Project Server 2013 および Project Online のタスクとアイテムとの関連付けの機能について


こんにちは、SharePoint サポートの森村です。
Project Server 2013 および Project Online から変更された、プロジェクトのタスクとアイテムとの関連付けの機能について、以下の流れでご紹介いたします。

目次
1. プロジェクトの個々のタスクとアイテムとの関連付けの機能
2. [プロジェクト センター] 上でプロジェクト一覧を表示した場合に表示されるアイコンの機能
3. 代替案

1. プロジェクトの個々のタスクとアイテムとの関連付けの機能

Project Server 2013 および Project Online PWA (Project Web App) サイト上にプロジェクトを発行した場合、設定によってはプロジェクトごとの専用のプロジェクト サイトが同時に作成されます。
このプロジェクト サイト上に存在する [タスク] リストの機能を使用し、プロジェクトのタスクと、プロジェクト サイト内に存在する [リスク][懸案事項] 等のアイテムを関連付けることが可能です。
また関連付けを行った場合、PWA サイト上でプロジェクトのスケジュールを表示した際にタスク行に関連付けを示すアイコンが表示される、という動作となります。

Project Server 2013 および Project Online では以前の Project Server 2010 等の製品と比べて SharePoint Server 製品との親和度が高まっており、以前よりもリッチなメニューやリボン表示等を行うことが可能です。

しかしながら、この Project Server 2010 製品からの動作変更に伴ってデータベースの構造も変更され、ドキュメント ライブラリの一種である [プロジェクト ドキュメント] と呼ばれる専用のライブラリが削除されました。
このため、残念ながらプロジェクトのタスクと ドキュメント ライブラリ上のアイテムの関連付け機能が廃止され、[ドキュメント] の関連付けを示すアイコンの表示が行われなくなりました。

この動作は Project Server 2013 および Project Online の制限事項になりますが、以下に手動で関連付けを行う方法をご案内いたします。
ただし、現時点の製品の動作では関連付け自体は可能ですが、上述いたしましたようにプロジェクトの詳細ページではプロジェクトのタスクから [ドキュメント] への関連付けを示すアイコンは表示されません。

手順
====
1) PWA サイトを管理者権限など、プロジェクトの編集等が可能な権限を持つアカウントを使用し表示します。
2) 左側のメニューの [プロジェクト] をクリックし、[プロジェクト センター] を表示します。
3) 発行済みのいずれかのプロジェクト名をクリックし、プロジェクトの詳細ページを表示します。
4) 左側のメニューの [スケジュール] をクリックし、ガントチャートにてタスク一覧を表示します。
5) タスクを一つ選択し、リボン メニューの [オプション] タブ内から [関連アイテム] ボタンをクリックします。
6) 該当プロジェクトのプロジェクト サイト内の [タスク] リストのアイテムが表示されますので、[関連アイテムの追加] をクリックします。
7) [メディアの選択] ダイアログが表示されますので、[ドキュメント] をダブルクリックし、関連付けを行いたい [ドキュメント] ライブラリ内のアイテムを選択し、[挿入] をクリックします。
8) 6) 7) と同様の手順にて、[リスク][懸案事項] リスト内のアイテムの関連付けを行います。
9) 左側のメニューの [プロジェクトの詳細] をクリックし、PWA サイトのプロジェクトの詳細ページに戻ります。
10) タスク行に [リスク][懸案事項] が関連付けられているアイコンが表示されます。([ドキュメント] が関連付けられているアイコンは表示されません。)

 

上記手順実行後にプロジェクト詳細ページにてタスク一覧を表示した場合


その他にも、PWA サイトにて [タスク] のメニューをクリックして自分に割り当てられているタスク一覧を表示する機能があります。
そこでタスク名をクリックするとタスクに関する詳細情報が表示されますが、そのタスクの詳細画面にて、タスクへリンクされているアイテムを確認できます。
しかしながら、この画面でも確認できるものは [リスク]、[懸案事項] の関連付け情報のみとなり、[ドキュメント] の関連付けは確認できません。

 

2. [プロジェクト センター] 上でプロジェクト一覧を表示した場合に表示されるアイコンの機能

 

上記 1. の各タスクへの関連付けを示すアイコンが表示される機能とは別に、プロジェクト センター上でプロジェクト一覧を表示した際に、プロジェクト サイト内の [リスク]、[懸案事項] ライブラリのアイテムが存在することを示すアイコンが表示されます。

 

アイテムが存在することを示すアイコン

 

しかしながら、[ドキュメント] のライブラリ内にアイテムが存在する場合でも、[ドキュメント] のアイテム存在を示すアイコンが表示されない動作となります。
この動作は日本語版のほかには、スペイン語版、ロシア語版等の PWA サイトを利用している場合も同様の動作となり、
一方、英語版、ドイツ語版、フランス語版等の PWA サイトでは問題なく [ドキュメント] のアイテム存在を示すアイコンが表示されます。

このため、プロジェクトサイト内の [ドキュメント] のライブラリ内にアイテムが存在するかどうかを [プロジェクト センター] 上で確認する必要がある場合は、下記でご案内いたします代替案をご検討ください。

 

3. 代替案

 

[プロジェクト センター] のビューを変更することで、それぞれのプロジェクトのプロジェクト サイトが含むすべてのドキュメント ライブラリ内のアイテム数の合計を表示することが可能です。
なお、プロジェクト サイトが含むすべてのドキュメント ライブラリが対象となるため、[ドキュメント] のライブラリのほかに、既定で存在する [サイトのリソース ファイル] ライブラリ内のアイテム数もカウントされます。

Project Server 2013 をご利用の場合の事前準備
=============================
Project Server 2013 をご利用中の場合は、下記の SharePoint Server 2013 SP1、Project Server 2013 SP1、および 2014 年 12 月度以降の Project Server 2013 の累積的な修正プログラムを適用します。未適用の場合は本代替案は使用できません。
(Project Online の場合は特に事前準備は不要です。)

1) SharePoint Server 2013 SP1
文書番号 : 2880552
タイトル : Microsoft SharePoint Server 2013 (KB2880552) Service Pack 1
アドレス : http://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=42544

2) Project Server 2013 SP1
文書番号 : 2880553
タイトル : Microsoft Project Server 2013 (KB2880553) Service Pack 1
アドレス : http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=42545

3) 2014 年 12 月度の Project Server 2013 の累積的な修正プログラム
文書番号 : 2910911
タイトル : December 9, 2014 Cumulative Update for Project Server 2013 package
アドレス : http://support.microsoft.com/kb/2910911

手順
====
1) PWA サイトを管理者権限を持つアカウントを使用して表示します。
2) 右上の歯車のアイコンをクリックし、[PWA 設定] を選択します。
3) [外観] 以下の [ビューの管理] をクリックします。
4) [ビューの管理] 画面で、[新しいビュー] をクリックします。
5) [新しいビュー] 画面で、下記の設定を行い、[保存] をクリックします。
  [ビューの種類] : [プロジェクト センター]
  [名前] : (任意の名前)
  [フィールド] : 左側の [利用可能なフィールド] から [ドキュメント] を選択し、[追加 > ] をクリックして右側の [表示するフィールド] 部分に追加します
6) 左側の [プロジェクト] メニューをクリックし、[プロジェクト センター] を表示します。
7) リボン メニューの [プロジェクト] タブをクリックし、[データ] グループ内にあるビューのドロップダウンボックスから、5) で作成したビューを選択します。
8) 前回発行時点でのドキュメント数が表示されます。
9) プロジェクトサイト内のドキュメント数を変更し、その数を反映させたい場合は PWA サイト上、あるいは Project Professional 2013 からプロジェクトを再度発行します。

 

ドキュメント ライブラリ内のアイテム数の合計の表示


 

今回の投稿は以上です。


Comments (0)

Skip to main content