NTFS ボリューム上で新規ファイルが作成できない現象について

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの新川です。 Windows Server 2003 上でシステム リソースは全く枯渇していないのに、STATUS_INSUFFICIENT_RESOURCES (0x c000009a) を示す以下などのエラーが発生してファイルの新規作成やコピーができないというお問い合わせをいただく事があります。   ・必要な記憶域をサーバーで確保できません ・リソースが不足しているため要求されたサービスを完了できません   上記エラーは $Secure の肥大化が原因である場合があります。今回は $Secure の肥大化によって発生する本事象について、NTFS の仕組みからじっくりとお話しします。 STATUS_INSUFFICIENT_RESOURCESエラーと NTFS の関係 Windows Vista より前の OS では、NTFS の特定領域 (ATTRIBUTE_LIST) をメモリのバッファ上に確保しようとした際に、バッファが確保できないと STATUS_INSUFFICIENT_RESOURCES エラーが返されます。これは、バッファが確保できない状況からリソース不足と考えて返しているのですが、実際にリソースが枯渇して十分なバッファを用意できない場合と、ATTRIBUTE_LIST の上限値 (256 KB) を超える処理が発生した場合に、先に行う ATTRIBUTE_LIST のバッファ確保の処理で、用意できる最大サイズのバッファでも足りないためにエラーが返される場合があります。   当然、これは十分なバッファを確保できない事が問題ではなく、ATTRIBUTE_LIST の上限値を超えた処理が行われた事が問題であり、Windows Vista 以降では、後者を区別できるよう別のエラー (STATUS_FILE_SYSTEM_LIMITATION) が返されるように動作が変更されています。以下の KB にもその内容や、処理のタイミングによっては他のエラーが返される可能性および、今回のお話にも大きく関連する ATTRIBUTE_LIST について書かれていますので、先にご案内させていただきます。   Article ID: 967351…


フローチャートや座席表などのビジネス図表を Web 化して共有

できること Visio 2010 を使って作成したフローチャートやマーケティング図、分析図、座席表などの図表 (ダイアグラム) を、Visio を持たない利用者に対しても、簡単にブラウザー上で共有することができます。   解決したい課題 PowerPoint や Word などよりも簡単かつ高度に、フローチャートなどのビジネス図を作成できる Visio は、この分野における定番ツールになっています。様々なステンシル (図を構成するパーツ) が搭載されている Visio は、それら標準パーツの組み合わせで出来上がるような様々なダイアグラムを作成するのに大変便利です。フローチャートの作成はその 1 つですが、アセンブリ図面や電子回路などのエンジニアリング図表、UML モデル図や DFD などの IT 系図表、フロア図や道路地図などのマップ図表、TQM やマインドマップなどのビジネス図表など、様々な形式の図表作成に対応しています。図表をデータベースと連携させ、ステンシルに色やデータを出力したり、多次元データベースをツリー構造で視覚的に表現しドリルダウン分析したりすることもできます。また、ステンシルをクリックしたときに画面を切り替えたり、データベースと連携して特定の動作をさせたりすることなども可能です。   しかし、Visio がインストールされたデスクトップは、Word や Excel、PowerPoint などと比べるとまだまだ少なく、せっかくの高度なダイアグラムも、共有は簡単ではありません。JPEG や TIFF などの通常のピクチャーファイル、あるいは SVG (スケーラブル ベクター グラフィックス) といった拡大表示にも十分に耐えうる形式のファイルとして保存することで、ブラウザーでも共有可能になりますが、すべてが一旦ピクチャーに変換されるため、共有している図を編集したり、ステンシルのクリックにより画面を切り替えたりすることはできません。Visio Viewer と呼ばれるダウンロード可能なビューワーもありますが、個々のデスクトップにインストールが必要ですし、ブラウザー上では Active X コントロールとしてふるまうため、ブラウザーのセキュリティレベルを下げないと、煩雑な警告が都度表示されてしまいます。   2010 シリーズ Office 関連製品群で解決 Visio 2010 と SharePoint…


巨大なデータを統合し、素早く分析、結果をリアルタイムに共有

できること Excel 2010 を使って柔軟に巨大な集計データを設計し、サーバーのメモリー上に集計を展開 (インメモリー データベース)、高度な分析を高速に実行することができます。   解決したい課題 業務システムの導入が進むにつれ、企業内に蓄積されるデータ量は膨大になっています。しかし、部分最適化された複数の業務システムから抽出できるデータは、構造や粒度がまちまちなため、すべてを完全に統合するには、膨大なコストがかかります。一方ビジネス部門では、日々変化する環境への対応に、さまざまな視点でのさまざまなデータの分析が即座に必要となるため、その都度システム部門にデータ抽出と統合を依頼していては、時間がかかりすぎてしまいます。 Excel を使ってさまざまなデータをデスクトップ上で加工すれば、よりスピーディで柔軟な分析ができます。業務のあらゆるシーンで活用されている Excel であれば、利用者の教育は最低限で済み、また業務との連携もスムーズです。Excel 2007 以降、100 万行を超えるテーブルにも対応できるようになり、そのような分析ツールとしての利用における実用性も大幅に向上しました。 しかし、データ量は年々増加の一歩をたどっており、また粒度はどんどん細かくなっています。たとえば、以前であれば売上分析の単位は製品グループで済んでいたところが、近年は多品種少量生産が進むことで、製品単位、場合によっては部品単位での分析が必要になります。分析の粒度が下がれば下がるほど、分析対象となるデータ量は加速度的に増加します。そのような巨大なデータのすべてを Excel に格納すれば、ファイルサイズが巨大になるだけではなく、表示も含めたパフォーマンスが低下する場合があります。分析の際にはパフォーマンス上のストレスを感じますし、巨大な Excel ファイルは開くだけでも時間がかかり、広範囲での共有には不向きです。   2010 シリーズ Office 関連製品群で解決 SQL Server 2008 R2 の一部として提供される「PowerPivot」ツールと Excel 2010、SharePoint Server 2010 を使えば、巨大なデータをデスクトップ上で統合し、Excel で簡単スピーディに分析、SharePoint でそのレポートを広範囲に共有できるようになります。SQL Server に限らず、あらゆる種類のデータ ソースからデータを抽出し、デスクトップのメモリー上で集計構造を作成、サーバーのメモリー上にその集計を展開し、ブラウザー版の Excel で素早く参照、操作できます。 PowerPivot ツールには「PowerPivot for Excel」および「PowerPivot for SharePoint」が含まれます。PowerPivot for Excel は、Excel のアドインで、多次元集計構造の作成および Excel アプリケーション上での分析をサポートします。Excel…


日常業務に利用する簡単なアプリケーションを Web 化して共有

できること Access 2010 で作成された簡単な業務アプリケーション (フォームやデータベース、Access マクロのセット) を、Web ベースのアプリケーションに変換して、ブラウザーから共同で利用できるようになります。   解決したい課題 Word や Excel、PowerPoint などとともに、Access は非常に多くの企業で利用されている業務アプリケーションです。さほど大量のデータ量を扱わず、また利用者が限られるため情報システム部門による標準化と展開が必要ないような、部門レベル、個人レベルでの業務処理自動化の手段として、有効活用されています。 しかし、1 つのファイルにフォームからデータベースまですべての情報を押し込んでいるという、デスクトップアプリケーションとしての性格により、複数の利用者による同時利用は、パフォーマンスや安全性の観点で適切とは言えません。また、ファイルであるがゆえに、各部門のファイルサーバーや個人のデスクトップに散在することとなり、情報セキュリティや統制の観点でも問題になる場合があります。かといって、これらのエンドユーザーコンピューティングによるアプリケーションを禁止し、情報システム部門が中央で統制するようにルールを変更するのも、情報システム部門には膨大な負荷がかかり、利用者部門ではビジネス環境の変化による適時な調整ができなくなるため、現実的ではありません。このような事情から、Access を含むエンドユーザー コンピューティング ツールの管理上の問題は放置されがちでした。   2010 シリーズ Office 関連製品群で解決 Access 2010 と SharePoint Server 2010 を使えば、Access で作成するフォームやテーブル、Access マクロを、SharePoint 上の Web アプリケーションとして利用することができるようになります。利用者が多く、数多くの書籍などの情報も提供されており、また過去からの蓄積の多い Access アプリケーションを Web 化することで、組織全体で共有できるため、ビジネス部門における利便性やスピード感を損なうことなく、安全に統制されたサーバー環境の中で、革新的なエンドユーザーコンピューティングを実現することができるようになりました。 作成した Access アプリケーションを、Access のメニューから「Access Services に発行」することで、Access フォームは SharePoint の Web フォームとして、Access テーブルは SharePoint のリストとして展開されます。モーダルダイアログボックスなど一部…


スライドショーを簡単にブロードキャスト配信

できること PowerPoint 2010 で作成されたスライドの「スライドショー」を、ネットワークを経由してブロードキャスト配信、遠隔地にいる人に対しても、Web ブラウザーを使ってリアルタイムにプレゼンテーションをすることができます。   解決したい課題 多くの企業でコスト削減努力の一環として、出張や大規模な集合形式会議の実施が抑制されています。しかし、消費者ニーズの細分化や変化のスピードアップに伴い、ビジネスパートナーや社内の従業員に対するコミュニケーションの機会はむしろ増加しています。ビデオ会議システムを使ってこのような課題に対処する企業も増えています。しかし、通常のビデオ会議システムは高価なハードウェア設備を要し、さらに参加者全員が同じ会議システムを所有している必要があるため、新規投資は容易ではありません。またビデオ映像だけでは PC 画面の投影などはできないため、あらかじめ紙ベースなどでの非同期な資料共有が必要です。 マイクロソフトは、PC を使ったオンライン会議が可能な Office Communications Server 2007 R2 が提供しています。このソフトウェアを利用すれば、大掛かりなハードウェア投資は必要なく、PC だけで PowerPoint スライドやその他アプリケーション、デスクトップ画面をリアルタイムに共有しながら、オンライン会議を進めることができます。簡易な Web カメラを接続すれば、お互いの様子を見ながらビデオ会議を実施することができます。音声や書き込みなどで、双方向のコミュニケーションが多発する意思決定会議においては、Office Communications Server によるオンライン会議は最適なソリューションです。 しかし、日常業務でのちょっとした情報伝達に使うには、もっと簡便な方法が望ましいと感じる場合があります。同僚やビジネスパートナーとの電話によるコミュニケーションにおいて、PowerPoint スライドを見せることでより簡潔に説明できるといった程度の場合、そのためにビデオ会議をセットアップし、会議の相手に参加を促し、相手が Office Communications Server の会議に参加するためのコンソールを持っていない場合にはダウンロードを促し、といった手順を踏むのは少々面倒です。   2010 シリーズ Office 関連製品群で解決 PowerPoint 2010 と SharePoint Server 2010 を使えば、デスクトップで実施中のスライドショーを、Web ブラウザーに対してブロードキャスト配信することができます。受信側のブラウザーに専用のアドインをインストールする必要はありません。受信側は、SharePoint Server 2010 がホストする Office Web App に組み込まれた PowerPoint Web App…


散在する文書ファイルを、メタデータを使って柔軟に管理し素早く活用

できること 保存された文書ファイルに「タグ」を付けることで、保存場所や形式に関わらず、必要な文書ファイルを素早く簡単に入手できるようになります。   解決したい課題 文書ファイルを使った共同作業のシーンが増えるにつれ、ネットワーク上に大量の文書ファイルが散らばるようになってきました。多くの企業や組織では、ファイルサーバーに共有ファイルを格納し、フォルダやファイルの命名規約を設けるなどして、保存した文書ファイルを再利用できるようにしてきました。これは紙の書類の保管方法と近いため、ユーザーに戸惑いが少なく、またファイルサーバーがいっぱいになっても、ディスクや新たなサーバーを単にネットワーク上に追加するだけで済むため、非常に好まれる方法です。 しかし、この方法では、時間の経過とともに、目的に応じてどんどんフォルダの数が増えていくことになります。さらにファイルサーバーの追加なども行われるようになると、次第に必要なファイルを見つけにくくなっていきます。特定のキーワードを使って、ファイル名や文書ファイルの内容を検索するという方法も考えられますが、それらにキーワードが含まれているからといっても、果たしてその文書ファイルが目的にかなうものであるかどうかは分かりません。   2010 シリーズ Office 関連製品群で解決 SharePoint Server 2010 を使えば、文書ファイルなどのコンテンツに「メタデータ」と呼ばれるタグを付けることによってコンテンツを特性や分類によって管理、コンテンツの物理的な置き場所や命名ルールに頼ることなく、必要な情報を素早く引き出せるようになります。 メタデータには「タクソノミー」と「フォークソノミー」の 2 種類があります。タクソノミーは中央で集中管理されるメタデータで、管理者があらかじめツリー状の用語構造を定義しておくことで、ユーザーはコンテンツの作成または編集の時に、決められた候補の中から最適なメタデータを選択することができます。フォークソノミーはユーザーが自由に追加できるタグで、自分がそのコンテンツを再利用するために付加するブックマークのような役割を果たします。 タクソノミーを使えば、コンテンツを素早く見つけるためのナビゲーション メニューを作ることができます。SharePoint Server 2010 のドキュメント ライブラリでは、画面左側に「メタデータ ナビゲーション」ツールを追加し、あらかじめ定義されたメタデータの一覧を表示することができます。このメタデータはフィルタの役割を果たすため、一覧から任意のメタデータを選択すると、サイトに保存されている様々なドキュメントなどのコンテンツの中から、適切なコンテンツのみを選別して画面中央に表示します。またメタデータは階層構造で定義することができるため、例えば “製品グループ” – “製品名” – “型番” のように親子関係があるメタデータをツリー状に編成しておくことで、必要なコンテンツの掘り下げが簡単にできるようになっています。これにより、コンテンツの実態がどのようなフォルダ階層に保存されているのかをまったく意識することなく、必要な情報の選別が非常に容易になります。     フォークソノミーは情報の構造的な整理には不向きですが、ユーザーがどんな情報を作り出しており、どんな情報を欲しているのかをすぐに把握することができます。ページやコンテンツで「お気に入り」ボタンを押すと、ユーザー自身が再びそのコンテンツへのアクセスすることが簡単になりますが、それだけではなく、どのようなユーザーがこのコンテンツに興味を持っているのかを測る重要な手掛かりともなります。また「タグクラウド」を使って組織全体で関心の高いコンテンツに素早くアクセスしたり、「個人用ネットワーク」を使って同僚や自分と同じ興味分野を持つ人がどのようなコンテンツにタグを付けたのかを知ったりすることもできます。     このように SharePoint Server 2010 のメタデータは、新しい情報活用スタイルを提供します。構造的なコンテンツの管理性と活用レベルを向上し、組織内部に埋もれがちな情報を素早く発掘する手段を提供するメタデータにより、情報活用とコミュニケーションが一段と活性化されます。


Excel スプレッドシートをブラウザだけで簡単に共有、編集

できること Excel で作成したスプレッドシート ファイルを、Excel デスクトップアプリケーションを使わずに Web ブラウザで表示、編集できるようになります。   解決したい課題 これまでは、Excel で作成したスプレッドシート ファイルを表示したり編集したりするには、Excel デスクトップ アプリケーションを起動してファイルを開く必要がありました。これまでは、ほとんどの企業や組織では何らかのバージョンの Excel、または互換のスプレッドシート ソフトウェアがインストールされているため、それほど大きな問題にはなりませんでした。 しかし近年、ワークスタイルの変化とともに非力なモバイル環境での利用ニーズが高まっています。無償ダウンロード提供されている Excel Viewer をインストールすれば、スプレッドシート ファイルを表示することはできますが、編集はできません。外出先で受け取ったスプレッドシート ファイルをちょっとだけ編集しフィードバックする機会は非常に多いでしょう。また、Excel デスクトップ アプリケーションや Excel Viewer は、スプレッドシート ファイルを開いてみるまで、中に何が記載されているかを知ることができません。スプレッドシートを含む文書ファイルの数は等比級数的に増加を続けており、閲覧性は情報活用における重要な要素の 1 つになりつつあります。   2010 シリーズ Office 関連製品群で解決 Excel 2010 と SharePoint Server 2010 を使えば、SharePoint のサービスとして実行されている Excel Services により、Excel スプレッドシート ファイルをブラウザだけで表示することができます。また表示だけでなく、任意のセルに値や数式の書き込み、書式変更など基本的な編集機能もサポートしているため、「ブラウザ版の簡易 Excel アプリケーション」として、手軽に利用することができます。これにより、いつでもどこでも、簡単に Excel スプレッドシート ファイルを活用でき、同僚やビジネス パートナーとの共同作業も容易になります。 また…


同じ文章を同じタイミングで共同編集

できること 共有されている 1 つの Word 文書ファイルを、複数の人が同時に開き、安全に共同編集することができるようになります。   解決したい課題 これまでは、誰かが一旦 Word 文書ファイルを「編集モード」で開いてしまったら、その人の編集作業が完全に終わるまでは、他のユーザーは同じファイルを「読み取り専用モード」でしか開けなくなるため、同時に編集することができませんでした。これは、文書ファイルの完全性を保つためには仕方のないことでした。なぜなら、たとえばあなたがある文書ファイルを開いて編集している最中に、あなたの同僚が同じ文書ファイルを開き、編集して、あなたより先に保存したとすると、あなたが自分の編集を終えてそのファイルを保存したとたんに、あなたの同僚の編集はすべて失われてしまうためです。しかし、ほんの数文字を編集するだけでも文書ファイル全体をロックしてしまうため、多人数で共同作業をするとき、文書ファイルの完成を急いでいるとき、誰かが編集中のファイルを開いたまま長時間放置してしまっているときなどに、大変不便な思いを強いられていました。   2010 シリーズ Office 関連製品群で解決 Word 2010 と SharePoint Server 2010 を使えば、SharePoint 上で共有されている 1 つの Word 文書ファイルを、複数の人が同時に開いて、安全に共同編集することができるようになります。SharePoint 2010 のライブラリ (ファイル保存用のフォルダ) に共有されている Word 文書ファイルを Word 2010 で直接開いて編集すると、手を加えた段落だけがロックされます。つまり、手を加えていない段落であれば、自分がまだ編集の途中であっても、同じファイルを他のユーザーが編集することができるのです。他のユーザーによって編集中の段落の左側には【 [ 】マークがつき、文字の入力や削除ができなくなります。   あなたの編集中に、他のユーザーによる編集が先に完了した場合は、他のユーザーによる編集箇所に【 [ 】と保存アイコンが表示されます。ここで一旦あなたが編集中のファイルを保存すれば、そこで他のユーザーによる編集が反映されます。または Word 下部の「更新あり」ボタンをクリックすると Wordの Backstage ビューが表示されます。Backstage ビューとは、従来の Microsoft Office ボタンに代わる機能で、初めて使うときに必要になる機能や、最初に知っておきたい機能の多くが集約されています。ここから文書ファイルの保存や編集中のユーザーへのアクセス、メモの追加などもできます。  このように、Word 2010 と…


Scary SQL Server stuff: tombstones, phantoms, blobs, ghosts and zombies

This post mixes the spirit of Halloween and the passion for SQL Server 🙂   Have you noticed how SQL Server has a number of things that seem right out of a horror movie? As a test of your SQL Server expertise and for a fun Halloween trivia game, try to describe the items in…


Which hotfixes should I apply?

  This is updated as of 10-28-2017   In general – you should evaluate all hotfixes available, and only apply those applicable to your environment.  However, some of these below I have seen impact almost every environment, and should be heavily considered. This list is nothing official…. this is just a general list of the…