[Office 365] SharePoint Online と連携する Office アプリケーションについて

みなさん、こんにちは。キダです。久々の投稿となりますが、今回は SharePoint Online に関する情報をお届けします。   Office 365 が正式に公開されてから数ケ月経ちますが、皆さんはお試しになりましたか? SharePoint に関しては BPOS (MOSS 2007 ベース) のときは使用できる機能がずいぶんと制限されていましたが、 Office 365 (SharePoint Server 2010 ベース) になってから使用できる機能が大幅に増えました。   さて、SharePoint Server 2010 のウリの 1 つは Word や Excel などの Office アプリケーションとの連携になります。オンプレミスの環境では、SharePoint Server 2010 と Office アプリケーションの連携を行う機能を使う場合、特別な設定は行わずに動作していた方が大半かと思いますが、SharePoint Online と Office アプリケーションを連携させる際には、何点か気を付ける点があります。   1. Office デスクトップ アプリケーションのセットアップと構成の実施   2. Office 365 にサインインする際に “サインアウトしない”…

0

コンソールアプリケーションを実行する際の権限について

対象製品:SharePoint Foundation 2010, SharePoint Server 2010   こんにちは。 今回は SharePoint サーバー上で SharePoint のオブジェクトモデル (主に Microsoft.SharePoint 名前空間) にアクセスするコンソールアプリケーションを実行する際に必要な権限についてご案内いたします。   結論から申し上げますと、SharePoint のオブジェクトモデルにアクセスするコンソールアプリケーションを実行するユーザーは IIS のワーカープロセス (w3wp.exe) の実行ユーザーと同等の権限を持つ必要があります。 IIS のワーカープロセスの実行ユーザーとは SharePoint サイトがホストされているアプリケーションプールの実行ユーザーのことです。また Web アプリケーションの作成時に指定するユーザーでもあります。     通常ユーザーが IE にて SharePoint サイトにアクセスする場合には IIS のワーカープロセスの実行ユーザーがデータベースに対してアクセスを行います。アプリケーション プールのユーザーは Web アプリケーションを作成する際に指定され、データベースに対しても適切な権限が与えられるため、データベースへのアクセスが成功します。 一方コンソールアプリケーションを実行する場合は、IIS のワーカープロセスは使用しないため、コンソール アプリケーションを実施しているユーザーが直接データベースにアクセスを行います。そのため、予めコンソール アプリケーションの実行ユーザーに対して、データベースに対して適切な権限を与える必要がございます。   コンソール アプリケーションの実行ユーザーに与える権限について 前述の説明のとおり、コンソールアプリケーションを実行するユーザーは IIS のワーカープロセスの実行ユーザーと同等の権限を持つ必要になります。以下は SharePoint サイトの IIS…

0

大量のアイテムを削除する処理時間が長い場合の対処方法

みなさん、こんにちは。 今回はプログラムから大量のアイテムを削除する処理時間が長い場合の対処方法をご案内します。   SharePoint の開発を行うにあたって効率的な処理を実装する際の注意点として、多くのお客様に以下の資料をご参照いただいています。 参考資料 : タイトル : オブジェクトの破棄 アドレス : http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ee557362.aspx タイトル : 規模の大きなフォルダーやリストの操作 アドレス : http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ee557257.aspx   今回は上記の資料を補足する形として、大量のアイテムを削除する際に長時間を要する際の対処方法をご案内します。   – 背景について SharePoint 上のアイテムを削除する際には、SPListItem クラスの Delete メソッドを使用します。 たとえば、「2011/10/25 以前に作成されたアイテムを全部削除したい!」という時、以下のように SPQuery を使用して対象のアイテムのコレクションを抽出して削除します。 —– サンプルここから —–             SPSite site = new SPSite(“http://moss“);             SPWeb web = site.OpenWeb();             SPList list = web.GetListFromUrl(“/Lists/TestList/AllItems.aspx”);               StringBuilder…

0