[2/13 修正済み] 2018 年 12 月の Outlook 更新プログラムを適用後、一部ユーザーでルールの編集が編集ができない


2018/12/27 更新 : 注意事項 セクションを追加しました。また、 発生シナリオを整理し、修正いたしました。
2019/1/15 更新 : Outlook 2016 月次チャネルにて修正をリリースいたしました。
2019/2/6 更新 : Outlook 2010/2013/2016 MSI 版にて修正をリリースいたしました。
2019/2/13 更新 : Outlook 2016 半期チャネルにて修正をリリースいたしました。

 

11 月のセキュリティ更新プログラム適用後のルールに関する問題とは別の原因となりますが、 12 月の更新プログラム適用後にもルールに関する問題が発生する可能性があることがわかりましたので、この記事でご案内いたします。

事象
2018 年 12 月リリースの以下の更新プログラムの適用後の環境で、ルールで指定したメールの移動先フォルダーが存在しないなど、不完全な状態となっているルールが存在する場合、下記のエラーが発生し、ルールの設定画面が開けない/ルールの保存ができないという問題が発生します。

本事象は、2018 年 12 月の更新プログラム内に含まれるルールのチェック機能の強化により発生しています。
(11 月のセキュリティ更新プログラム適用後のルールに関する問題と、同じエラーメッセージですが異なる原因となります。)

<Outlook 2010>
Description of the security update for Outlook 2010: December 11, 2018
https://support.microsoft.com/en-us/help/4461576/descriptionofthesecurityupdateforoutlook2010december112018
※ Windows Update で展開済みです。

<Outlook 2013>
Description of the security update for Outlook 2013: December 11, 2018
https://support.microsoft.com/en-us/help/4461556/descriptionofthesecurityupdateforoutlook2013december112018
※ Windows Update で展開済みです。

<Outlook 2016>
Description of the security update for Outlook 2016: December 11, 2018
https://support.microsoft.com/en-us/help/4461544/descriptionofthesecurityupdateforoutlook2016december112018
※ Windows Update で展開済みです。

C2R 版:
月次チャネル バージョン 1811(ビルド 11029.20208) 以降のビルド
半期チャネル (対象指定) バージョン 1808 (ビルド 10730.20262) 以降のビルド
半期チャネル バージョン 1803(ビルド 9126.2336) 以降のビルド

 

発生条件
以下のすべての条件を満たす環境で、発生シナリオの手順を実施するとエラーが発生します。

・Office 2010/Office 2013(MSI 版)/2016(MSI 版、クイック実行版の両方) をご利用
・MSI 版については 2018 年 12 月の Outlook の更新プログラムを適用済み

C2R 版については以下のビルド
月次チャネル バージョン 1811(ビルド 11029.20208) 以降のビルド
半期チャネル (対象指定) バージョン 1808 (ビルド 10730.20262) 以降のビルド
半期チャネル バージョン 1803(ビルド 9126.2336) 以降のビルド

 

シナリオ例 1 :
ルールで指定したメールの移動先フォルダーが存在しないなど、不完全な状態となっている場合、かつ、該当ルールがチェック オンの状態の場合、ルールの編集画面は開きますが、編集しようとするタイミングでエラーが発生します。
該当ルールがチェックオフの場合、ルールの編集画面が開けずエラーが表示されます。

シナリオ例 2 :
既存ルールで移動先として指定しているフォルダーをその後削除した場合(※)、ルールの編集画面を開きルールを編集すると、編集のタイミングでエラーが表示されます。

※ 移動先にしているフォルダーを削除した後、一度もルールの編集画面を開いていない場合には、該当のルールはチェックオンとなっています。

シナリオ例 3 :
ルールで指定したメールの移動先フォルダーが存在しないなど、不完全な状態となっているルールを、インポートして保存すると保存のタイミングでエラーが表示されます。

 

回避方法
<Outlook 2010>
February 5, 2019, update for Outlook 2010 (KB4462182)
https://support.microsoft.com/en-us/help/4462182/february-5-2019-update-for-outlook-2010-kb4462182
※ Windows Update にて展開済み。

<Outlook 2013>
February 5, 2019, update for Outlook 2013 (KB4462141)
https://support.microsoft.com/en-us/help/4462141/february-5-2019-update-for-outlook-2013-kb4462141
※ Windows Update にて展開済み。

<Outlook 2016>
MSI 版:
February 5, 2019, update for Outlook 2016 (KB4462147)
https://support.microsoft.com/en-us/help/4462147/february-5-2019-update-for-outlook-2016-kb4462147
※ Windows Update にて展開済み。

C2R 版:
月次チャネル バージョン 1812(ビルド 11126.20266) 以降で修正済み
半期チャネル (対象指定) バージョン 1808 (ビルド 10730.20280) 以降で修正済み
半期チャネル バージョン 1803(ビルド 9126.2356) 以降で修正済み


対処方法

回避策の実施ができない場合には、以下の対処方法をご検討ください。

方法1.
Outlook.exe /cleanrules コマンドで Outlook を起動し、ルールの全削除を行います。

方法2.
発生条件となっている更新プログラムのアンインストールを行う/適用されていない Outlook で、ルールの編集画面を開き、不完全な状態となっているルール(ルールで指定したメールの移動先フォルダーが存在しないなど)を手動で変更または削除してください。
その後、更新プログラムを再度インストールした場合には、本事象は発生いたしません。


注意事項

Outlook の修正プログラムは、累積的に過去の修正内容を含む構成となっておりますことから、12 月の更新プログラムは内部的に 11 月の更新内容も含んで構成されております。
そのため、12 月の更新プログラム適用時は 11 月のセキュリティ更新プログラム適用後のルール関する問題 についてもご確認いただいた上で、適用をご検討ください。

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります.


Skip to main content