クイック実行版 Outlook 2016 のバージョン 1706 ~ 1708 で Outlook アドインで導入したコンテキスト メニューが表示されない


こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。

Office 365 ProPlus の Outlook 2016 (クイック実行版) の一部のバージョンで、右クリックでコンテキスト メニューを表示する Outlook アドインが動作しない事象が発生します。
※Office 2016 Professional Plus の Outlook 2016 (MSI 版) では、事象の発生は確認されていません。

なお、クイック実行版と MSI 版とを見分ける方法については以下のブログをご確認ください。
Title : クイック実行形式 (C2R) と Windows インストーラー形式 (MSI) を見分ける方法
URL : https://blogs.technet.microsoft.com/officesupportjp/2016/09/08/howto_c2r_or_msi/
※画面ショットでは Excel となっていますが、Outlook でも同じ方法でご確認いただけます。

 

事象の詳細

- 事象が発生していない時の状況
まず、下図に事象が発生しない時の状況を示します。
アイテムに含まれる連絡先の部分を右クリックした際に、[My Dynamic Menu] というコンテキスト メニューを表示する Outlook アドインを導入しているとします。
正しくメニューが表示され、クリックすることで実行できます。
下図の例では、実行することでポップアップが表示されています。


 

- 事象が発生する時の状況

次に、下図に事象が発生する時の状況を示します。
Outlook の不具合が原因で、同じ操作をしてもコンテキスト メニューの内容が表示されず、実行できません。

 

事象が発生するバージョンと確認方法

- 事象が発生するバージョン
以下が確認されている事象発生バージョンとなります。
 バージョン 1706 / 1707 / 1708
なお、バージョン 1705 以下、および 1709 以上では発生しないことを確認しています。

- バージョンの確認方法
Outlook 2016 クイック実行版のバージョンは以下の画面より確認できます。
[ファイル]-[Office アカウント]
下図に当該画面を示します。
この画面ではどのバージョン、ビルド、チャネルを利用しているかを確認できます。

[月次チャネル] [段階的提供チャネル] [半期チャネル (対象限定)]

以下も参考としてください。
Title : 所有している Outlook のバージョンが不明な場合
URL : https://support.office.com/ja-jp/article/b3a9568c-edb5-42b9-9825-d48d82b2257c

 

対処方法

設定などでは回避できないため、事象が発生しないバージョンに変更していただく必要があります。
現在ご利用のチャネルによって対処方法は異なります。

 

- [月次チャネル] (旧名称 : [現在のチャネル]) をご利用の場合

最新バージョンに更新します。

手順
~~~~
1. [ファイル]-[Office アカウント]-[更新オプション] をクリックします。
もし、[更新を有効にする] が表示されている場合はクリックします。表示されていない場合は次に進みます。
2. [今すぐ更新] をクリックします。インターネットから Office 365 ProPlus 当該チャネルの最新バージョンがダウンロードされ、インストールされます。

 

- [段階的提供チャネル] (※ 2018 年 1 月より、[半期チャネル] という名称に変更となります)
 および [半期チャネル (対象限定)] (旧名称 : [段階的提供チャネル向けの最初のリリース]) をご利用の場合

まだバージョン 1709 以上のリリース予定日は決まっていないため、事象が発生しないバージョン 1705 に変更します。

手順
~~~~
1. すべての Office アプリケーションを終了します。
2. コマンド プロンプトを管理者権限で開きます。
以下の手順で実行します。
a. [スタート] ボタンをクリックします。
b. "cmd" と入力します。検索ボックスに自動的に入力されます。
c. 最も一致する結果として、コマンド プロンプトが表示されますので、右クリックして [管理者として実行] をクリックします。
3. コマンド プロンプトで、以下のコマンドを入力して実行します。
cd %programfiles%\Common Files\Microsoft Shared\ClickToRun
4. 以下のコマンドを入力して実行します。
[段階的提供チャネル] の場合 :
officec2rclient.exe /update user updatetoversion=16.0.8201.2209
[半期チャネル (対象限定)] の場合 :
officec2rclient.exe /update user updatetoversion=16.0.8201.2171

5. 当該バージョンの Office のダウンロードと自動インストールが完了したら、Outlook を起動します。
6. [ファイル]-[Office アカウント]-[更新オプション] をクリックし、[更新を無効にする] をクリックします。
※この手順は非常に重要です。Office の最新バージョンが自動的に再度インストールされるのを防ぐため、確実に実行してください。

 

[段階的提供チャネル] および [半期チャネル (対象限定)] で バージョン 1709 以上がリリースされたら、以下の手順を実行してください。

手順
~~~~
1. [ファイル]-[Office アカウント]-[更新オプション] をクリックします。
[更新を有効にする] をクリックします。
2. [今すぐ更新] をクリックします。インターネットから Office 365 ProPlus 当該チャネルの最新バージョンがダウンロードされ、インストールされます。

- 参考情報
Title : Office 365 ProPlus 更新プログラム チャネルの概要
URL : https://support.office.com/ja-jp/article/9ccf0f13-28ff-4975-9bd2-7e4ea2fefef4

Title : Office 365 ProPlus 更新プログラムの管理に関する今後の変更の概要
URL : https://support.office.com/ja-jp/article/78b33779-9356-4cdf-9d2c-08350ef05cca

Title : 更新プログラム チャネル リリースのバージョン番号とビルド番号
URL : https://support.office.com/ja-jp/article/ae942449-1fca-4484-898b-a933ea23def7

 

本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Skip to main content