MOSS 2007 Std Edition でプロファイルのインポート時にイベントエラー 7888 が発生する


こんにちは。


SharePoint サポートチームの多田です。


 


今回は、Microsoft Office SharePoint Server 2007 Standard Edition のみで発生する現象についてご案内したいと思います。


MOSS 2007 では Active Directory からユーザーのプロファイルやグループのメンバシップ情報をインポートできる機能があります。MOSS 2007 Standard Edition では、このプロファイルのインポート実行時にインデックスサーバー上にイベントエラー 7888 が記録されることが報告されております。


MOSS 2007 Standard Edition では、プロファイルのインポート時に、このイベント エラー 7888 が記録されても動作上問題なく、実障害も報告されておりません。


エラーが表示されること自体、製品の問題として認識していますが、ひとまずご安心ください。


同じイベント エラー 7888 でも内容によっては、まったく異なる原因で発生している場合もありますので、念のため、後述のイベント エラー 7888 の出力例を見てくださいね。


 


イベント エラー 7888 の出力例


MOSS 2007 Standard Edition ではプロファイルのインポート時に、以下のようなイベントエラー 7888 が出力されます。2 パターンあるので、見比べてください。


 


--- イベントエラー 7888 (パターン 1) ---


イベントの種類: エラー


イベント ソース: Office SharePoint Server


イベント カテゴリ: (1516)


イベント ID: 7888


説明:


ランタイム例外が検出されました。詳細は次のとおりです。


メッセージ: ストアド プロシージャ 'proc_ar_BumpCacheInvalidationCounter' が見つかりませんでした。


 


詳細:


System.Data.SqlClient.SqlException: ストアド プロシージャ 'proc_ar_BumpCacheInvalidationCounter' が見つかりませんでした。


場所 System.Data.SqlClient.SqlConnection.OnError(SqlException exception, Boolean breakConnection)


場所 System.Data.SqlClient.SqlInternalConnection.OnError(SqlException exception, Boolean breakConnection)


場所 System.Data.SqlClient.TdsParser.ThrowExceptionAndWarning(TdsParserStateObject stateObj)


場所 System.Data.SqlClient.TdsParser.Run(RunBehavior runBehavior, SqlCommand cmdHandler, SqlDataReader dataStream, BulkCopySimpleResultSet bulkCopyHandler, TdsParserStateObject stateObj)


場所 System.Data.SqlClient.SqlCommand.FinishExecuteReader(SqlDataReader ds, RunBehavior runBehavior, String resetOptionsString)


場所 System.Data.SqlClient.SqlCommand.RunExecuteReaderTds(CommandBehavior cmdBehavior, RunBehavior runBehavior, Boolean returnStream, Boolean async)


場所 System.Data.SqlClient.SqlCommand.RunExecuteReader(CommandBehavior cmdBehavior, RunBehavior runBehavior, Boolean returnStream, String method, DbAsyncResult result)


場所 System.Data.SqlClient.SqlCommand.InternalExecuteNonQuery(DbAsyncResult result, String methodName, Boolean sendToPipe)


場所 System.Data.SqlClient.SqlCommand.ExecuteNonQuery()


場所 Microsoft.Office.Server.Data.SqlSession.ExecuteNonQuery(SqlCommand command)


場所 Microsoft.Office.Server.ApplicationRegistry.MetadataModel.DataAccess.AbstractMaterializer.DistributedCacheInvalidate(Type metadataObjectType, Boolean objectCache)


場所 Microsoft.Office.Server.ApplicationRegistry.MetadataModel.DataAccess.AbstractMaterializer.DistributedCacheInvalidate()


場所 Microsoft.Office.Server.ApplicationRegistry.Infrastructure.SqlSessionProvider.SetSharedResourceProviderToUse(String sharedResourceProviderName)


場所 Microsoft.Office.Server.UserProfiles.BDCConnector.RefreshConfiguration(String sspName)


--- ここまで ---


 


--- イベントエラー 7888 (パターン 2) ---


イベントの種類: エラー


イベント ソース: Office SharePoint Server


イベント カテゴリ: Office Server 全般


イベント ID: 7888


説明:


ランタイム例外が検出されました。詳細は次のとおりです。


メッセージ: オブジェクト名 'AR_CacheCounters' が無効です。


EXECUTE 後のトランザクション数は、COMMIT TRANSACTION または ROLLBACK TRANSACTION ステートメントがないことを示しています。以前の数 = 0、現在の数 = 1


 


詳細:


System.Data.SqlClient.SqlException: オブジェクト名 'AR_CacheCounters' が無効です。


EXECUTE 後のトランザクション数は、COMMIT TRANSACTION または ROLLBACK TRANSACTION ステートメントがないことを示しています。以前の数 = 0、現在の数 = 1


場所 System.Data.SqlClient.SqlConnection.OnError(SqlException exception, Boolean breakConnection)


場所 System.Data.SqlClient.SqlInternalConnection.OnError(SqlException exception, Boolean breakConnection)


場所 System.Data.SqlClient.TdsParser.ThrowExceptionAndWarning(TdsParserStateObject stateObj)


場所 System.Data.SqlClient.TdsParser.Run(RunBehavior runBehavior, SqlCommand cmdHandler, SqlDataReader dataStream, BulkCopySimpleResultSet bulkCopyHandler, TdsParserStateObject stateObj)


場所 System.Data.SqlClient.SqlCommand.FinishExecuteReader(SqlDataReader ds, RunBehavior runBehavior, String resetOptionsString)


場所 System.Data.SqlClient.SqlCommand.RunExecuteReaderTds(CommandBehavior cmdBehavior, RunBehavior runBehavior, Boolean returnStream, Boolean async)


場所 System.Data.SqlClient.SqlCommand.RunExecuteReader(CommandBehavior cmdBehavior, RunBehavior runBehavior, Boolean returnStream, String method, DbAsyncResult result)


場所 System.Data.SqlClient.SqlCommand.InternalExecuteNonQuery(DbAsyncResult result, String methodName, Boolean sendToPipe)


場所 System.Data.SqlClient.SqlCommand.ExecuteNonQuery()


場所 Microsoft.Office.Server.Data.SqlSession.ExecuteNonQuery(SqlCommand command)


場所 Microsoft.Office.Server.ApplicationRegistry.MetadataModel.DataAccess.AbstractMaterializer.DistributedCacheInvalidate(Type metadataObjectType, Boolean objectCache)


場所 Microsoft.Office.Server.ApplicationRegistry.MetadataModel.DataAccess.AbstractMaterializer.DistributedCacheInvalidate()


場所 Microsoft.Office.Server.ApplicationRegistry.Infrastructure.SqlSessionProvider.SetSharedResourceProviderToUse(String sharedResourceProviderName)


場所 Microsoft.Office.Server.UserProfiles.BDCConnector.RefreshConfiguration(String sspName)


--- ここまで ---


 


イベント エラー 7888 が出力される理由


MOSS 2007 Standard Edition にてプロファイルのインポート時に出力されるイベントエラー 7888 について大体理解していただけましたでしょうか?


「イベント エラー 7888 についてもう少し詳しく知りたい!」という方は以下をご覧ください。


 


パターン 1 のイベント エラー 7888 のエラー内容を見ると、"ストアド プロシージャ 'proc_ar_BumpCacheInvalidationCounter' が見つかりませんでした。" というメッセージが表示されていることがわかりますね。これは、メッセージの通り、MOSS 2007 Standard Edition にはストアド プロシージャ 'proc_ar_BumpCacheInvalidationCounter' がインストールされていないために、このメッセージが表示されています。MOSS 2007 Enterprise Edition ではストアド プロシージャ 'proc_ar_BumpCacheInvalidationCounter' がインストールされているため、このイベント エラー 7888 は発生しません。


このストアド プロシージャ 'proc_ar_BumpCacheInvalidationCounter' がどのような動作をしているかについては、以下の資料 (32 ページ) に記載されています。英語の資料ですが、MOSS 2007 の内部動作について詳しく説明がされているのでご興味がある方はぜひ目を通してください。


 


タイトル : Business Data Catalog Database Protocol Specification


アドレス : http://download.microsoft.com/download/8/5/8/858f2155-d48d-4c68-9205-29460fd7698f/[MS-BDCSP].pdf


 


パターン 2 のイベント エラー 7888 のエラー内容を見ると、"オブジェクト名 'AR_CacheCounters' が無効です。" というメッセージが表示されています。こちらも MOSS 2007 Standard Edition にオブジェクト 'AR_CacheCounters' がインストールされていないため、に、このメッセージが表示されています。同じくMOSS 2007 Enterprise Edition ではオブジェクト 'AR_CacheCounters' がインストールされているため、イベント エラー 7888 は発生しません。MOSS 2007 は、データベースと通信する際、キャッシュ処理を行っており、一部のキャッシュ処理に対し、オブジェクト カウンタを AR_CacheCounters に記録する処理を行っております。この機能は、MOSS 2007 Standard Edition には、搭載されていません。


 


 


この情報はお役に立てましたでしょうか?


ご意見、ご感想等がございましたら本ブログのメニューバーの "EMAIL" フォームにてご連絡をお待ちしております。


MOSS 2007 では先日 SP2 がリリースされたこともあり、お客様の声を取り入れ、ますます使いやすい製品になってきています。今後とも SharePoint 製品をよろしくお願いします。

Comments (0)

Skip to main content