Outlook のフォルダーに直接投稿しているExcel/Word などのファイルを選択して[クイック印刷][返信][転送][コピー]などのメニューを選択しても動作しない

日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。 Outlook では、メールアイテムに添付しなくても、Public Folder など Outlook で表示しているメールボックスや PST のフォルダーに、Excel や Word などのファイルを直接投稿 (保存)することができます。 このような使用方法をしている場合に、Outlook にてリモートでコードが実行される脆弱性が見つかり、2017 年 4 月の更新プログラムで、一部の機能を無効化する修正を行いました。 この修正の影響で、直接投稿しているファイルに対してはこれまでには動作していたメニューを選択しても、何も実行されないといった動作となります。 ※ Outlook のアイテム(メール、投稿、連絡先、予定表など)を選択している場合は、該当のセキュリティの問題はございませんのでこれまで通り動作します。   詳細については、以下をご確認ください。   2017 年 4 月の更新プログラムの説明 Outlook のフォルダーに直接ファイルが投稿されている場合、そのファイルに対して、Outlook にてリモートでコードが実行される脆弱性が見つかり、悪用される可能性が高いため  2017 年 4 月の更新プログラムにてセキュリティ ホールの修正を行いました。 緊急度が高いため機能のみ無効化したという背景があり、無効化した機能のメニューは表示され選択可能な状態です。 本来であれば、メニューも削除するまたはメニューを選択した際に実行できない旨メッセージを表示するなど、ご使用者様からみて分かりやすいように修正するべきですが、これら追加の修正の予定につきましては現時点では未定となっております。   無効化した機能をご使用されていたお客様には、突然の動作変更によりご不便をおかけいたしますが、より安全に製品をご利用頂くための変更であることについて何卒ご理解を頂けますようお願いいたします。   なお、どのようなときにリモートコードが実行されてしまうのか、それを抑止するためにどのような修正を行ったのかなど詳細につきましては、公開するとその情報がさらに悪用される可能性があるため、以下のサイトで公開している以上の情報は非公開となります。   – 関連する情報 本修正は Outlook 2007/2010/2013/2016 で行っております。 Title : CVE-2017-0106…