Outlook 2007/2010/2013 ではデフォルト ゲートウェイへの接続チェックが行われ、Outlook 2016 では Windows の接続チェックだけが行われる

Outlook 2007 以降では、Exchange サーバーに接続する前にネットワークの接続性のチェックを行い、ネットワークが利用不可と判断された場合には実際には Exchange サーバーに接続できる状態であったとしても「Microsoft Exchange への接続が利用できません」などのエラーが表示されて接続に失敗します。このネットワークの接続性チェックの方法は、Outlook のバージョンにより異なります。このブログ記事では、Outlook 2007/2010/2013/2016 のそれぞれの接続性チェックの方法について説明します。 Outlook 2007/2010 Outlook 2007/2010 では、Outlook 起動時やプロファイル作成時に Exchange サーバーに接続する際に以下の接続チェックを行います。 a. Outlook がデフォルト ゲートウェイが設定されているかをチェックする Outlook 2013 Outlook 2013 では、Outlook 起動時やプロファイル作成時に Exchange サーバーに接続する際に以下の接続チェックを行います。 a. Outlook がデフォルト ゲートウェイが設定されているかをチェックする b. Outlook が Windows の ネットワーク リスト マネージャー (NLM) の機能を使用して、ネットワーク接続が存在するかをチェックする Outlook 2013 ではシステム要件が Windows 7 以降となったため、b の Windows Vista 以降に搭載された…