Red Hat on Azure 利用のための形態 (Marketplace、VM持ち込み) と必要なサブスクリプション

こんにちわ、Red HatのパートナーSA 平です。Red Hat認定クラウドパートナーを担当しています。 今回はRed Hat on Azure利用のための形態と必要なサブスクリプションについてご紹介します。 Red Hat Enterprise Linux(RHEL)の提供方法としては、Azure Marketplaceから提供されるPAYG(Pay-As-You-Go)と、すでにお持ちのサブスクリプションをAzureへ持ち込むRed Hat Cloud Accessの2種類があります。