Outlook が予期せずオフライン状態で起動する

こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。   今回はキャッシュ モードが有効な Outlook が予期せずオフライン状態や切断状態で起動する現象についての記事です。 この状況に合致する場合、キャッシュ モード無効 (オンライン モード) の Outlook では起動自体が失敗する場合もあります。   Outlook 2016 では一部のシナリオに対して有効な動作変更が行われたバージョンが更新プログラムとしてリリース済みです。 具体的な適用方法などの詳細については後述いたします。   現象の概要 クライアント PC がネットワークに接続できる状態で、Exchange Server やネットワーク機器に障害が起こっていないにも関わらず Outlook が予期せずオフライン状態や切断状態で起動します。 [オフライン作業] ボタンでオンライン状態に戻すことができないか、戻すことができても Outlook 再起動後にオフライン状態が再発します。   キャッシュ モードが無効な (オンライン モード) の Outlook では起動自体が失敗する場合もあります。 なお、POP/IMAP アカウントなど Exchange アカウント以外のアカウントを設定した Outlook では発生しません。 Exchange Server やネットワークの障害を考慮から外すと、本現象の主な原因と対処方法には大きく分けて 2 つあります。   原因と対処…


Outlook 2013 以降ではプロファイル作成時に Exchange Active Sync 接続が試行される

こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。 今回は、Outlook 2013 以降ではプロファイル作成時に Exchange Active Sync 接続が試行される動作についてご紹介いたします。   Outlook 2013 以降では、Outlook.com 等の Exchange ActiveSync をサポートするサービスへの接続を考慮し Outlook プロファイル作成時に Exchange Active Sync 接続も自動的に行われるよう処理が追加されました。 この処理は MAPI 接続のプロファイル作成時にも自動的に行われ、また MAPI 接続の Autodiscover と Exchange ActiveSync の Autodiscover は同時に行われます。 Exchange Active Sync の Autodiscover 処理は MAPI 接続のための Autodiscover とは行われる接続なども異なります。 Title : Autodiscover for Exchange ActiveSync developers  …