OneDrive for Business の共有アイテムが共有相手の各ページに表示される条件

こんにちは、SharePoint サポートの小松です。   今回は、OneDrive for Business で共有設定したアイテムが共有相手のページに表示される条件について記載いたします。   <目次> 以下の各ページで表示されるアイテムについてご説明します。 1. [自分と共有] ページ 2. 別ユーザーの OneDrive for Business ページ 3. [ファイル] ページ (下側) 4. 共通のドキュメント (従来の UI) 5. XXX のドキュメント (従来の UI)   1. [自分と共有] ページ [自分と共有] ページでは共有相手として自分 (ログイン ユーザー、図1の場合は user01) が設定されているアイテムが表示されます。 ユーザー自身を共有相手として設定する必要があるため、セキュリティ グループや “すべてのユーザー” で共有設定されたアイテムは表示されません。 図1. [自分と共有] ページ   2. 別ユーザーの OneDrive for Business…

0

SharePoint で使用できるブラウザーについて

こんにちは、SharePoint サポート 西村です。 今回はお問い合わせいただくことも多い、SharePoint で使用できるブラウザーについて投稿いたします。   SharePoint でサポートされているブラウザーは、下記公開資料に記載のとおりです。 Internet Explorer (IE) 以外の Google Chrome や FireFox 等も最新リリース バージョンであればサポートされます。   タイトル:SharePoint Server 2016 でのブラウザー サポートの計画 アドレス:https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc263526(v=office.16).aspx   しかしながら、エクスプローラー表示や、Skype のプレゼンスの表示等、一部の ActiveX コントロールを使用する機能については、上記資料にも記載のとおり 32 ビット バージョンの IE のみで利用することが出来ます。   —- 一部抜粋 —- SharePoint Server 2016 の機能によっては ActiveX コントロールを必要とするものがあります。したがって、ActiveX をサポートしないブラウザーでは使用できる機能が制限されます。現在、この機能をサポートするのは 32 ビット バージョンの Internet Explorer のみです。 —- 一部抜粋 —-…

0