SharePoint Designer 2013 の使用に必要な権限


SharePoint サポートの江口です。今回の投稿では、SharePoint Online (SPO) および SharePoint Server 2013 SharePoint Designer 2013 (SPD 2013) を使用するにあたり、ユーザーに必要な権限について記載します。

SPD 2013 は様々なカスタマイズができるツールであるため、SharePoint サイト管理者が、一般ユーザーの SPD 2013 の使用を制限したい場合があります。一方で、特定のユーザーのみに SPD 2013 の使用を許可したい要望もあるかと存じます。

 

以下に、SPD 2013 を使用するにあたり必要な権限情報について案内いたします。

 

必要な権限

SPD 2013 で SPO 上の SharePoint サイトにアクセスするためには、既定で用意されているものでは、以下のいずれかの管理者ロールかアクセス許可レベルが割り当てられたユーザーである必要があります。

 

管理者ロール (Office 365 管理センターから設定可能)

  • 全体管理者
  • SharePoint 管理者

アクセス許可レベル (SharePoint サイトで設定可能)

  • デザイン権限
  • フルコントロール権限
  • サイト コレクションの管理者
  • 全体管理者

SharePoint グループ (SharePoint サイトで設定可能)

  • サイトの所有者
  • サイトの編集者
  • 階層管理者

 

上記以外のロールや SharePoint グループ (”サイトのメンバー”や “サイトの閲覧者”) に所属しているユーザーでは SPD でサイトを開く権限はございません。

 

アクセス許可レベルとは

アクセス許可レベルは、ユーザーの機能要件やセキュリティに関する考慮事項に基づいて、個別のユーザー、ユーザー グループ、またはセキュリティ グループに割り当てることができる定義済み権限のセットです。

 

カスタムアクセス許可レベルを使用している場合、SPD 2013 からサイトを開くために最低限下記の権限が必要です。

  • ページの追加とカスタマイズ
  • クライアント統合機能の使用

サイトを開いた後、ページの追加・編集や、サイト管理など実行する際には、別途権限を追加する必要がありますので、既定のアクセス許可レベルであるデザイン権限などを参照ください。

また、カスタム アクセス許可レベルの作成方法については、「アクセス許可レベルを作成および編集する方法」を参照してください。

 

 

トラブルシューティング

 

概要

上述した SPD 2013 の使用に必要な権限が不足している場合、以下のメッセージダイアログが表示されます。

 

メッセージ 1: この Web サイトを SharePoint Designer で開く権限がありません。

 

こちらのメッセージが表示された場合、上述した SPD 2013 からサイトを開くために最低限必要な権限が不足しています。

 

メッセージ 2: この操作を行う権限がありません。Web サイトの管理者に権限の変更を依頼してからやり直すか、またはこの権限を持つユーザー アカウントでログオンしてください。ほかのユーザー アカウントでログオンする場合は、[OK] をクリックしてください。

 

こちらのメッセージが表示された場合、SPD 2013 からサイトを開くための最低限必要な権限は割り当てられていますが、アイテムの編集や、アイテムの追加権限が不足しています。

 

 

対処方法

上記メッセージが表示された場合は、いずれの場合もユーザー権限を確認してください。

ユーザー権限は、「ロードマップ: アクセス許可を付与する」で手順が紹介されているサイトの権限ページの[権限の確認]メニューを使用することで確認できます。

 

 

設定による SPD 使用制限

サイト コレクションの管理から SPD 2013 の利用を制限することで、SPD 2013 の使用を制限することができます。

 

– 手順

  1. SharePoint サイト コレクションのトップレベルサイトにアクセスします。
  2. [サイトの設定] – [SharePoint Designer 設定] をクリックします。
  3. "SharePoint Designer を有効にする" ボックスのチェックを外し、[OK] をクリックします。

 

また、オンプレミス環境の SharePoint 2013 では、Web アプリケーションの設定から、SPD 2013 の利用を制限することで、Web アプリケーション単位で SPD 2013 の使用を制限することができます。(O365では設定できません)

 

手順

  1. サーバーの全体管理サイトにアクセスします。
  2. [Web アプリケーションの管理] をクリックします。
  3. 該当のサイトが含まれる Web アプリケーションをクリックし [全般設定] [SharePoint Designer] をクリックします。
  4. SharePoint Designer を有効にする” ボックスのチェックを外し、[OK] をクリックします。 

 

上記設定後、SPD 2013 でサイトを開いた場合、以下のメッセージが表示されます。

 

Web サイトの編集が無効です: この Web サイトは、SharePoint Designer で編集できないように設定されています。詳細については、Web サイトの管理者にお問い合わせください。

 

 

今回の投稿は以上です。

なお、SPD 2013 の概要については、本ブログの関連記事を参照ください。

Comments (0)

Skip to main content