Exchange Online 環境の Outlook における MAPI over HTTP 接続時の最低要件と使用可能なバージョン

こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。 Exchange Online 環境での Outlook による RPC over HTTP 接続のサポート終了日である 2017 年 10 月 31 日が迫ってきました。 今回は Exchange Online へ MAPI over HTTP で接続する際の最低要件と、MAPI over HTTP を使用可能なバージョンについてご紹介します。   Exchange Online へ接続するための最低要件 Exchange Online へ接続するための最低要件については、2017 年 10 月 31 日の RPC over HTTP のサポート終了についてご案内している KB3201590 からリンクしている、こちら の情報をご覧ください。(2017/11/07 追記 : Outlook 2010 については不足していた MSO.dll…


Office 365 を利用する場合に、Office 2010 などの古い Office から最新の Office へ移行する必要がある理由

Office 365 を快適に利用し最大限活用いただくため、マイクロソフトは最新の Office クライアント製品に更新して利用することをおすすめしています。 Office 365 を利用するのに最適な Office 製品 Office 365 は、以下の Office クライアント製品で動作するように設計されています。 ・最新に更新した Office 2016 クイック実行版 (Office 365 ProPlus 2016) ・最新に更新した Office 2016 MSI 版 (ボリュームライセンス) ・最新に更新した Office 2013 MSI 版 (ボリュームライセンス) ・最新に更新した Office 2016 for Mac ・最新に更新した Office 2011 for Mac マイクロソフトでは最新の更新プログラムを随時 Office 365 のサーバー製品に適用しており、最新のバージョンにあわせて Office の更新プログラムをリリースしています。 Office の更新プログラムでは、Office 365 を使用する場合のパフォーマンスを向上するための修正や新機能も提供されます。…


2017/10/31 の Office 365 における RPC over HTTP のサポート終了に伴う MAPI over HTTP 移行の注意点

こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。 以下の KB で公開されているように、2017 年 10 月 31 日をもって Office 365 の Exchange Online への Outlook for Windows からの RPC over HTTP 接続のサポートが終了されます。 Title : RPC over HTTP reaches end of support in Office 365 on October 31, 2017 URL : <https://support.microsoft.com/en-us/help/3201590/> ここでは、MAPI over HTTP 移行にあたって必要な作業と注意点をご紹介します。 [2017/10/19 追記] 内容の変更について KB3201590 の内容については、以前に公開していた内容からアップデートを行っており、本記事もその変更に沿って更新を行っております。 また、アップデート前に記載されていた情報から要件についても一部変更が発生しております。…


MAPI/HTTP の紹介 (特徴/対応する Exchange Server と Outlook/無効にする方法)

この記事では、Outlook と Exchange Server の間で利用される MAPI over HTTP (MAPI/HTTP) の特徴・対応する Exchange Server と Outlookのバージョン・MAPI/HTTP を無効にする方法を紹介します。 1. MAPI/HTTP の概要 Outlook と Exchange Server の接続方法には、以下の 3 種類があります。    RPC (「RPC/TCP」)    Outlook Anywhere (「RPC over HTTP」「RPC/HTTP」)    MAPI over HTTP (「MAPI/HTTP」) MAPI/HTTP は Exchange Server 2013 SP1 以降から追加された新しい接続方法であり、 以下のようなメリットがあります。 Exchange の接続時間や再接続時間が短縮される Outlook Anywhere に比べてセッション数が少なくて済む (Outlook Anywhere の場合は、接続するメールボックスごとに…