SharePoint 2013 アイテム表示テンプレートを使用して検索結果の表示をカスタマイズする

こんにちは、SharePoint サポートの佐伯です。 今回の投稿では、アイテム表示テンプレートを使用して検索結果の表示をカスタマイズする方法についてご紹介します。表示テンプレートとは、検索結果で表示する情報やデザインを定義したものです。この表示テンプレートを編集して検索結果に適用することで、検索結果の表示をカスタマイズすることができます。表示テンプレートの概要については、前回の投稿をご参照ください。 今回は、下の画像のように検索結果のアイテムのタイトル、サマリー、更新者、最終更新日時、URL を表示するアイテム表示テンプレートを作成してみましょう。 アイテム表示テンプレート (*.html) の作成 それでは実際に、アイテム表示テンプレートを作成してみましょう。既存の表示テンプレートをコピーして作成すると簡単です。 SharePoint 既定のアイテム表示テンプレート “既定のアイテム” をもとに、アイテム表示テンプレートを作成しましょう。 なお、*.html ファイルは発行インフラストラクチャをアクティブにしている場合のみ作成できます。この投稿では、発行インフラストラクチャをアクティブにしたサイトで *.html ファイルを作成する方法をご紹介します。 1. [サイトの設定] – [Web デザイナー ギャラリー] – [マスター ページ] をクリックし、マスター ページ ギャラリーを開きます。 2. [Display Templates]、[Search] の順にフォルダを展開し、Item_Default.html ファイルをダウンロードします。 3. ダウンロードした Item_Default.html ファイルのファイル名を変更します。ここでは、Item_Custom.html に変更します。 4. Item_Custom.html ファイルを開き、<body> タグの直後にある <div> の id に、この *.html ファイルのファイル名を記述します。 <body>     <div id=”Item_Custom”> 5. <title>…

0

最近の SharePoint 関連ニュース (2013年11月26日)

こんにちは。 SharePointサポートチームの荒川です。 今週のアップデートです。 //先日、マイクロソフト MVP グローバルサミットでシアトルに来られていた日本の SharePoint MVP 2 名の方とお会いする機会がありました。お二人とは以前に大阪でコミュニティイベントで登壇させていただいた際に知り合ったのですが、まさかアメリカでお会いすることになるとは思いもしませんでした。人の縁って面白いですね! 最近の SharePoint 関連ニュース (2013年11月26日) Office 2013 Service Pack 1 coming early next yearSPS2013 SP1 は年明けにリリースされる予定です。SP1にはパフォーマンス改善と、追加機能、Windows 8.1 との互換性向上が含まれる予定です。 Common error message: “The expected version of the product was not found on the system”言語パックがインストールされた環境に更新プログラムを適用する際に「正しいバージョンの製品が見つかりません。」メッセージが表示される現象について解説しています。 Multi-select refiners and taxonomy managed propertiesSPS2013の絞り込み Web パーツのアイテム表示テンプレート「複数値の絞り込みアイテム」の動作について解説しています。 Get size of list attachmentsリストの添付ファイルのサイズを調べる…

0

SharePoint 2013 検索結果の表示を制御する表示テンプレート

こんにちは、SharePoint サポートの佐伯です。 今回の投稿では、検索結果の表示を制御する表示テンプレートについてご紹介します。SharePoint 2013 では、検索結果の種類ごとに様々な表示テンプレートを適用することで、検索結果に応じて最適な表示を行うことできます。 検索結果の種類には、既定でサイトや Web ページ、ドキュメント ライブラリ、リスト アイテムなど各々のコンテンツを対象にしたものが用意されており、表示テンプレートには、検索結果で表示されるアイテムの情報 (タイトルや更新日時、更新者等) や UI (HTML、Javascript、CSS) が定義されています。 検索結果の表示テンプレート 検索結果の表示に使用する表示テンプレートには、コントロール表示テンプレート、アイテム表示テンプレート、ホバー パネル表示テンプレート の 3 種類の主要な表示テンプレートがあります。 [コントロール表示テンプレート] コントロール表示テンプレートによって、検索結果を表示する全体的な構造が決まります。検索結果全体のレイアウトを制御し、ページング、並べ替え、リンクなど、すべての検索結果に共通の機能も含まれます。 [アイテム表示テンプレート] アイテム表示テンプレートでは、検索結果のアイテムの表示方法が定義され、アイテムごとに適用されます。このテンプレートでは、管理プロパティを使用して、結果に表示させるアイテムの情報を選択することができます。また、合わせてデザインを変更することも可能です。 [ホバー パネル表示テンプレート] ホバー パネル表示テンプレートでは、検索結果のアイテムにオンマウスをした際のアイテムのプレビューが定義されています。このテンプレートも検索結果のアイテムごとに適用されますが、ホバー パネル表示テンプレートはアイテム表示テンプレートに関連付けます。 – 表示テンプレート ファイルと格納場所 検索結果で使用する表示テンプレートはマスター ページ ギャラリーに格納されています。 1. [サイトの設定] – [Web デザイナー ギャラリー] – [マスター ページ] にアクセスします。 2. [Display Templates] フォルダを展開します。 3. この [Display Templates] フォルダ内に表示テンプレートが格納されています。ここでは、検索結果 Web…

0

最近の SharePoint 関連ニュース (2013年11月19日)

こんにちは。 SharePointサポートチームの荒川です。 今週のアップデートです。 //先日健康診断を受けたのですが、コレステロールの値がちょっと高いねということでお医者さんに呼び出しを食らってしまいました。。 なにぶん、これ系でひかかったのが生まれて初めての経験でしたのでショックを隠し切れないのですが、思い返せばここ数か月、低糖質ダイエットと称して殆ど肉しか食べてなかったので、食生活が原因であることは間違いありません。 やっぱり何でもバランスよく食べることが大切なんですね…。 最近の SharePoint 関連ニュース (2013年11月19日) Yammer is expanding to all Office 365 Enterprise customers Yammer Enterprise がすべての Office 365 Enterprise プランに含まれるようになります。 詳細についてはこちらの記事をご参照ください。 SharePoint 2010 – Why lots of web applications will hurt you大量の Web アプリケーションを作成することによる弊害と、ホスト名付きサイトコレクションの利点について解説されています。 Scenarios where User Profile Synchronization Service (UPSS) is not designed to workSPS2010 における User Profile…

0

最近の SharePoint 関連ニュース (2013年11月12日)

こんにちは。 SharePointサポートチームの荒川です。 今週のアップデートです。 //先日けんもりさんの Facebook をふと見ると、巨大な大根の写真がアップされていました。写真についてのコメントでは「ネタ切れなので発想の転換をする」と書かれていたのですが、いったい彼は大根で何を訴えたかったのでしょうか。。謎は深まるばかりです。 最近の SharePoint 関連ニュース (2013年11月12日) Guide to SharePoint 2013 Host Name Site CollectionsSharePoint 2013 のホスト名付きサイト コレクションについてわかりやすく解説しています。 How to create a Search Center Site Collection and enable crawling of your content in SharePoint 2013 前回ご紹介した Set up a Search Center in SharePoint 2013シリーズの記事です。この記事では以下の内容について書かれています。 検索センターサイト コレクションの作成方法 サーバーの全体管理サイトでフルクロールを開始する方法 サーバーの全体管理サイトで継続的なクロールを有効にする方法 継続的なクロールの間隔を設定する方法 リストを再インデックス化する方法 Office and…

0

Web パーツのエラーでページが表示できない場合のトラブルシューティング 2

対象製品: SharePoint Server 2010 SharePoint Server 2013   関連記事: Web パーツのエラーでページが表示できない場合のトラブルシューティング   こんにちは。SharePoint サポートチームの多田信吾です。 前回「Web パーツのエラーでページが表示できない場合のトラブルシューティング」の記事で、Web パーツのエラーでページが表示できないパターンを 4 つ紹介しました。今回は 5 つ目のパターンを紹介します。   要因 5. リストの列が 67 ~ 70 列を超えている ============================ SharePoint Designer で XSLT の記述形式を使用してデザインをカスタマイズしており、かつリストの列が 67 ~ 70 列を超えている場合、以下のエラーメッセージが表示されます。   エラーメッセージ ^^^^^^^^^^^ この Web パーツを表示できません。この問題のトラブルシューティングを行うには、Microsoft SharePoint Foundation と互換性のある Microsoft SharePoint Designer などの HTML エディターでこの Web…

0

サイト コレクションのユーザー情報へのユーザー プロファイル同期の仕組みについて (まとめ)

皆さんこんにちは。 SharePoint サポート チームの荒川です。 User Profile Service アプリケーションとサイト コレクションの同期についてはこれまでに何度か記事で取り上げてきましたが、今回は様々な技術情報サイト (マイクロソフト公式サポート技術情報や TechNet、MSDN ブログの過去の記事など) に分散されている情報を集約した形でまとめ記事を作成してみました。 情報量が大変多いため、一度に全部読むことは難しいかもしれませんが、目次のリンクを活用いただくことでページ内を簡単にジャンプできるようにしていますので、包括的な情報源としてご活用ください。   目的 この資料では、User Profile Service アプリケーションとサイト コレクションの間でユーザー プロファイルが同期される仕組みと、それに関連するトラブルシューティングの方法について解説します。   免責事項 本投稿内容については SharePoint 製品サポート チームにおいてレビュー済みの内容となりますが、マイクロソフトの公式文書ではありませんのでご了承ください。 本投稿内容は今後定期的に最新の情報を反映するようにメンテナンスしていく予定です。そのため、新たな情報が得られた際には適宜更新される可能性があります。   対象製品 本資料は、SharePoint Server 2013 を対象にしていますが、SharePoint Server 2010 および Office SharePoint Server 2007 についても一部同様にご参照いただけます。   目次 動作の解説 サイト コレクションのユーザー情報について サイト コレクションのユーザー情報とユーザー プロファイルの関係 サイト コレクションのユーザー情報の確認方法と編集方法 User Profile…


SharePoint クラシック ベースからクレーム ベースのWindows 認証に置き換えた際の注意点

こんにちは SharePoint サポートの森 健吾 (kenmori) です。今回の投稿では、SharePoint Web アプリケーションの認証プロバイダー設定を、クラシックベースの Windows 認証からクレーム ベースの Windows 認証に切り替えた際に生じるカスタム ソリューションへの影響について簡単にご紹介します。 SharePoint 2010 ではクラシックベース (既定) とクレームベースが選択可能でしたが、SharePoint 2013 では画面を見てもクレームベースしか選択できない設計となりました。このため、アップグレード シナリオなどで、クラシック ベースからクレームベースにアップグレードすることが多くなり、問題に直面しやすいと考え情報公開することに至っています。 従来型のクラシックベースでは Web アプリケーションごとに 1 つの認証プロバイダーを指定していました。しかし、クレームベースでは、Security Token Service (STS) が認証を仲介します。このことで、複数の認証プロバイダーを同時に Web アプリケーションに関連づけることができ、委任先の各認証プロバイダーがユーザー認証すれば STS が該当 Web アプリケーションに対するアクセス権を付与すべくクレーム トークンを発行するという動作になります。 簡単に説明すると上記の通りですが、スペースの限られたブログでクレームベースを深く説明することは難しいですので、詳細については TechNet などを確認ください。 タイトル : 認証方法を計画する (SharePoint Server 2010)アドレス : http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc262350(office.14).aspx   1.   ユーザー アカウントの表記が変わる クラシック ベースにおいて、Windows ユーザー…

0

SPS2013 10月CU に含まれる検索機能強化について

この記事では、SharePoint Server 2013 の 2013年10月のCU に含まれる検索機能強化について解説します。本投稿内容の元となった記事についてはこちらをご参照ください。   概要 SharePoint Server 2013 の 2013年10月のCUには、検索結果により適切なコンテンツを表示するための追加機能が含まれています。この追加機能により、Word 文書と PowerPointプレゼンテーションにおいて検索結果のタイトルにより適切な情報が表示されるようになりました。また、ドキュメント本体から最終更新日時を取得する動作が無くなりましたので、コンテンツの正確な最終更新日時を利用して検索結果の並び替えや絞り込みができるようになりました。   変更点検索インデックス作成時のプロセスにおけるメタデータ抽出機能に改良を加え、以下の2つの新しい「クロールされたプロパティ」を追加しました。 ・MetadataExtractorTitle・MetadataExtractorAuthor また、従来ドキュメントの本体から意図しない更新日時が取得されていた動作を廃止し、コンテンツのメタデータより取得される更新日時が正確に検索結果に反映されるよう改善を加えました。   変更の適用方法SharePoint Server 2013 の 2013年10月のCU の適用後、コンテンツのフル クロールを実施します。   影響範囲この動作変更の影響により、CU の適用に伴い「Title」管理プロパティと「Author」管理プロパティに対する既存の検索スキーマのマッピングが初期化されます。これらの管理プロパティに対する既存の検索スキーマの設定を変更しているユーザーは既存の検索スキーマの設定内容を控えておく必要があります。   詳細な動作について以下に、詳細な動作について解説します。 タイトル表示に対する変更点今回の改良が適用される以前は、「Document1.docx」や「Presentation1.pptx」といったタイトルでドキュメントが保存されていた時に、検索結果において「Document1.docx」や「Presentation1.pptx」といったタイトルが表示されるケースがありました。今回の改良により、メタデータ抽出機能でドキュメント本体からより適切と考えられるタイトルが抽出されるようになりました。メタデータ抽出機能で取得されたタイトルの値は、新しい「クロールされたプロパティ」の「MetadataExtractorTitle」として出力されます。MetadataExtractorTitle は既定で「Title」管理プロパティにマッピングされ、優先順位が一番高く設定されます。これにより、検索結果により適切なタイトルが表示される可能性が高くなります。 検索結果に表示されるタイトルを変更する方法ユーザーは検索スキーマの設定で「Title」管理プロパティにマッピングされる「クロールされたプロパティ」の優先順位を変更することで、検索結果に表示されるタイトルを任意のプロパティに紐づけられます。 以下は、既定でマッピングされているプロパティの一覧です。 優先順位 クロールされたプロパティ カテゴリ 説明 0 MetadataExtractorTitle MetadataExtractor Word 文書と PowerPoint プレゼンテーションの本体から抽出されたタイトル 1 TermTitle SharePoint SharePoint アイテムのタイトル 2 Office:2 Office…


最近の SharePoint 関連ニュース (2013年11月5日)

こんにちは。 SharePointサポートチームの荒川です。 今週のアップデートです。 //日本の近畿地方では去年より6日遅く木枯らし1号が吹いたみたいですね。私が今住んでいるワシントン州ベルビューでは、最低気温が5度を下回る日もちらほらで、完全に冬模様です。朝出社の際には車のフロントガラスが見事に凍結しており、氷を溶かすのに熱湯をかけてしまいガラスが粉々になったという衝撃的な話を耳にしたりもします。そんな中、先日強風のせいで一時停電になり、あまりの寒さに生まれて初めて「暖炉」なるものを使ってみたのですが、いやはや火の力は素晴らしいものですね。遠赤外線効果のためか体の芯から温まるようで、揺らめく炎を眺めているだけで癒されます。日本でも一部の方に薪ストーブが絶賛されている理由がよくわかりました。まぁ、うっかりベントを開け忘れて火災報知器を鳴らしてしまったことは完全に誤算でしたが。。 最近の SharePoint 関連ニュース (2013年11月5日) SPS2013 の 10 月 CU がリリースされました リリースが遅れていた SPS2013 の 10 月 CU がリリースされました。 ビルド番号は 15.0.4551.1001 です。インストール前に 2013 年 3 月の PU の適用が必要なのでご注意ください Office 365-Configure Hybrid Search with Directory Synchronization -Password Sync Hybrid Search の第一人者の Manas さんが素晴らしい記事を公開してくださいました。 英語の記事ですが、SharePoint の Hybrid Search の構成手順を順を追って分かりやすく、スクリーンショット付きで解説していますので、これから検証環境を構築される際には、必ず役に立つと思います。 Set up a Search Center in…