IMAP/POP アカウントで References フィールドが 1 行 998 文字を超えるメッセージが送信される


現象

Outlook 2016/2013/2010 をご利用の環境で、POP/IMAP アカウントでメールの返信を繰り返していくと、References フィールドの 1 行の長さが SMTP の規約上の制限である 998 文字を超えるメッセージが Outlook から送信される場合があります。この動作は Outlook の不具合です。そしてこの動作により、中間機器が不正な通信として検知して SMTP の接続を切断し、メール送信が出来ないなどの問題が発生する可能性がございます。

 

対処方法

以下のレジストリを設定することで回避することが可能です。

 

   キー: HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\xx.0\Outlook\Options\Mail

   名前: ReferencesMaxLengthInBytes

   種類: REG_DWORD

   : 985 以下を設定 (既定値は 1000)

 

   xx の箇所は Outlook のバージョンによって以下の数字を入力する必要があります。

      (Outlook 2016 16Outlook 2013 15Outlook 2010 14)

 

上記の値は References フィールドの値として追加される文字列の最大値であり、"References: " という文字列自体の長さは含んでいません。そのため、998 文字以内に収めるには 13 文字分引いた 985 以下の値を設定する必要があります。上記の設定を行うことで、当該現象が回避するかどうかの確認をお願いいたします。

 


本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

 


Skip to main content