[SharePoint 2010] Service Pack 1 のインストールについて


こんにちは、SharePoint サポートの高山です。

今回は、SharePoint Server 2010 Service Pack 1についてお話しします。

 

SharePoint Server 2010 SP1 には SharePoint Foundation SP1 が含まれています。

このため、SharePoint Server 2010 Service Pack 1  を適用する際には、SharePoint Foundation 2010  SP1 の適用は不要で、SharePoint Server 2010 SP1 のみの適用で問題ありません。

(補足1:同様に、SharePoint Server 2010 言語パック SP1 にも、SharePoint Foundation 2010 言語パック SP1 が含まれています。)

(補足2MOSS 2007 に関しては、SP3 時点において、従来通り WSS 用の SP と、MOSS 用の SP の両方の適用が必要になります。)

 

以下に詳しく説明します。

 

2011 8 月の更新プログラムからは、SharePoint Server 2010 製品に更新プログラムを適用する際、SharePoint Foundation 2010 の更新プログラムの適用の必要がなくなり、SharePoint Server 2010 の更新プログラムのみの適用ですべてのパッケージがインストールされるようになりました。

Service Pack 1 がリリースされたのは 2011 6 月ですが、SharePoint Server 2010 SP1 には、 SharePoint Foundation 2010 SP1 も含まれているので、SharePoint Foundation 2010 SP1 は適用しなくても問題ありません。もちろん両方を適用しても問題はありません。

 

また、SharePoint Server 2010 SP1 を適用した後に SharePoint Foundation 2010 SP1 を適用しようとすると、下記のメッセージが表示されますが、ご心配は要りません。                                                                                                                        

 

上記に説明した通り、SharePoint Server 2010 SP1 のプログラムの内容には、SharePoint Foundation 2010 SP1 の内容が含まれているので、SharePoint Server 2010 SP1 が適用されていれば、SharePoint Foundation 2010 SP1 もちゃんと適用されている状態になっています。

 


Comments (0)

Skip to main content