[12/6 更新] 2018 年 11 月の Outlook セキュリティ更新プログラム (32 ビット)を適用後、一部ユーザーでクライアント ルールが動作しない、ルールの編集やインポートができない


Outlook 2010/2013(MSI 版のみ)/2016(MSI 版&クイック実行版) 32 ビット版に 2018 11 月リリースのセキュリティ更新プログラムを適用すると発生する問題についてお伝えいたします。

 

事象

Outlook 2010/2013(MSI 版のみ)/2016(MSI 版&クイック実行版)  32 ビット版に 2018 11 月リリースのセキュリティ更新プログラムを適用すると、クライアント ルールが動作しない、ルールの編集ができない、ルールのインポートができないという問題が発生することがあります。

なお、事象発生時に表示されるエラ―メッセージに従って対応をいただきましても事象を解消することができません。

それぞれのセキュリティ更新プログラムのアンインストールでの回避を確認しております。

 

<Outlook 2010 >
タイトル: Outlook 2010 のセキュリティ更新プログラムについて: 2018 年 11 月 14 日
URL : <https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4461529/description-of-the-security-update-for-outlook-2010-november-13-2018>

 

<Outlook 2013 MSI 版>

タイトル : Outlook 2013 のセキュリティ更新プログラムについて2018 11 14

URL : <https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4461486/description-of-the-security-update-for-outlook-2013-november-13-2018>

 

<Outlook 2016 MSI 版>

タイトル : Outlook 2016 のセキュリティ更新プログラムについて2018 11 14

URL : <https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4461506/description-of-the-security-update-for-outlook-2016-november-13-2018>

 

<Outlook 2016 クイック実行版>

<ルールの編集画面を開いたときに表示されるエラーメッセージ>

「レジストリまたはインストールに問題があるため、操作は失敗しました。Outlook を再起動し、もう一度実行してみてください。また問題が解決しない場合は、Outlook 再インストールしてください。」
※ エラーメッセージに従って対応いただきましても事象を解消することができません

 

<ルールインポートをしたときに表示されるエラーメッセージ>

「インポートするファイルの形式が正しくありません。ルールを追加できませんでした。」

発生条件

以下すべての条件を満たす環境で発生いたします。

・ 問題となるルールが存在 (※)
・ Office 2010/2013(MSI 版)/2016(MSI 版、クイック実行版の両方) 32 ビット版を利用
・ 2018 年 11 月のセキュリティ更新プログラムを適用済み

※ 問題となるルールについては、条件や処理に依存していないことから、見た目からはどのルールが原因となって発生しているか判断をすることができないものとなります。

 

回避方法
現時点までの調査では、ルールの全削除 もしくは 更新プログラムのアンインストール以外の方法での回避を確認できておりません。

ルールの全削除後に、再作成を行う場合には、インポートなどではなく新規に作成をお試しください。
※ 問題となるルールがどのような手順で作成した場合に発生するか特定できていないので、ルールを再作成しても発生する可能性がございます。

現在の状況

現在マイクロソフトにて調査中となります。
現時点では、修正プログラムのリリース時期については確定しておりません。
リリース日について確定いたしましたら、本ブログでご案内いたします。

 

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります.


Skip to main content