【ホワイトペーパー】SQL Server 2017 on Linux に切り替える理由

既に話題の SQL Server 2017 が、SQL Server のワールドクラスのメリットを Linux にもたらします。SQL Server 2017 on Linux の評判や活用事例にご興味をお持ちですか?マイクロソフトでは SQL Server on Linux を評価した 2 名のアーリー アダプターにインタビューし、フィードバックの内容を以下の 6 つのメリットに要約しました。 柔軟性 パフォーマンス セキュリティ コスト シンプルさ すべて搭載


SQL Server 2017 出荷開始と on RHEL 向けキャンペーン

米国時間 9 月 25 日、マイクロソフトとレッドハットは、SQL Server 2017 が Red Hat Enterprise Linux を含む Linux、Windows、Docker 向けに 10 月 2 日から一般提供開始することを発表しました。 SQL Server 2017 は Red Hat Enterprise Linux を Linux プラットフォームでのリファレンスとしており、RHEL 上でのベンチマークテストでは、アプリケーションのパフォーマンスを向上させるとともに、より安全で信頼性がある、革新的な企業向けプラットフォームであることが示されています。


SQL Server 2017 Release Candidate 2 が登場

米国時間 8 月 2 日に Linux にも対応する Microsoft SQL Server 2017 の Release Candidate 2 (RC2) リリースが公開され、ダウンロード可能となりましたのでお知らせします。SQL Server 2017 は Windows、Linux、Docker コンテナ上で動作します。 Release Candidate 2 は多くのバグ修正やパフォーマンスチューニングが中心に行われています。


SQL Server 2017 の Release Candidate 1 が登場

米国時間 7 月 17 日に Linux にも対応する Microsoft SQL Server 2017 の Release Candidate 1 (RC1) リリースが公開され、ダウンロード可能となりましたのでお知らせします。SQL Server 2017 は Windows、Linux、Docker コンテナ上で動作します。 Linux 版の SQL Server 2017 も Windows Server 版と同様、高可用性での運用が可能です。Always On 可用性グループを Pacemaker などの Linux ネイティブなクラスタリングソリューションと統合することができます。


SQL Server 2017 CTP 2.0 の提供を開始~ Windows 版に加え Linux 版と Docker 版も提供

日本時間の 4 月 20 日の早朝、Microsoft Data Amp というオンラインイベントで次期 SQL Server v.Next の正式名称が SQL Server 2017 になることと、CTP 2.0 (Community Technology Preview 2.0) がリリースされたことが発表されました。同時に、SQL Server 2017 の主な新機能が公開されました。