Project Online の PWA 上で編集できないフィールドについて

こんにちは、SharePoint サポートの森村です。 Project Online の Project Web App サイト (PWA サイト) 上にて、プロジェクトおよび、プロジェクト内のタスクの編集を行うことが可能ですが、一部のタスク フィールドについては PWA 上では表示のみとなり、編集をすることができません。 この場合は Project Professional 2016 上で PWA サイト上のプロジェクトを開き、編集をする必要があります。 例として、お問い合わせでよくいただく、上記に該当するフィールドは下記となります。 実際の達成率 進捗管理者 ハイパーリンク メモ その他、フィールドではありませんが、統合プロジェクト (マスター プロジェクト) の作成、編集を行うためには Project Professional 2016 上で開く必要があります。 以上のように、ブラウザー上での操作ができない場合は、Project Professional 2016 上での編集をお願いいたします。 なお、オンプレミス製品である、Project Server 2016/2013 でも同様の動作となります。 今回の投稿は以上です。 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

0

2017 年 1 月の CU がリリースされました

2017 年 1 月の CU がリリースされました。 SharePoint 2016 向けの修正は 2 つリリースされており、それぞれ異なる修正のため、最新にするには両方インストールする必要があります。 SharePoint 2013 KB: January 10, 2017, cumulative update for SharePoint Server 2013 (KB3141481) ダウンロード: Microsoft SharePoint Enterprise Server 2013 (KB3141481) の更新プログラム SharePoint 2016 KB: MS17-002: Description of the security update for SharePoint Server 2016: January 10, 2017 (セキュリティ更新プログラムと同梱になります。) ダウンロード: Microsoft SharePoint Enterprise Server 2016 (KB3141486)…

0

SharePoint Server におけるホストヘッダーの利用について

こんにちは SharePoint サポートの森 健吾 (kenmori) です。 今回の投稿では、SharePoint Server オンプレミス製品をホストする Web サーバーでホスト ヘッダーを利用する方法や注意点についてご説明します。 新しい情報ではありませんが、代替アクセス マッピングと合わせて質問が多いため、今回情報を公開させていただくに至りました。 なお、ホストヘッダーは、SharePoint Server 2013 から導入されたホスト名付きサイト コレクションには対応していません。本投稿ではホスト名付きサイト コレクションには言及しません。   ホストヘッダーの用途 ホストヘッダーを指定すれば、要求アドレスのホスト名をもとに、Web サーバーが到達先の Web サイトを振り分けることができるようになります。そのため、例えば複数の異なる IIS Web サイト (または異なる SharePoint の Web アプリケーション) で同じポート番号 (例. 80, 443) を共有することが可能になります。 ホストヘッダーを指定した場合、HTTP 要求されたアドレスのホスト名とポート番号の両方が合致した Web サイトに要求が振り分けられます。 この機能が利用される背景としては、Web サーバーにおいて、特に 80 番ポート (http://)や 443 番ポート (https://) など、URL 表記する際に番号を省略できるポートであるということ。また、ファイアウォール設定などもあるため、あまり多くのポートを開けたくないという要件などもあります。 SharePoint でホストヘッダーを設定できる画面は、新規 Web…

0