【顧客事例】Azure プラットフォームでの Red Hat Enterprise Linux のサポートを活用し、収益性も人気も高いクラウド ゲームを実現


(この記事は 2016 年6 月 27 日にMicrosoft Customer Stories に掲載された記事 Azure platform supports Red Hat Linux for popular and profitable cloud gaming の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)

Throwback Entertainment は、臨場感あふれるオンライン ゲームの開発および販売を手掛けています。往年のヒット作を復活させるために、同社は Red Hat のオープン ソース ソフトウェアを Azure で運用することにしました。同社は、Kubernetes が管理する Docker コンテナーをホストする環境として Red Hat Azure を採用。これは、クラウド ゲーム向けの最先端のバックエンドを開発するうえで重視されたポイントです。ゲームは現代風にアレンジされ、新機能、HD グラフィックス、複数プレイヤーによる対戦モードが追加されました。Azure を選択するうえで特に大きな決め手となったのは、その柔軟性と可用性、Red Hat Enterprise Linux の緊密なサポートです。

お客様のプロファイル

カナダを拠点とする Throwback Entertainment は、臨場感あふれるインタラクティブなゲームの開発、制作、販売を手掛ける企業です。同社のゲーム ポートフォリオの累計収益は 35 億ドル以上、販売数は 2 億本以上に達し、世界 35 か国以上で展開しています。代表的なゲーム タイトルには、Vexx、Extreme G Racing、Gladiator: Sword of Vengeance、Deflector、Aggressive Inline、SX Superstar などがあります。

ビジネス目標

Throwback は Acclaim Entertainment の買収により、同社のゲーム ライブラリ全体を取得しました。Throwback ではこれらのゲームを販売するほかに、一部のゲームの再開発に取り組んでおり、1999 年にリリースされたヒット作品『Iggy’s Reckin Balls』をリメイクして最新のゲームとして復活させ、複数プレイヤーによる対戦もできるようにしたいと考えました。

戦略

ゲームを再開発するにあたって、Red Hat のオープン ソース ソフトウェアを使用すると共に、それを Azure プラットフォームでホストすることにしました。Azure を選択する決め手となったのは、柔軟性、常時可用性、Red Hat の緊密なサポートです。また、Kubernetes が管理する Docker コンテナーをホストすることも考慮して、Red Hat と Azure が選択されました。これは、クラウド ゲーム向けの最先端のバックエンドを開発するうえで重視されたポイントです。

成果

Throwback は、8 名のプレイヤーによる対戦や HD グラフィックスなど、多彩な新機能を搭載したゲームを Azure からリリースすることができました。このようにして、同社はオリジナル版の機能を維持しつつ、現代風に進化させた収益性の高いゲームを制作しました。全年齢対象のゲームとしてリリースされたこのゲームは、Azure がサポートするバックエンドのセキュリティ、安定性、スケーラビリティといったメリットを活かして成功を収めました。

 

ソフトウェアとサービス

  • Microsoft Azure

オープン ソース テクノロジ

  • Red Hat Enterprise Linux
  • Docker
  • Kubernetes

「Red Hat のエンタープライズ クラスのサポートには本当に満足しています。Red Hat のオープン ソース ソフトウェアと Azure のサポートの両方が利用できることは嬉しい驚きでした」

– スタジオ責任者、Richard Hum 氏
Throwback Entertainment


お客様

Throwback Entertainment

お客様の Web サイト

throwbackentertainment.com/ (英語)

導入製品とサービス

Red Hat on Azure

業種

メディア、通信

組織規模

小 (従業員 1 ~ 49 人)

カナダ

Skip to main content