Red Hat Summit 2017 (5/2~5/4)のご案内


※「Red Hat Summit 2017 におけるマイクロソフト関連セッションのまとめ」はこちらから

 

レッドハットの最大のイベントであるRed Hat Summitが今年も 5/2(火)~ 5/4(木)に米国ボストンにて開催されます。本年のテーマは”THE IMPACT OF THE INDIVIDUAL"(個のインパクト)として、昨年のテーマの"Participation"に対し、個の持つインパクト、これまで解決できなかった問題解決を実現するのはOpenSourceイノベーションしかなく、それを実行する個人がいるからだと、”個”に焦点をあてています。

3日間、多くのセッションが行われる中で、Azureについてのセッションが下記になります。
S103875 - Dive into RedHat OpenShift Container Platform on Microsoft Azure

こちらは両社の下記2名によるセッションになります。
Grant Shipley - Director, Openshift, Red Hat
Boris Baryshnikov - Principal Program Manager for Microsoft Azure, Microsoft

このセッションでは、Microsoft Azure上に Red Hat OpenShift Container Platform をインストールし、 .NET, rollbacks, A/B testingやActive Directory認証等を開発者の視点から実際にどのようにPlatformを使用するかをお見せします。
開発者にも運用者にも有意義なセッションとなっています。

レッドハット(株)では パートナー様向けにツアーを募集しております。締切も近い(3/17)ですが、ご興味ある方は レッドハット担当営業まで お問い合わせ下さい。また、個人でご登録される場合は、Red Hat Summitのページの右上REGISTER からご登録下さい。ご参加をお待ちしております。

 

 

Skip to main content