[修正済み] KB4018376 (2018/5 Outlook 2013 更新プログラム) の IMAP サーバー接続時の不具合修正を有効にするには、レジストリ IMAPUIDRefactor が必要/修正を有効にすると、フォルダーが削除されない新たな不具合が発生するので注意

2018/8/24 更新: 2018 年 5 月の KB4018376 を適用しレジストリ IMAPUIDRefactor を作成した場合に発生するフォルダーを削除できない不具合は、2018 年 8 月の KB で修正を行ったため、記事を更新しました。 今後この不具合への対処を行う場合は、2018 年 8 月以降の Outlook 2013 更新プログラムを適用しレジストリ IMAPUIDRefactor を作成する方法で対処してください。   2018 年 5 月の Outlook 2013 更新プログラム KB4018376 には、UIDPLUS の拡張機能をサポートしていない IMAP サーバーに接続されている場合に、メール移動時にネットワーク エラーが発生すると、ネットワークが復元した後のサーバーとの同期の際に OST ファイル内の移動したメッセージが失われる不具合に対する修正が含まれています。 (英語版 KB4018376 から抜粋) Assume that Outlook 2013 is connected to an IMAP server that does not support…


[6/13 更新/解決済み] Outlook 2016 で添付ファイル付きのリッチテキスト形式のメールを転送しようとするとエラーが発生し、送信できない

2018/6/13 更新 : バージョン 1805 (ビルド 9330.2118)  で修正したため、対処方法を追加しました。 現象 クイック実行版の Outlook 2016 で添付ファイル付きのリッチテキスト形式のメールを転送しようとするとエラーが発生し、送信できない。 “このアイテムを送信できません。操作は失敗しました”   発生条件 バージョン 1804 (ビルド 9226.2114) 以降の Outlook 2016 にて発生することを確認しております。   再現手順 1. リッチテキスト形式のメールを作成する 2. 任意のファイルを添付する 3. 送信する 4. 上記メールを受信する 5. [転送]ボタンなどから転送し、送信しようとすると、以下エラーメッセージが表示され、送信できない “このアイテムを送信できません。操作は失敗しました”   対処方法 月次チャネルのバージョン 1805 (ビルド 9330.2118) にて修正しております。 *ただちに更新を行うには [ファイル] タブ-[Office アカウント]-[Office 更新オプション] から [今すぐ更新] をクリックし、更新後に バージョン 1805 (ビルド…


【修正済み】Windows 10 April 2018 Update (バージョン 1803) を適用後、Outlook での文字入力に問題が発生する

2018/7/25 更新: この不具合の修正を含む、Windows 10 修正プログラム KB4340917 (OS Build 17134.191) がリリースされました。   現象 Windows 10 April 2018 Update (バージョン 1803) を適用後に Outlook で文字入力をしていると、文字が勝手に確定されたり、重複して入力されてしまう問題が発生します。   発生条件 Windows 10 April 2018 Update (バージョン 1803) を適用した Windows 10 環境の Outlook で発生します。   対処方法 (2018/7/25 update) Windows 10 の修正プログラム KB4340917 (OS Build 17134.191)  を適用することで、本現象が回避いたします。   Title: July 24, 2018—KB4340917 (OS…


Outlook 2016 の更新プログラム (クイック実行版の場合)

Outlook の更新プログラムは、MSI 版かクイック実行版かによって大きく仕組みが異なります。 このブログ記事では、クイック実行 版の Outlook の更新の概要を説明いたします。 MSI 版の更新については こちらのブログ記事 をご覧ください。   MSI 版とクイック実行版の見分け方 Office 2016 には、クイック実行版 (Click-to-Run/C2R) と従来からの MSI 版の 2 つのインストール形式があります。 Office 365 ProPlus として購入してインストールしたものや、店頭でパッケージで購入したものなどはクイック実行版、ボリューム ライセンスで入手したものは MSI 版です。 MSI 版か クイック実行版かは、Outlook の場合は [ファイル] タブの [Office アカウント]、Outlook 以外の Excel や Word などの場合は [ファイル] タブ-[アカウント] をクリックし、 [更新オプション] が表示される場合はクイック実行版、[更新オプション] が表示されない場合は MSI 版です。 以下の弊社 Office サポートチームのブログ記事で確認方法を紹介していますので、ご確認ください。 クイック実行形式…


Outlook 2016 の更新プログラム (MSI版の場合)

Outlook の更新プログラムは、MSI 版かクイック実行版かによって大きく仕組みが異なります。 このブログ記事では、MSI 版の Outlook の更新プログラムの概要を説明いたします。 クイック実行版の更新については こちらのブログ記事 をご覧ください。   MSI 版とクイック実行版の見分け方 Office 2016 には、クイック実行版 (Click-to-Run/C2R) と従来からの MSI 版の 2 つのインストール形式があります。 Office 365 ProPlus として購入してインストールしたものや、店頭でパッケージで購入したものなどはクイック実行版、ボリューム ライセンスで入手したものは MSI 版です。 クイック実行版か MSI 版か は、Outlook の場合は [ファイル] タブの [Office アカウント]、Outlook 以外の Excel や Word などの場合は [ファイル] タブ-[アカウント] をクリックし、 [更新オプション] が表示される場合はクイック実行版、[更新オプション] が表示されない場合は MSI 版です。 以下の弊社 Office サポートチームのブログ記事で確認方法を紹介していますので、ご確認ください。 クイック実行形式…


[8/13 更新] Exchange Online 接続時、オンライン モードの高度な検索で正しく検索ができない

こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。 この記事では、[高度な検索] 機能で正しく検索ができない問題について説明します。   現象 [高度な検索] 機能で以下のような検索を行った場合に結果が正しく表示されない問題が発生します。 A. 宛先をアドレス帳などから指定して受信トレイや送信済みアイテム フォルダーの検索を行う B. 差出人にフルネームや名前の途中までを入力して受信トレイの検索を行う   発生条件 オンライン モードの Outlook で Exchange Online に接続した際に、一部のユーザーで発生する場合があります。   原因 A、B ともに Exchange Online の不具合によって発生しています。 A については修正が完了し、日本リージョンでの展開は終わっています。 B については現在調査中です。調査に進展があり次第、記事を更新予定です。   回避策 方法 1: キャッシュ モードを利用する Outlook をオンライン モードからキャッシュ モードに変更することで検索できるようになります。 <キャッシュ モードへの変更手順> 1. Outlook の [ファイル] タブを選択し、[アカウント設定]-[アカウント設定] をクリックします。 2. [電子メール]…