RHEL 7.4 用 cloud-init のプレビューを発表

Linux VM を構成する際のツールとして、cloud-init が広く使われるようになっています。マイクロソフトではこのたび、cloud-init を使用して RHEL 7.4 をプロビジョニングする機能のプレビューを発表しました。この機能は、既存の cloud-init 構成を他の環境から Azure に移行する場合に使用するものです。cloud-init は VM をプロビジョニングする際、VM 作成時に使用される既存の Azure パラメーターに追加して、VM のカスタマイズに使用できます。また、cloud-init のカスタム構成モジュール (英語) を使用すると、ユーザーの追加、ディスク構成の変更、スクリプトの実行、パッケージのインストールなどの詳細な VM 構成も cloud-init の機能で行えます。


SQL Server 2017 出荷開始と on RHEL 向けキャンペーン

米国時間 9 月 25 日、マイクロソフトとレッドハットは、SQL Server 2017 が Red Hat Enterprise Linux を含む Linux、Windows、Docker 向けに 10 月 2 日から一般提供開始することを発表しました。 SQL Server 2017 は Red Hat Enterprise Linux を Linux プラットフォームでのリファレンスとしており、RHEL 上でのベンチマークテストでは、アプリケーションのパフォーマンスを向上させるとともに、より安全で信頼性がある、革新的な企業向けプラットフォームであることが示されています。


RHEL 向けに .NET Core 2.0 がリリースされました

先週の 8 月 14 日に、マイクロソフトが .NET Core 2.0 の最終リリースを提供開始しました。Windows、macOS および RHEL 7 以降などの Linux 環境 (サポートされる OS バージョン一覧) に SDK をダウンロードして、Visual Studio Code やテキストエディターなどでコーディングを始められます。統合開発環境 (IDE) は Visual Studio 2017 version 15.3 や Visual Studio for Mac version 7.1 で対応しています。


SQL Server 2017 Release Candidate 2 が登場

米国時間 8 月 2 日に Linux にも対応する Microsoft SQL Server 2017 の Release Candidate 2 (RC2) リリースが公開され、ダウンロード可能となりましたのでお知らせします。SQL Server 2017 は Windows、Linux、Docker コンテナ上で動作します。 Release Candidate 2 は多くのバグ修正やパフォーマンスチューニングが中心に行われています。


Red Hat Enterprise Linux 7.4の一般提供を開始しました

米国時間2017年8月1日に Red Hat Enterprise Linux 7 の最新リリース Red Hat Enterprise Linux 7.4(RHEL 7.4)の一般提供を開始しました。RHELのメジャーバージョン 7に対して、累積の更新パッケージを適用したものが7.4というマイナーリリースとなります。従いまして、すでにAzure上でRHEL 7をお使いのお客様はすべてアップデートを適用頂くことで自動的にRHEL 7.4相当のシステムになります。Azure Marketplaceから提供するPay-As-You-GoのRHEL 7.4のイメージの公開準備もMicrosoft社と共同で行っております。  


SQL Server 2017 の Release Candidate 1 が登場

米国時間 7 月 17 日に Linux にも対応する Microsoft SQL Server 2017 の Release Candidate 1 (RC1) リリースが公開され、ダウンロード可能となりましたのでお知らせします。SQL Server 2017 は Windows、Linux、Docker コンテナ上で動作します。 Linux 版の SQL Server 2017 も Windows Server 版と同様、高可用性での運用が可能です。Always On 可用性グループを Pacemaker などの Linux ネイティブなクラスタリングソリューションと統合することができます。


Red Hat OpenShift Test Drive が無償でご利用いただけます

先週のイベント Red Hat Summit 2017 とともに公開した Microsoft Azure Test Drive では、あっという間に Red Hat OpenShift のコンテナー環境を無償で試すことができます。 以下のリンクより、Web からの簡単なサインアップでご利用いただけます。