[2/27 更新/解決済み] Outlook で特定の文字列が件名に含まれているとき応答なし (フリーズ、ハング) となる現象について

2018/2/28 更新 : バージョン 1802 (ビルド 9029.2167)  で修正したため、対処方法を追加しました。 日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。 本ブログでは、Outlook でで特定の文字列が件名に含まれているとき応答なし (フリーズ、ハング) となる現象について説明します。   現象発生条件 – 現象発生環境 Microsoft Office 365 ProPlus (Outlook 2016) ※現時点では Outlook 2010/2013 での現象発生は確認されておりません。   – 現象発生文字列 以下の全角文字列が件名に含まれている場合に現象が発生することを確認しています。 →  ←  ↑  ↓  ⇒  ⇔  ≪  ≫   – 現象再現手順 以下の手順以外でも文字列や環境によっては、件名に上述の文字列があると閲覧しただけで発生する場合もあります。   再現手順1 1.テキストエディタに⇒ (SJIS 81CB) を入力 2.新規メールを開き、テキストエディタから文字を件名フィールドにペースト   再現手順2…


クイック実行版の Outlook 2016 で POP や IMAP のアカウントを設定すると「問題が発生しました」エラーで失敗する

2017/10/11 コントロール パネルの [Mail (Microsoft Outlook 2016)] アイコンを従来のアカウント設定画面に戻したため、内容を更新しました。 2018/03/27 アカウント追加画面も新しい画面に変更されていることを追記しました。 2018/04/02 Windows 10 ストアアプリ版の Outlook では、コントロール パネルに [Mail(Microsoft Outlook 2016) (32 ビット)] アイコンが表示されないことを追記しました。 Office 365 ProPlus や Office 365 Solo などのクイック実行版の Outlook 2016 の新しいビルドでは、以下の画面がシンプルな新しい画面に変更されました。 ・Outlook 2016 初回起動時のアカウント設定画面 ・Outlook 2016 の [ファイル] タブ-[アカウント設定]-[アカウント設定]-[新規] からのアカウント追加画面 この新しいアカウント設定画面では、サーバーが自動構成できるように構成されている場合はメールアドレスを入力するだけで設定を完了できるようになります。 しかし、弊社ではこの新しいアカウント設定画面から SMTP 認証を必要としないメールサーバーに接続する POP や IMAP のアカウントを設定する際に、以下のいずれかのエラーが発生して失敗する問題が発生することを確認しています。 ↑指定した暗号化方式を使用して送信 (SMTP) サーバーに接続できませんでした。送信 (SMTP)…


[9/21 更新/解決済み] クイック実行版 (C2R) Outlook 2016 で共有の予定表編集時にアクセス権がないエラーが発生し編集できない現象について

2017/9/21 更新  バージョン 1708 (ビルド8431.2079) で修正したため、現象発生環境を変更し、対処方法を追加しました。 こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。 2017 年 6 月に公開された Outlook のセキュリティ更新プログラムを適用後、クイック実行版 Outlook 2016 で共有予定表を編集できないという現象が発生します。この問題は 2017 年 9 月 18 日の更新で修正しました。 現象発生環境 Current Channel で展開しているクイック実行版 Office 2016 で、 2017 年 6 月の Outlook 2016  バージョン 16.0.8326.2062 以降  2017 年 9 月 16.0.8431.2079 未満のバージョン   現象 共有予定表を編集しようとしたり、新しいアイテムを追加しようとしたりすると、以下のエラーが表示され、共有予定表を編集できない場合があります。   「このフォルダー内にアイテムを作成するためのアクセス権がありません。フォルダーを右クリックし、[プロパティ] をクリックして、フォルダーへのアクセス権を確認してください。アクセス権を変更するには、フォルダーの所有者かシステム管理者に依頼してください。」   また、アクセス許可を確認するために共有フォルダーを右クリックすると、以下のエラーが表示されます。…


Outlook 2016 で [詳細] からフィールドを追加して検索すると、検索文字列が残り削除できない

2017/9/27  「参考」を追加し、検索の機能が今後変更される予定があることを追加しました。 2018/1/22 月次チャネル  2017 年 12 月リリースのバージョン 1711 で修正されたことを追記しました。 また、機能削除予定がいったん中止となったことを追記しました。 Current Channel のバージョン 1705 (ビルド 8201.2102) 以降バージョン 1711 未満の Outlook 2016 では、 クイック検索ボックスをクリックして [検索] タブの [詳細] からフィールドを追加して検索を行った後に別のフォルダーに切り替えると、追加したフィールドに以下のように前回入力した検索文字列が残ったままとなり、削除できず検索文字列を入力し直すことができない現象が発生することを確認しています。 弊社ではこの問題を不具合として認識し、月次チャネル 2017 年 12 月リリースのバージョン 1711 で修正しました。 この問題が発生する場合は以下のいずれかの方法での対処をお願いいたします。 方法 0. 月次チャネル 2017 年 12 月リリースのバージョン 1711 以降に更新する。 参考資料: Version and build numbers of update channel releases (バージョン一覧)…


Outlook 2013/2016 でリッチテキスト形式で複数ファイルを添付して送信すると、添付ファイルの名前と内容が入れ替わりファイルが開けない

日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。 Outlook 2013 または Outlook 2016 の 2017 年 2 月または 3 月の更新プログラムを適用している Outlook から、リッチテキスト形式で複数ファイルを添付して送信した際、添付ファイルの名前と内容が入れ替わる問題が発生します。 現象の発生条件および対処方法については以下をご確認ください。   現象 Outlook 2013/2016 で複数ファイルを添付すると、添付ファイルの名前と内容が入れ替わる問題が発生します。 この時に、拡張子まで入れ替わった場合には、添付ファイルが開けない現象となります。 本現象は、以下の発生条件で発生しますが、条件を満たしている場合でも 100 %  発生する現象ではございません。   現象発生条件 – Outlook のバージョン 本現象は MSI 版の Outlook 2013/2016 でのみ発生し、クイック実行版では発生しません。 Outlook 2010 では発生しません。   – メール形式 リッチテキスト形式でのみ発生し、HTML 形式およびテキスト形式では発生しません。   – 原因の発生原因となる更新プログラム 本現象は以下の 2017 年 2…


Outlook 2016 を起動時またはコントロール パネルの「Mail (Microsoft Outlook 2016) 」をクリックするときにエラーが表示される事象について

本事象は、Outlook 2016 (Office 365 ProPlus/Office 2016) で発生する事象ですが、OS の更新プログラムの適用状況により発生します。 詳細につきましては以下をご確認ください。   現象 Office 2016 をインストール後、コントロール パネルの「Mail (Microsoft Outlook 2016) 」をクリックする際、以下のようなエラーが表示されるか、反応なしの事象が発生します。 [オペレーティング システムは現在このアプリケーションを実行するように構成されていません。]   [Windows ホスト プロセス (Rundll32) は動作を停止しました] 発生条件 OS の Hotfix として提供している KB2999226 またはそれ以降の更新プログラムがインストールされていない場合に発生します。   – KB2999226 Title: Windows でのユニバーサルの C ランタイムの更新プログラム URL:  https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/2999226   ※ Windows 10 以上の OS は KB2999226 の修正が含まれているため、本事象は発生しません。 また、KB2999226 以降の「Windows…


C2R 版 Office 2016 の Outlook/Word で文字入力のフォーカスがずれて別枠で文字が表示される

2016/10/18 更新: [発生契機] セクションを作成し、[対処方法] セクションに④を追記しました 2016/10/26 更新: [対処方法] セクションに⑤を追記しました 2016/10/31 更新: [原因] ならびに [調査状況] セクションを更新しました 2016/11/4 更新: この不具合の修正を含む  Current Channel ならびに First Release for Deferred Channel 向けの修正をリリースいたしましたので、[原因] [発生契機][対処方法] [調査状況] セクションを更新しました 現象 C2R 版 Office 2016 の Outlook や Word を利用していると、文字入力のフォーカスがずれて、以下のような別枠で文字が表示される現象が発生します。 原因 2016 年 10 月 にリリースいたしました Current Channel  ならびに First Release for Deferred Channel バージョン 1609 の問題により発生します。…


Office 更新プログラムを適用して発生する問題の対処 (更新プログラムが再リリースされているかや既知の不具合がないかを確認する方法)

弊社では毎月米国日付の第 2 火曜に更新プログラムをリリースし、不具合修正やセキュリティ脆弱性への修正を行っています。更新プログラムの適用によって新たな不具合が発生しないよう配慮してリリースを行ってますが、大変申し訳ございませんが更新プログラムを適用することによって新たな不具合が発生する場合があることを確認しております。Office 製品の更新プログラムに不具合が確認された場合は、弊社では以下の方法で対応しています。 影響が大きい不具合 クイック実行版の Office (Office 365 ProPlus など) : 配信を停止。サポート技術情報 (KB) に配信停止と不具合についての説明を追記。数日後に再リリース。 MSI 版の Office (ボリュームライセンスなど) : 配信を停止 (ダウンロードページのダウンロードが中止され、Microsoft Update や WSUS からの配信が停止)。 KB に配信停止と不具合についての説明を追記。 数日後に Hotfix として再リリース (Microsoft Update や WSUS からは配信されない) または 翌月の更新プログラムに含めてリリース。 その他の不具合 配信は継続。KB に不具合についての説明を追記 (日本語環境や全角文字固有の問題の場合はブログで公開)。 既に不具合が修正されて新しい更新プログラムが再リリースされている場合は、 新しい更新プログラムを適用することで対応ください。 クイック実行版の Office (Office 365 ProPlus など) : Office の自動更新を有効にしている場合は、自動的に順次適用され解消される。 ただちに更新したい場合は [ファイル]…


[修正済] クイック実行版 (C2R 方式) の Outlook 2016 で、msg ファイル形式に保存したメールを送信すると本文が空白(ブランク・空)になる問題

2017/2/13 更新: この不具合の修正を含む Current Channel 、First Release for Deferred Channel ならびに Deferred Channel 向けの修正をリリースいたしましたので、[対処方法] [調査状況] セクションを更新しました こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。 今回は以下の現象についてご説明します。 現象 Office 365 ProPlus や Office 365 Solo など、クイック実行版 (C2R 方式) の Outlook 2016 で、msg ファイル形式に保存したメールを送信すると本文が空白(ブランク・空)になる問題が発生します。 ※Outlook 2013 につきましてはこちらの記事をご確認ください。 再現手順 1. [新しい 電子メール] から新規メールウィンドウを開いて、件名、本文を入力します。 2. 作成したメールアイテムを msg 形式でデスクトップなどに保存します。 3. 保存した msg 形式のメールアイテムを開いて送受信します。 4. 送信済メールまたは受信したメールを確認します。 -…


クイック実行版 (C2R 方式) の Outlook 2016 で、作成中のテキスト形式のメールに添付ファイルが表示されない

こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。 今回は以下の現象についてご説明します。 現象 Office 365 ProPlus や Office 365 Solo など、クイック実行版 (C2R 方式) の Outlook 2016 で、作成中のテキスト形式のメールに添付ファイルが表示されない現象が発生します。 対処方法 本現象の修正がリリースされましたのでお知らせします。 C2R 方式の Outlook 2016 をご利用のお客様の場合、既定では自動更新に設定されており、自動更新に設定されている場合は順次自動適用され、現象が解消する予定です。 自動更新に設定されている場合にただちに更新を適用するには、以下の手順の実施をお願いします。 – 手順 1. Outlook 2016 を起動します。 2. [ファイル] タブを選択します。 3. 左ペインの [Office アカウント] を選択し、右ペインに表示された [更新オプション]-[今すぐ更新] をクリックします。 4. 修正が適用され、[ファイル] タブ-[Office アカウント] の [Office 更新プログラム] の下に表示される [バージョン] が 16.0.6366.2056…