SharePoint Server 2013 Service Pack 1 が再リリースされました


SharePoint Server 2013 Service Pack 1 が再リリースされました。

関連情報

注意点

  • 再リリース前の SP1 を既に適用済みの場合は本 SP1 を上書きインストールしてください。この時、サーバーの再起動および SharePoint 製品構成ウィザードの実行が必要になります。
  • まだ SP1 を適用されていない場合は本修正版の SP1 をインストールしてください。
  • MSDN サブスクリプションより入手された SP1 統合メディアイメージはこの問題の対象外です。この問題に関して必要なアクションはありません。
  • Service Pack 1 には 2013 年 12 月までにリリースされたすべての CU と 2014 年 1 月までにリリースされたすべてのセキュリティ更新プログラムが含まれています。
  • Project Server 2013 Service Pack 1 には SharePoint Server 2013 Service Pack 1 の内容は含まれませんので、Project Server 2013 環境には両方のサービスパックをインストールする必要があります。
  • Service Pack 1 インストール後のファームバージョンは 15.0.4569.1000 になります。
  • 修正版 Service Pack 1 が適用された環境では C:\Program Files\Common Files\microsoft shared\Web Server Extensions\15\ISAPI\OWSSVR.DLL のファイルバージョンが 15.0.4571.1502 になります。(修正前 SP1 の場合は 15.0.4569.1503)

関連 KB

  • KB 2880551 – SharePoint Foundation 2013 SP1
  • KB 2880552 – SharePoint Server 2013 SP1
  • KB 2880553 – Project Server 2013 SP1
  • KB 2880555 – SharePoint Foundation 2013 Language Pack SP1
  • KB 2880554 – SharePoint Server 2013 Language Pack SP1
  • KB 2880558 – Office Web Apps Server 2013 SP1

入手先

関連情報

Comments (0)

Skip to main content