終日の予定が空き時間と表示されるので、既定の [公開方法] を変更したい

こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。 [終日] のオプションがチェック オンの予定として作成した場合と、チェック オフで作成した場合とで、[公開方法] の既定値の動作が異なるというお問合せや、予定表アイテムの [公開情報] の既定値を変更設定できるかというお問合せを多くいただくことがあります。 結論からお伝えすると、[公開方法] の既定値はアイテムの種類によって固定化されているため、変更する方法はありません。 また、[公開方法] の選択肢として、新しい候補を追加できるかや、既存の”仮の予定”や”外出中”候補の項目名を変更できるかというお問い合わせもありますが、こちらも固定化されているため、カスタマイズすることはできません。 今回はこれらに関連する動作ついてご説明します。   Outlook に予定を追加する際、[終日] のチェックのオン/オフで、Outlook はそれが “予定” なのか “イベント” なのかを判断します。 また、”予定” なのか “イベント” なのかで、公開方法の既定値が異なります。   [終日] のチェックがオフの場合、タイトルバーには ”予定” と表示され、公開方法の既定値は [予定あり] となります [終日] のチェックがオンの場合、タイトルバーには ”イベント” と表示され、公開方法の既定値が [空き時間] となります   なぜ “イベント” が既定で [空き時間] となるかについては、以下のように定義されていることに起因します。   イベントの詳細 通常、イベントは 1 回だけ発生し、1 日または数日間続く場合がありますが、 誕生日や記念日などの例年のイベントは年に…


Excel/Word/テキストなどのファイルを選択して、右クリックメニューから[送る]-[メール受信者] を実行した際に Outlook のメール本文が文字化けする問題

日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。 Excel/Word/テキスト形式など、ディスクに保存されているファイルを選択して、右クリックメニューから[送る]-[メール受信者] を実行した際に Outlook のメール本文が文字化けする問題が発生します。 本問題は、特定の環境でのみ発生しますが、現時点では制限事項となっています。 詳細につきましては以下をご確認ください。   現象 – 現象再現手順 1. ファイルを選択し、右クリックします。 2. 表示されたメニューで [送る]-[メール受信者] をクリックします。 – 現象 手順 1 で選択したファイルが添付された状態で、Outlook の新規メールウィンドウが開きますが、上記の操作を実行した場合には、自動で以下の文章が挿入されます。 「次のファイルまたはリンクを添付して、メッセージを送信する準備ができました:”添付するファイル名” 」 現象発生時は、自動挿入される文章が文字化けした状態となります。 現象発生条件 本問題は、Outlook と Exchange Server の以下のバージョンの組み合わせで、キャッシュ モード オフで接続している場合にのみ発生します。 – Outlook のバージョン Outlook 2007/2010 でのみ発生し、Outlook 2013 以上では発生しません。 – Exchange のバージョン Exchange 2013 CU14 以上で発生しますので、Exchange 2016 および Exchange Online…


Outlook 2016 では構成情報を直接記入するローカル XML がサポートされない

こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。 今回は Outlook における AutoDiscover においてローカル XML を参照させる場合にご留意いただきたい内容についてご紹介します。 まず、前提となる AutoDiscover の機能についてですが、Outlook は AutoDiscover によりサーバーから構成情報を取得する動作を行います。 AutoDiscover で取得される情報には以下のようなものがあり、サーバー側で動的に変更される可能性のある情報を最新の状態で取得することを目的に設計されています。 ・メールボックスへの接続に必要なサーバー名 ・接続に使用可能なプロトコル ・メールボックスの GUID (Exchange Server 2013 以降)、 ・空き時間情報の取得などに使用される Exchange Web Service (EWS) の URL ・オフライン アドレス帳のダウンロード URL ・パブリック フォルダー接続のための情報 ・フル アクセス許可により自動マッピングされるメールボックスの情報 ・他 Exchange 環境の Outlook は Exchange Server の AutoDiscover 仮想ディレクトリにアクセスして、サーバーが生成した構成情報を XML ファイルの形式で取得します。 Outlook による…


以前のバージョンで使用していたパブリック フォルダーへのショートカットやハイパーリンクが使用できない

こんにちは。Outlook サポート チームです。 Outlook 2007 までは使用できていたパブリック フォルダーのショートカットやハイパーリンクが Outlook 2010 以降では使用できなくなってしまった、とお問合せをいただくことがあります。 Outlook 2010 以降では、ショートカットの機能は廃止されており、リンクも段階的に機能を廃止しているため、Outlook 2007 以前に使用していたこれらの機能を Outlook 2010 以降ではそのまま使用することはできません。 今回はこれらの機能についてと廃止された背景についてご紹介いたします。   パブリック フォルダーへのショートカット について (.xnk) パブリック フォルダーへのショートカットの実態は xnk ファイルとなりますが、この xnk ファイルは危険がある可能性があるファイルとして、利用を意図的にブロックしております。 Outlook 2007 までは、xnk 拡張子ファイルを Outlook へ関連付ける設定が可能でしたが、Outlook 2010 以降ではこの関連付けの設定も行うことができないよう、製品仕様が変更になりました。 具体的には、Outlook.exe の起動スイッチのうち、/x という xnk ファイルを開くためのスイッチが削除されているため、使用できません。 そのため、Outlook 2010 以降では、パブリックフォルダへのショートカットをご利用になれるような設定はございません。   パブリック フォルダーへのハイパーリンク (outlook:\\ プロトコル) Outlook 2007 以前と Outlook…


Outlook 2013/2016 でリッチテキスト形式で複数ファイルを添付して送信すると、添付ファイルの名前と内容が入れ替わりファイルが開けない

日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。 Outlook 2013 または Outlook 2016 の 2017 年 2 月または 3 月の更新プログラムを適用している Outlook から、リッチテキスト形式で複数ファイルを添付して送信した際、添付ファイルの名前と内容が入れ替わる問題が発生します。 現象の発生条件および対処方法については以下をご確認ください。   現象 Outlook 2013/2016 で複数ファイルを添付すると、添付ファイルの名前と内容が入れ替わる問題が発生します。 この時に、拡張子まで入れ替わった場合には、添付ファイルが開けない現象となります。 本現象は、以下の発生条件で発生しますが、条件を満たしている場合でも 100 %  発生する現象ではございません。   現象発生条件 – Outlook のバージョン 本現象は MSI 版の Outlook 2013/2016 でのみ発生し、クイック実行版では発生しません。 Outlook 2010 では発生しません。   – メール形式 リッチテキスト形式でのみ発生し、HTML 形式およびテキスト形式では発生しません。   – 原因の発生原因となる更新プログラム 本現象は以下の 2017 年 2…


2017 年 6 月 1 日より、Outlook for iOS/Android で Exchange アカウント タイプを用いて Exchange Online へ接続することはできなくなります

2017/4/19 更新: Q1. と Q2. の内容を更新しました。Q7. を追加しました。 こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。 全ての Exchange Online をご利用いただいているユーザー様は、2017 年 6 月 1 日より、Outlook for iOS/Android で Exchange アカウント タイプを用いて Exchange Online へ接続することはできなくなります。   Title : Office 365 のお客様向けクライアント アクセス ルールのアップデート URL : https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4013974/update-of-client-access-rules-for-office-365-customers ※「Outlook for iOS および Outlook for Android の変更に伴う影響」 の項目をご確認ください。 今回はこの動作変更についてよくある質問とそれに対する回答をまとめました。   Q1. 影響を受けるユーザーは、どのようなユーザーですか ? A1….


ハイブリッド環境で Outlook 2010 利用時に認証エラーが発生し、認証ダイアログが表示されることがある

こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。 ハイブリッド環境にて Outlook 2010 を利用する際に認証ダイアログが表示される事象について紹介いたします。 事象 ハイブリッド環境にて Outlook 2010 利用時に認証ダイアログが表示されることがある。 資格情報を入力すると認証ダイアログは消えるが、資格情報を端末に保存していても認証ダイアログが表示される事象が再発することがある。 発生条件 ・ オンプレミス Exchange は 基本認証以外(NTLM /Negotiate 認証) を使用し、Exchange Online は基本認証を使用している。 ・ Outlook 2010 を利用している ・ 自分自身のメールボックスはオンプレミス Exchange サーバーにあり、Exchange Online ユーザーの予定表を参照している。 原因 Outlook 2010 をご利用の場合の制限事項となります。 詳細) オンプレミス ユーザーが、Exchange Online 側にメールボックスがあるユーザー の予定表にアクセスする場合、Exchange Online 側に AutoDiscover を実施します。 この時 Exchange Online への認証が必要になりますので認証方式は基本認証となりますが、Outlook 2010 をご利用の場合オンプレミス…