Outlook 2016 の更新プログラム (MSI版の場合)


Outlook の更新プログラムは、MSI 版かクイック実行版かによって大きく仕組みが異なります。
このブログ記事では、MSI 版の Outlook の更新プログラムの概要を説明いたします。
クイック実行版の更新については こちらのブログ記事 をご覧ください。

 

MSI 版とクイック実行版の見分け方

Office 2016 には、クイック実行版 (Click-to-Run/C2R) と従来からの MSI 版の 2 つのインストール形式があります。
Office 365 ProPlus として購入してインストールしたものや、店頭でパッケージで購入したものなどはクイック実行版、ボリューム ライセンスで入手したものは MSI 版です。

クイック実行版か MSI 版か は、Outlook の場合は [ファイル] タブの [Office アカウント]、Outlook 以外の Excel や Word などの場合は [ファイル] タブ-[アカウント] をクリックし、 [更新オプション] が表示される場合はクイック実行版、[更新オプション] が表示されない場合は MSI 版です。

以下の弊社 Office サポートチームのブログ記事で確認方法を紹介していますので、ご確認ください。

クイック実行形式 (C2R) と Windows インストーラー形式 (MSI) を見分ける方法

 

MSI 版 Office の更新プログラムの特徴

MSI 版は従来からのインストール方式であり、将来リリースされる予定の Office 2019 では MSI 版は廃止される予定です。
プログラムごとやコンポーネントごとに KB 番号が付いた更新プログラムがリリースされます。

更新プログラム セキュリティ更新プログラム
英語名 Update Security Update
説明 ・不具合修正を含む累積更新プログラム
・前月の不具合修正も累積で含む
・セキュリティ更新がリリースされる月は更新はリリースされない
・セキュリティ脆弱性に対する修正を含む累積更新プログラム
・当月の不具合修正や前月以前の不具合修正も累積で含む
リリース日 米国日付の第 1 火曜
(日本では翌水曜)
米国日付の第 2 火曜
(日本では翌水曜)
参考: セキュリティ更新プログラム リリーススケジュール
配信 *1
累積更新 *2
補足  

*1 配信: Microsoft Update/WSUS/SCCM から配信できるか の配信が行われるか  (管理者が Microsoft Update/WSUS/SCCM から重要な更新を自動適用するように指定している場合は、自動適用される)
*2 累積更新: それ以前の修正が含まれているか。

参考資料:
以下の弊社 Web ページでは、Outlook 2016 に直接関係する Outlook.exe を含む Outlook 更新プログラムと Mso.dll を含む Office 更新プログラムの KB 番号を一覧で掲載しています。

Outlook and Outlook for Mac: Update File Versions

 

MSI 版 Officeの更新プログラムについてよくお問い合わせいただく質問

_________________________________________________________________________________________________________________________________________________
Q1. たとえば Outlook 2016 の 2018 年 5 月の KB4018372 に含まれている修正が適用されているかを確認するにはどうしたらいいか?

KB4018372 の更新プログラムがインストールされている場合は [コントロール パネル] の [プログラムと機能] の [インストールされた更新プログラム] に [Update for Microsoft Outlook 2016 (KB4018372) 32 Bit-Edition] のように表示されます。
ただし、Outlook の更新プログラムは累積更新であり、基本的にはそれ以前にリリースされたすべての修正を含むため、
KB4018372 が適用されておらず [インストールされた更新プログラム] に [Update for Microsoft Outlook 2016 (KB4018372) 32 Bit-Edition] と表示されていない場合でも、
KB4018372 よりも後にリリースされた Outlook の更新プログラムが適用されて Outlook.exe が 16.0.4690.1000 以降に更新されている場合は既に KB4018372 の修正が適用されています。
本来は KB4018372 に記載されているすべてのファイルのバージョンを比較して確認するべきですが、Outlook の更新プログラムには基本的にはすべてのファイルが含まれており Outlook.exe を基準にしても通常は問題ありません。

そのため、更新が既に適用されているかは以下の手順でご確認ください。

手順:
1. サポート技術情報 4018372 (KB4018372) の Web ページ にアクセスします。
2. 「File Information」の x64 または x86 の下にあるリンクを展開し、Outlook.exe のバージョンが 16.0.4690.1000 であることを確認します。
3. エクスプローラーで Office 2016 のインストール先フォルダーを開きます。

参考:
既定では Outlook 2016 のインストール先フォルダーは以下の場所です。

Windows 32 ビット版に MSI 版 Office 2013 32 ビット版 C:\Program Files\Microsoft Office\Office16
Windows 64 ビット版に MSI 版 Office 2013 64 ビット版
Windows 64 ビット版に MSI 版 Office 2013 32 ビット版 C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office16

 

4. Outlook.exe を右クリックして [プロパティ] をクリックし [詳細] タブからバージョンを確認します。

16.0.4690.1000 以上の場合は既に KB4018372 に含まれる更新が適用されています。
16.0.4690.1000 未満の場合はまだ KB4018372 に含まれる更新が適用されていません。

__________________________________________________________________________________________________________________________________________________
 Q2. Outlook の最新の更新プログラムを適用したいが、最新の更新プログラムを確認するにはどうしたらいいか?

最新の更新プログラムは、以下の更新プログラム一覧の Web サイトから確認することができます。
なお、マイクロソフトでは Microsoft Update を使用して該当の環境に適用されていないすべての更新プログラムを確認して適用することをおすすめしています。Outlook だけではなく Office や Windows の更新プログラムを確認し適用することができます。

Outlook and Outlook for Mac: Update File Versions
__________________________________________________________________________________________________________________________________________________
Q3. 対象の Outlook 更新プログラムが Microsoft Update や WSUS から配信できるかは、どのように確認したらいいか?

現在リリースされている通常の Outlook の更新プログラムは、クライアント PC で自動更新される設定にしている場合は Microsoft Update や WSUS から自動適用されますが、まれに Microsoft Updateや WSUS から配信されない場合があります (不具合が確認されて再リリースされ、広範囲に配布する必要がないと判断された場合など)。
弊社の Microsoft Update カタログ の Web ページ http://catalog.update.microsoft.com にアクセスして「Outlook 2016」や KB 番号などのキーワードで検索し、登録されている場合は Microsoft Update/WSUS/SCCMから配信することができる更新プログラムです。
[分類] に [重要な更新] または[セキュリティ問題の修正プログラム] と表示されていて管理者が Microsoft Update/WSUS/SCCM  で重要な更新を自動的に適用するように設定している場合は、自動適用されます。

__________________________________________________________________________________________________________________________________________________

参考

2014 年 12 月以前の MSI 版の Office の修正プログラムには以下の 3 種類があり、「累積更新プログラム」は Microsoft Update や WSUS から配信されていませんでした。
2015 年 1 月以降は「累積更新プログラム」と「更新プログラム」が統合されて「累積更新プログラム」が廃止され、「更新プログラム」と「セキュリティ更新プログラム」の 2 種類になりました。

* 累積更新プログラム (CU/Cumulative Update/HotFix/修正プログラム)
* 更新プログラム (PU/Public Update)
* セキュリティ更新プログラム (Security Update)


本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Skip to main content