SharePoint の委任コントロール (DelegateControl) を活用する

こんにちは、SharePoint サポートの森 健吾 (kenmori) です。今回の投稿では、委任コントロールを活用するシナリオについてご紹介します。  1.    委任コントロールとは 実は SharePoint には、旧バージョンから委任コントロールという機能が備わっております。これは、簡単に言うと *.master や *.aspx などのファイルを直接書き換えることなく、機能のアクティブ化だけでページの内容を変更することができる機能です。 具体的な例を挙げると以下のような検索ボックスです。WSS 3.0 の標準の検索ボックスは以下となります。  一方、MOSS 2007 グループ作業ポータルを使用している場合の検索ボックスは以下のようになります。 どちらの *.master ページを SharePoint Designer で確認しても、SharePoint:Delegate コントロールとしか記載されていません。 実はこの DelegateControl というのは、機能が有効化されることによってこの領域 (ここでは SmallSearchBoxInput という領域にどのコントロールを描画するかを選べる機能を保持しています。実際に FEATURES フォルダ内を SmallSearchInputBox というキーワードにて、*.xml を絞り込み grep 検索すると、以下のフォルダ内にこの委任コントロールを使用した機能が確認できます。 ContentLightupOSearchBasicFeatureOSearchEnhancedFeature 例えば OSearchEnhancedFeature フォルダ内にある SearchArea.xml を確認します。 <?xml version=”1.0″  encoding=”utf-8″ ?><Elements xmlns=”http://schemas.microsoft.com/sharepoint/“>    <Control        Id=”SmallSearchInputBox”        Sequence=”25″        ControlClass=”Microsoft.SharePoint.Portal.WebControls.SearchBoxEx”        ControlAssembly=”Microsoft.SharePoint.Portal,…

0

内部エラー (WinWF Internal Error) 発生を想定したSharePoint ワークフローをデザインする

こんにちは SharePoint サポートの森 健吾 (kenmori) です。今回の投稿では、内部エラー (WinWF Internal Error) 発生を想定したSharePoint 2007 および 2010 におけるワークフローをデザインする方法をお伝えします。 少し古くなってしまいますが、前回の投稿 (http://blogs.technet.com/b/sharepoint_support/archive/2011/01/12/sharepoint.aspx) と合わせて、ワークフローの導入前や導入後においても問題を最小限に抑えるためにご確認いただきたい内容をまとめています。   導入 : アプリケーションの内部エラーという宿命 SharePoint ワークフローも、他のアプリケーションと同様内部エラーが発生することがあります。 アプリケーション開発者が、アプリケーションで予期せぬエラーが発生することを全て予期し完全に避けるようコーディングすることは不可能です。そのため、一般的にアプリケーション開発者は、例外処理として該当コードブロック内でエラー発生時にカスタム処理を実装して、予期せぬエラーが発生した場合はログを記載したり、例えばエラーを管理者に通知したり、場合によってはリトライしたりする実装を行います。 C# 例外処理の例 —- try{    // 処理}catch(Exception ex){    // 例外処理} —-  事前に認識しておくべき点として、SharePoint ワークフローは標準機能では診断ログにエラー内容を記録するよう留めています。様々な種類のワークフローが動作する基盤を提供しており、ランタイム側は各処理の重要度がどのようなものかや、エラーの種類 (入力ミスなどを含む) を認識できませんのでやむを得ません。このことから、 Visual Studio 等でカスタマイズ (FaultHandler などを定義) しない限り、標準機能の範囲でエラーを捕捉して独自処理 (特定のアドレスに通知) を実装したり、リトライしたりということはできません。 ただし、エラー終了してしまうことはシステム上やむを得ないとしても、ビジネス フローが止まってしまい、それに気づかずに業務が遅延または処理されないなど影響を与えてしまうことは、業務上あってはならないことです。 SharePoint ワークフローでは、このようにエラーとなったワークフローに対する対処策としては、エラーの原因が入力ミスの場合等を除き、速やかに一旦終了した上で再度開始させるのみとなります。このような問題解決に対する対処をあらかじめ想定しておくことは、ワークフローを使用する上で不可欠になると考えています。また、多くのユーザーの間で、Visual Studio を使用しない範囲でワークフローを使用するにとどめていることも認識しており、そのような条件下においてエラー発生時をシミュレーションした現実的な対処策を練っていく必要があると認識しています。 今回の投稿では、その対処策として考えられるベスト プラクティスとしての一案を共有させていただきたいと考えています。   エラーを想定したワークフロー テンプレートの実装方法…

0

2012 年 10 月の CU がリリースされました

2012 年 10 月の CU がリリースされましたのでお知らせします。 以下のリンクよりダウンロードできます。 注意点 SharePoint Server 2010、SharePoint Foundation 2010 の CU 適用前には SP1 をインストールする必要があります。 MOSS 2007、WSS 3.0 の CU 適用前には SP3 をインストールする必要があります。 SharePoint Server 2010 の CU には SharePoint Foundation 2010 の CU が含まれます。SharePoint Server 2010 with Project Server の CU には SharePoint Server 2010、SharePoint Foundation 2010 の CU が含まれます。いずれか 1…