SQL Server 2017 の Release Candidate 1 が登場


米国時間 7 月 17 日に Linux にも対応する Microsoft SQL Server 2017 の Release Candidate 1 (RC1) リリースが公開され、ダウンロード可能となりましたのでお知らせします。SQL Server 2017 は Windows、Linux、Docker コンテナ上で動作します。

Linux 版の SQL Server 2017 も Windows Server 版と同様、高可用性での運用が可能です。Always On 可用性グループを Pacemaker などの Linux ネイティブなクラスタリングソリューションと統合することができます。

 

Release Candidate 1 の主な拡張

  • SQL Server on Linux の Active Directory との統合: RC1 で SQL Server on Linux が Active Directory 認証をサポートし、これによりドメインに参加している Windows/Linux マシンから SQL Server のドメイン証明書と Kerberos プロトコルを使った認証が可能になります。
  • TLS を使ったデータの暗号化: SQL Server on Linux のインスタンスとクライアントアプリケーションとの間で TLS 1.2, 1.1, 1.0 を使ったデータの暗号化が可能になります。
  • SQL Server Integration Services (SSIS) on Linux のサポート: Unicode ODBC ドライバーがサポートされました。

 

より詳しい情報はこちらをご覧ください。

RC1 のRHEL へのインストールはこちらから

 

SQL Server on RHEL のウェビナー (英語) がご覧いただけます

Intro to Microsoft SQL Server on Linux with containers

The next version of Microsoft SQL Server is coming to Linux® and is already in preview. Microsoft SQL Server running on Red Hat® Enterprise Linux and Red Hat OpenShift Container Platform has advantages for both the Windows and Red Hat Linux communities.

Join this webinar by experts from Red Hat and Microsoft as we cover:

  • An overview of the capabilities of Microsoft SQL Server on Red Hat Enterprise Linux and Red Hat OpenShift Container Platform.
  • The advantage of running Red Hat OpenShift Container platform on premise and on Microsoft Azure.
  • A demo of application compatibility between SQL Server on Windows and SQL Server on Red Hat Enterprise Linux.

 

Skip to main content