすために発生します。

ご利用のクライアント端末の状況にも依存するため、下記アドオンが有効なすべての環境で発生する訳ではございません。

 

・NameCtrl Class
・SharePoint Stssync Handler
・SharePoint Export Database Launcher
・SharePoint Spreadsheet Launcher

 

本事象は Office 2016 月次チャネル 1706, 月次チャネルと半期チャネル(対象指定) 1708 の 16.0.8431.2079にて適用された修正により、Office 2016 のコンポーネントである JitV.dll の処理が変更された影響で発生しておりましたが、2017 年 10 月に公開されたバージョン (月次チャネル 1708 の 16.0.8431.2094, 半期チャネル (対象指定) 1708 の 16.0.8431.2107) において修正されました。

 

月次チャネル 1706, 月次チャネルと半期チャネル(対象指定) 1708 の 16.0.8431.2079 のバージョンをご利用で、IE のクラッシュが発生している環境におきましては、お手数ですが Office 2016 のアップデートを実施いただき、本事象を回避いただければ幸いです。

※段階的提供チャネルでは、本事象が発生するバージョンはございません。

 

Office 2016 の各チャネルのバージョンにつきましては、下記をご参考いただければ幸いです。

 

タイトル:更新プログラム チャネル リリースのバージョン番号とビルド番号

アドレス:https://support.office.com/ja-jp/article/ae942449-1fca-4484-898b-a933ea23def7?ui=ja-JP&rs=ja-JP&ad=JP

 

今回の投稿は以上です。


Comments (0)

Skip to main content