仮想マシン起動後、すぐにyumが使えるのは何故か

こんにちわ、Red HatのパートナーSA 平です。 前回、RHELの提供形態としてPay-As-You-Go(PAYG)とCloud Accessの提供形態について説明しました。今回はRHELのアップデートサーバーの話をしましょう。 Azure Marketplaceから提供されるPAYGのRHELは、認定クラウド&サービスプロバイダー契約(いわゆるクラウド向けのOEM版)という扱いになっておりAzure側でエンドユーザーに提供する個数をカウントして何台でも提供することができます。その代わり契約顧客が仮想マシンのディスクイメージをエクスポートしてAzure以外で利用することは許可されておりません。


RHEL 7.3のKVMゲストイメージをAzureにCloud Accessで持ち込むための準備

RHELの既存のサブスクリプションをAzure Virtual Machineに持ち込むには、Red HatのCloud Accessという仕組みを利用します。最初にRegister Imageから登録する必要があり、[Cloud Provider]として”Microsoft Azure”を選択すると入力フィールドが[Microsoft Subscription Number]になります。Microsoft Subscription NumberはAzureのアカウント管理画面の[アカウント]から確認できます。


Red Hat on Azure 利用のための形態 (Marketplace、VM持ち込み) と必要なサブスクリプション

こんにちわ、Red HatのパートナーSA 平です。Red Hat認定クラウドパートナーを担当しています。 今回はRed Hat on Azure利用のための形態と必要なサブスクリプションについてご紹介します。 Red Hat Enterprise Linux(RHEL)の提供方法としては、Azure Marketplaceから提供されるPAYG(Pay-As-You-Go)と、すでにお持ちのサブスクリプションをAzureへ持ち込むRed Hat Cloud Accessの2種類があります。