レッドハットとマイクロソフトが企業向けコンテナーの導入促進で協業


米国時間 8 月 22 日に、レッドハットとマイクロソフトは従来の協業の範囲を拡大し、企業へのコンテナーの普及を促進する新しいイニシアチブを発表しました。これにより企業のお客様のハイブリッドクラウドを利用したデジタルトランスフォーメーションの俊敏性獲得に貢献します。

対象となる製品/プラットフォームおよび拡張内容は以下の通りです。

  • Windows Server container on Red Hat OpenShift Container Platform: ついにOpenShift を使っている環境で Windows Server コンテナーが使えるようになる予定です。Linux/Windows Server 混合の環境で DevOps を進めていく支援となります。5 月の Red Hat Summit 2017 でも紹介されました。テクノロジープレビューが 2018 年春に登場予定です。
  • Red Hat OpenShift Dedicated on Azure: 通常の OpenShift Container Platform はお客様自身でインフラを管理する必要がありますが、レッドハットがインフラを管理するクラウドサービス Red Hat OpenShift Dedicated を Azure 上で使う場合のパフォーマンス、統合サポート等の最適化に取り組んでいます。これにより、お客様は OpenShift のインフラ管理を気にせずに Azure 上で利用できるようになります。2018 年の早い時期に登場予定です。
  • RHEL on Azure Stack: 統合サポートの提供を予定しています。
  • SQL Server on RHEL/OpenShift: 今後数か月のうちに、SQL Server on RHEL が提供され、Red Hat OpenShift Container Platform でもコンテナーとして利用できるようになります。また、統合サポートも提供される予定です。

 

関連記事

より詳細な情報については、以下の記事を参照してください。

 

 

Skip to main content