[親展] メールを受信する場合、自動マッピングで追加されたメールボックスにて未読件数が表示されるが、該当メールが表示されない

こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。   フル アクセス許可の権限を持つユーザーの Outlook プロファイルに自動マッピングで追加されたメールボックス (共有メールボックスやユーザー メールボックス、リソース メールボックスなど) 上で、秘密度が [親展] に設定されたメールを受信すると、ユーザーは Outlook からこのメールを参照できません。 これは想定された動作です。 なお、自動マッピングが無効で、該当メールボックスを追加のアカウントとして追加した場合、本事象は発生しません。   秘密度が [親展] のメールは特殊なアクセス権 (非公開フラグ) により管理されており、追加のメールボックスと呼ばれる機能と同等の自動マッピングでは追加の設定を行わない限り参照ができない動作となります。 Outlook でフル アクセス許可の権限を持つユーザーが該当メールボックス上で [親展] のメールを参照するには、以下の方法があります。  Outlook on the Web をご利用する方法 自動マッピングを無効にし、Outlook にて該当メールボックスを追加のアカウントとして追加する方法 Outlook にて [ユーザーへ非公開アイテムのアクセス権] を付与する方法 (自動マッピング有効のまま) ※ Exchange Online のご利用環境の場合、Outlook on the Web かコマンドで設定する方法もありますので、補足の部分をご参照ください。   本ブログでは、上記の 3 番の方法をそれぞれご紹介します。  …


Outlook のバージョンによってブロックされる添付ファイルの種類が異なる

こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。 安全に Outlook をご利用いただくため、Outlook では既定でいくつかの添付ファイルがブロックされます。 ブロックされる添付ファイルの種類は、Outlook のバージョンや更新プログラムの適用状況によって異なります。 2018 年 6 月 28 日時点では以下の通りです。   Outlook 2016 MSI 版 16.0.4573.1000 以降 (2017 年 7 月 の更新プログラム KB4011052 以降の適用) Outlook 2016 クイック実行版 16.0.8004.1000 以降 ade、adp、app、asp、bas、bat、cer、chm、cmd、cnt、com、cpl、crt、csh、der、diagcab、exe、 fxp、gadget、grp、hlp、hpj、hta、inf、ins、isp、its、jar、jnlp、js、jse、ksh、lnk、mad、maf、mag、 mam、maq、mar、mas、mat、mau、mav、maw、mcf、mda、mdb、mde、mdt、mdw、mdz、 msc、msh、msh1、msh2、msh1xml、msh2xml、mshxml、msi、msp、mst、msu、ops、osd、 pcd、pif、pl、plg、prf、prg、printerexport、ps1、ps2、ps1xml、ps2xml、psc1、psc2、psd1、psdm1、pst、reg、scf、scr、sct、 shb、shs、theme、tmp、url、vb、vbe、vbp、vbs、vsmacros、vsw、webpnp、website、ws、wsc、wsf、wsh、xbap、xll、xnk   Outlook 2010 14.0.7188.5000 以降 (2017 年 9 月 の更新プログラムKB4011089 以降の適用) Outlook 2013 15.0.4963.1000…


[7/26 更新/解決済み] Outlook 2016 C2R 版 (キャッシュ モード) を Exchange Online に接続して利用時、クイック検索の絞り込み検索が正しく動作しないことがある

2018/7/27 更新 : バージョン 1807 (ビルド 10325.20082) で修正したため、対処方法を追加しました。 現象 クイック実行版の Outlook 2016 をキャッシュ モードで Exchange Online に接続している環境にて、クイック検索の絞り込み機能を使用した検索時(例えば、[差出人]、[件名] など) 、結果が返らない/結果が正しくないといった問題が発生することがあります。   原因 Outlook 2016 の問題により、検索リクエスト内から Accept-Language: ja-JP という言語を示す情報が欠落することがあり、Exchange Online 側で絞り込み検索の条件までを検索キーワードの 1 語として認識することがあります。   対処方法 月次チャネルのバージョン 1807 (ビルド 10325.20082)にて修正しております。 *ただちに更新を行うには [ファイル] タブ-[Office アカウント]-[Office 更新オプション] から [今すぐ更新] をクリックし、更新後に バージョン 1807 (ビルド 10325.20082) 以上に更新されていることをご確認ください。 運用回避策 すぐに修正の展開ができない場合には、以下のいずれかの方法にて運用回避をご検討ください。 ・ 以下のレジストリを作成し、Exchange Online…


Outlook の検索について

こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。 この記事では、Outlook の検索についてご説明します。   キャッシュ モードとオンライン モードの違い まず、キャッシュ モードとオンライン モードでは以下の通り検索に使うインデックスが異なります。 ※1 Exchange Online/Exchange Server 2016 と Outlook 2016 の環境では、ローカルとサーバーの両方で検索が実施されます。 How Outlook 2016 utilizes Exchange Server 2016 FAST Search   Windows Search を使わない逐次検索 OS の設定で、Outlook を Windows Search のインデックス生成対象から除外することができます。 この設定を行うと、キャッシュ モードでも Windows Search を使用せず、逐次検索を行う動作となります。 この画面は、[ファイル] タブの [オプション]-[検索]-[インデックス処理のオプション] から開くことができます。   Windows Search を使用しない逐次検索では、以下のようなメリット・デメリットがあります。 <メリット>…