SharePoint Server 2010 Beta2 のインストール手順


SharePoint サポートのキダです。 2010 年が始まりましたが、みなさんは “2010” というキーワードを聞くと何を連想しますか?私はSharePoint 2010 が思い浮かびます。ということで、今回は今年リリース予定の SharePoint 2010 のベータ版のインストール方法についてご案内します。

 



さて、すでにご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、新しいバージョンの SharePoint がリリースされるにあたり、WSS 3.0 / MOSS 2007 共に、正式名が変更にりました。

 














現行バージョン

 


次期バージョン

 


Windows SharePoint Services 3.0

 


SharePoint Foundation 2010

 


Office SharePoint Server 2007

 


SharePoint Server 2010

 



そこで、今回は現在提供されているベータ版のインストール方法と、 SharePoint 2010 に関する情報はどこで確認できるかご案内します。

 



[SharePoint Server 2010 のベータ版インストール]

 


本来であれば、ここで SharePoint 2010 の紹介をするべきかもしれませんが、新機能や強化された部分については Web サイトなどをご確認ください。まだベータの段階と言う事もあり、今後機能変更などが行われるかもしれないので、SharePoint 2010 に関して語るのではなく、まずはエイッ!” と、ベータ版をインストールして実際に SharePoint 2010 を体験して頂きたいと思います。

 



必要なハードウェア & OS

 


今回は 1 台の Windows 2008 R2 サーバーに SharePoint 2010 をセットアップする方法について説明します。

 



 ハードウェア

 


   64 ビット対応のマシン

 


OS 

 


   Windows Server 2008 SP 2 または Windows Server 2008 R2 (共に 64 ビット版)

 


              Windows Server 2008 をお持ちでない方は、評価版もあります。

 


開発目的であれば、Windows 7 または Windows Visa でもインストール可能です。

 



 前提となる更新プログラム

 


Microsoft Windows Server 2008 R2 または Windows 7 の場合は、こちら をインストールします。

 



1 詳細については以下の資料をご確認ください。

 



ハードウェアおよびソフトウェアの要件を決定する (SharePoint Server 2010)

 


Microsoft SharePoint Team Blog

 



2 ハードウェアおよびソフトウェアの要件を決定する” で紹介されている次の修正プログラム(FIX WCF でトランスポートのセキュリティやメッセージの暗号化なしのトークンの認証をサポートするメソッドを提供する修正プログラムは, .NET Framework 3. 5 SP1 の利用します。 ) は、SharePoint 製品とテクノロジ 2010 準備ツールでインストールされる更新プログラムに含まれるようになりました。

 



A. 事前準備

 


1. こちらから評価版のダウンロードをします。

 


今回は SharePoint Server 2010 Beta (Enterprise CAL features) バージョンのインストールを行います。

 



clip_image001

 



 [どうぞご覧ください] をクリックすると、ダウンロード ページに推移します。Windows Live ID が必要となりますので、まだ IDをお持ちでない方は、是非この機会に無料で入手してください。Windows Live ID は、ID を聞かれる画面で登録することができます。

 


2. ダウンロード ページから OfficeServer.exe をダウンロードしましたら、SharePoint 2010 をインストールするにあたり必要な更新プログラムやサービスパックを適用します。

 


3. インストールを実施するユーザーを準備します。このユーザーには、ドメイン ユーザー アカウントを使用して、セットアップを行うサーバーの Administrators グループに追加します。

 



B. インストール手順

 


1. 早速ダウンロードした OfficeServer.exe をダブル クリックして、インストールを開始します。

 



clip_image003

 



2. WSS 3.0 / MOSS 2007 では、.Net Framework 3.0 などの必須コンポーネントはそれぞれ個別にインストールする必要がありましたが、SharePoint 2010 では必須コンポーネントのインストールと構成が自動的に行われます。SharePoint 2010 では必須コンポーネントが多いので結構便利です。さっそく、インストール メニューの [ソフトウェアの必須コンポーネントのインストール] から必須コンポーネントをインストールしましょう。

 



clip_image004

 



3. 追加されるコンポーネントが表示されます。 [次へ] をクリックして進みましょう。

 



clip_image006

 



4. 正常に完了することを確認して [完了] をクリックします。

 



clip_image008

 



5. インストール メニューに戻ったら、SharePoint 本体をインストールします。

 



clip_image009

 



6. インストールの種類を選択する画面が表示されましたら、[スタンドアロン] をクリックします。

 


    このオプションでインストールを行うと、SQL Server 2008 Express SharePoint 2010 と一緒にインストールされます。

 



 clip_image010

 



7.インストールが始まると、インストールの進行状況が表示されます。

 



clip_image012

 



8. インストールが終わると、今度は構成ウィザードの実行に移ります。そのままの状態で [閉じる] をクリックします。

 



clip_image014

 



8. 以下のダイアログが表示されます。[はい] をクリックして進みます。

 



clip_image015

 



9. [次へ] をクリックして、構成ウィザードを実行します。

 



clip_image017

 



10. 構成ウィザードが走り出しました! 無事終了するのが待ち遠しいですね。

 



clip_image019

 



11. 無事成功しました! [完了] をクリックして次へ進みましょう。

 



clip_image021

 



12. 構成ウィザードが終了したら、サイトに適用するテンプレートを選択します。今回はおなじみのチーム サイト テンプレートを選択してみます。

 



clip_image023

 



13. グループの作成画面に移りますが、ここでは既定の設定のまま進みます。

 



clip_image024

 



14. じゃじゃーん! 完成です。 UI が新しくなっているので、まずは各画面の確認から行ってみるのはいかがでしょうか。

 



clip_image026

 



もしも、インストールに失敗した場合

 


================================

 


インストールの途中に問題が発生した場合は、ログファイルを確認してエラー メッセージをインターネットで検索してみましょう。一般的な問題であれば、ベータ版がリリースされて 2 ヶ月ほど経っているので、なんらかの情報が見つかるはずです。もし見つからない場合は、後ほどご紹介する TechNet サイトなどの情報をもとにインストールに必要なソフトウェアやサービスを再確認してみましょう。

 



OfficeServer.exe のインストールや、ソフトフェア必須コンポーネントのインストールに失敗した場合は、以下のフォルダのログを確認します。

 


C:\Users\<インストールを行ったユーザー名>\AppData\Local\Temp\1\

 



ファイル名:

 


PrerequisiteInstaller.<日付>-時間.log

 


SharePoint Server Setup(<日付時刻>).log

 



・構成ウィザードで失敗した場合は、以下のフォルダのログを確認します。

 


C:\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\Web Server Extensions\14\LOGS

 


ファイル名:

 


PSCDiagnostics_<日付時刻>.log

 



[SharePoint 2010 に関する情報]

 


新しい機能や、詳しい技術情報については以下のサイトをご参照ください。

 



タイトル: Microsoft SharePoint 2010 ベータ版のダウンロード

 


URL    : http://www.microsoft.com/japan/sharepoint/try-it-2010beta.mspx

 


タイトル: SharePoint Server 2010 Beta (TechNet の技術的な資料)

 


URL    : http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc303422(office.14).aspx

 


タイトル: Microsoft SharePoint Server 2010 自習書シリーズ

 


URL    :  http://technet.microsoft.com/ja-jp/sharepoint/ff358322.aspx

 


タイトル: SharePoint 2010 – The Collaboration Platform for the Enterprise and the Web (製品紹介)

 


URL    : http://sharepoint2010.microsoft.com/Pages/default.aspx

 


タイトル: SharePoint 2010 – General Questions and Answers (SharePoint 2010 に関するフォーラム)

 


URL     : http://social.msdn.microsoft.com/Forums/en-US/sharepoint2010general/threads

 


タイトル: Microsoft SharePoint Server 2010 Virtual Pressroom

 


URL    : http://www.microsoft.com/presspass/presskits/sharepoint/Default.aspx

 


タイトル: SharePoint 2010 Beta Developer Center

 


URL    : http://msdn.microsoft.com/en-us/sharepoint/ee514561.aspx

 


タイトル: Getting Started with SharePoint 2010 (Beta)

 


URL    : http://technet.microsoft.com/ja-jp/sharepoint/ee518660(en-us).aspx

 



Comments (0)

Skip to main content