Red Hat Enterprise Linux 仮想マシンのサイジング


Red Hat Enterprise Linux の仮想マシンを作るにあたり、検証/テスト環境ではとりあえず最小構成の A シリーズを選んで利用されるかもしれませんが、いざ本番環境で利用する際はどのシリーズのどのサイズを利用すべきか悩むかもしれません。

本番環境でどの仮想マシンを選ぶべきかについて、いくつかの観点から考えるべき指針が出ていますのでご紹介します。迷った場合は D v2 シリーズを起点に考えて、クラウドならではの稼働後にシリーズやサイズを変更できる特性も活用しながら、運用しながらサイズを決めていくこともできます。

詳しくは、以下の記事およびその続編の記事をご参照ください。

 

▼ 「Azure 仮想マシンのサイジングの指針をより詳しく (その1) 」を読む

Skip to main content