Outlookをご使用になる際の注意点:メールや連絡先などのデータ保存先について


Outlook 2010 以降では、POP アカウントを利用して、Outlook のアカウント設定を行った場合、メールデータの保存先は、ドキュメントフォルダー内の [Outlook ファイル] というフォルダーになります。

 

 

Outlook もその一つになりますが、ドキュメントフォルダーは、様々なアプリケーションで作成されたデータが格納されます。

ドキュメントフォルダー内を整理される際などに、誤ってこの [Outlook ファイル] フォルダーを削除されたり、移動されたりしないようお願いいたします。

[Outlook ファイル] フォルダーが、ドキュメントフォルダーにない状態で Outlook を起動した場合に、次の現象が発生する場合があります。

 

・ファイル C:\Users <中略>.pst は見つかりません。」といった画面が表示される

 

・0x8004010F エラーが表示され、Outlookでメールの送受信ができない状態になる

 

・起動時に「Outlook データ ファイルのパスワード」画面が表示され、パスワード入力が求められる

 

 

これらの現象が発生した場合は、以下の対処方法をご確認いただき、現象の回避をお願いいたします。

対処方法

A.  [Outlook ファイル] フォルダーを消した、移動した記憶がないかの確認

B.  見つかったデータ ファイルを既定の場所に戻し、Outlook が起動できるかの確認

C. 新規データ ファイルを作成し、Outlook が起動するかの確認

D. 正常に送受信できるか確認する

 

A.  [Outlook ファイル] フォルダーを消した、移動した記憶がないかの確認

ごみ箱内に、「Outlook ファイル」フォルダまたは「<メールアドレス>.pst」があるか探します。

ごみ箱になければ、データを移動したり整理した記憶がないかご確認ください。

├ データが見つかった場合:B.見つかったデータ ファイルを既定の場所に戻し、Outlook が起動できるかの確認

└ データが見つからない場合:C.新規データ ファイルを作成し、Outlook が起動するかの確認 

 

B.  見つかったデータ ファイルを既定の場所に戻し、Outlook が起動できるかの確認
1. まず、見つかったデータを右クリックし[切り取り]をクリックします。

※「Outlook ファイル」フォルダーがあった場合も同じ操作を行ってください。

2. 続いて元の場所に貼り付ける作業となりますが、見つかったデータによってデータの戻し方が異なります。

   ・「Outlook ファイル」フォルダーの場合:ドキュメントに「Outlook ファイル」を貼り付けます

   ・データ ファイル(.pst)の場合:「Outlook ファイル」フォルダーの中に[データ ファイル(.pst)]を貼り付けます

データの貼り付け時に「置き換えますか?」とメッセージが出てきた場合は[はい]で進みます。

 

3. Outlook が起動できるか確認します。起動できることを確認できましたら、以前のデータが復元されているか確認します。

起動が問題なくできれば、もしデータがなかった場合においても、D.正常にメールの送受信できるかの確認に進み送受信ができるか確認してみてください。

 

C. 新規データ ファイルを作成し、Outlook が起動するかの確認
1. エラー画面を[OK]で進みます。以下の画面になりますので、まずは「ファイルの場所」を確認します。

ファイルの場所:[ドキュメント]になっている場合は[Outlook ファイル]をダブルクリックします。

ファイルの場所: [Outlookファイル] が開かれている場合は、次へ進みます。

2. 次の画面はそのまま[開く]をクリックします。(ファイル名には、「メールアドレス.pst」などと表示されます)

3. 「Outlook データファイルの作成」画面が出てくるので[パスワード]欄は空欄のまま[OK]をクリックします。

4. Outlookが起動できるか確認します。問題なければ、正常にメールの送受信できるかの確認に進み送受信ができるか確認してみてください。

(問題なければ、[OK]を押すと、自動的にOutlookが起動する場合もあります。)

 

D. 正常に送受信できるか確認する

1. テストメール送信

ご自身あてに、テストメールを送信しましょう。

無事受信できれば完了です。

もし「0x8004010F」エラーが発生した場合は 2.配信場所の確認 に進みます。

 

2.配信場所の確認

1. 画面左上の [ファイル] タブをクリックします。

2. 画面内の [アカウント設定] をクリックすると、直下に[アカウント設定(A)] と表示されますのでクリックします。

3. 「電子メール アカウント」画面が表示されましたら、設定しているアカウントを選択し [フォルダーの変更(F)] ボタンをクリックします。

4. 「新しい電子メール配信場所」画面を開き、[フォルダーの選択(C)] 欄を確認します。

※ ご利用のメールアドレスの左側に +(プラス) マークがある場合は一度クリックし、-(マイナス) マークに変えてください。

-(マイナス) マークの状態にすると、ご利用のメールアドレスの下に [受信トレイ] と表示されますのでクリックし、文字が青く反転したら [OK] をクリックします。

5.「電子メール アカウント」画面に戻ります。先ほどまで、[フォルダーの変更(F)] ボタン右側の空欄だった場所に、ご自身のメールアドレスが表示されましたら操作は完了です。「電子メール アカウント」画面を閉じ、改めて送受信可能かご確認ください。送受信できればこれで操作は完了です。上記手順を踏んでも、[フォルダーの変更(F)] ボタン右側が空欄の場合、以下の手順を実施します。

6. 再度アカウントを選択、 [フォルダーの変更] をクリックし、[新しいフォルダー] をクリックします。

7.「新しい電子メール配信場所」画面が表示されたら、左側は[受信トレイ]を選択し、続けて右側[新しいフォルダー]をクリックします。

8. [フォルダー名] [1] と入力し、[OK] をクリックします。

9. 戻った画面で、今、作成した[1]フォルダーが選択されていることが確認できたらそのまま [OK] で閉じます。

10. [フォルダーの変更] の右側に [xxx@xxx\受信トレイ\1] と表示されます。

11. 再度 、[フォルダーの変更] をクリックし、今度は、[受信トレイ] を選択し [OK] をクリックします。

12.[フォルダーの変更]欄に、[メールアドレス¥受信トレイ]と表示されていれば完了です。アカウント設定画面を閉じ、改めて送受信できるか確認してください。

13.問題なく送受信ができたら、先ほど作成した [1] というフォルダーは削除しておきます。

フォルダーの上で右クリックし、[フォルダーの削除] で削除可能です。

 

参考資料

「ファイル C:\Users...~.pst は見つかりません。」というエラーが出て Outlook が起動できない

Outlook 2010 または 2013 で電子メールを送受信する際に表示される 0x8004010F エラー

 

本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。


Skip to main content