Outlook 2016 では構成情報を直接記入するローカル XML がサポートされない


こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。

今回は Outlook における AutoDiscover においてローカル XML を参照させる場合にご留意いただきたい内容についてご紹介します。

まず、前提となる AutoDiscover の機能についてですが、Outlook は AutoDiscover によりサーバーから構成情報を取得する動作を行います。

AutoDiscover で取得される情報には以下のようなものがあり、サーバー側で動的に変更される可能性のある情報を最新の状態で取得することを目的に設計されています。

・メールボックスへの接続に必要なサーバー名
・接続に使用可能なプロトコル
・メールボックスの GUID (Exchange Server 2013 以降)、
・空き時間情報の取得などに使用される Exchange Web Service (EWS) の URL
・オフライン アドレス帳のダウンロード URL
・パブリック フォルダー接続のための情報
・フル アクセス許可により自動マッピングされるメールボックスの情報
・他

Exchange 環境の Outlook は Exchange Server の AutoDiscover 仮想ディレクトリにアクセスして、サーバーが生成した構成情報を XML ファイルの形式で取得します。

Outlook による AutoDiscover では追加の設定を行うことによってサーバー側が生成した XML ではなくローカルの XML を参照させることも可能ですが、マイクロソフトでは切り分けなどにおける一時的な使用を除き、ローカル XML による AutoDiscover を推奨していません。
理由は上述した通り、AutoDiscover により取得される構成情報はサーバーが必要に応じて変更を加えることが予想され、サーバーから最新の情報を取得する必要があるためです。

また、Outlook 2016 では Outlook 2010/2013 で使用できていた構成情報を直接記述するローカル XML の参照をサポートしていません

ローカル XML の記述方法には以下の 2 通りがあります。
・ 構成情報を直接記述する方法
・ Exchange Server の AutoDiscover が可能な URL へ誘導するリダイレクトの情報だけを記述する方法

Outlook 2010/2013 では <User> パートを省くことでローカル XML に直接構成情報を記述して使用することが可能でしたが、Outlook 2016 では AutoDiscover で取得する XML 内に <User> </User> タグで囲まれたユーザー情報のパートを必ず確認するように動作が変更されましたので、<User> パートが必要となっています。

AutoDiscover は予定表参照などにおいても使用され、参照先のメールボックス毎に異なる構成情報を取得する必要がありますが、ローカル XML では 1 通りの構成情報しか使用することができないことから、
Outlook 2016 では事実上構成情報を直接記述するローカル XML をサポートしておらず、リダイレクトの XML のみが使用可能です。

- 参考
AutoDiscover により取得される構成情報は応答 XML のスキーマとして以下の技術情報にてご紹介しています。

Title : Outlook 2010 におけるユーザー アカウント自動構成の計画
URL : <https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc511507(v=office.14).aspx>

本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。


Skip to main content