Outlook を Exchange 2013/2016 にオンライン モードで接続して利用する際、POP アカウントのメールが意図せず既読になる


事象
Outlook を Exchange 2013/2016 にオンライン モードで接続して利用する際、POP アカウントのメールが意図せず既読になる問題が発生します。

 

発生条件
以下のすべての条件を満たす場合事象が発生することを確認しております。

・ Exchange 2013/2016 を利用 (Exchange 2007/Exchange 2010 では発生いたしません)
・ オンライン モードで Outlook を利用
・ Outlook に Exchange アカウントと POP アカウントをそれぞれ追加し、POP アカウントの配信先を Exchange アカウントのメールボックスに変更
(POP アカウントで受信したメッセージを Exchange アカウントのメールボックス内で確認ができる状態になります。)

 

原因
Outlook の問題により発生しておりますが、製品の改修については見送られており、制限事項となります。
(Exchange 2010 以前では、本内部動作に関連する Exchange 側の処理に問題があり事象が発生しておりませんでした。)

 

回避策

以下の手順を実行すると、POP アカウントの配信先が PST ファイルに変更されますが、仕分けルールによって受信時に Exchange アカウントの受信トレイにメールが移動されます。
結果として、POP アカウントで受信したメッセージを Exchange アカウントのメールボックス内で確認可能となります。

1. Outlook を起動します。

2.POP アカウントの既定の配信先を PST ファイルに戻します。
2-1. [ファイル]-[情報]-[アカウント設定]-[アカウント設定] をクリックします。
2-2. [電子メール] タブ (もしくは [メール]タブ) で POP アカウントを選択し、[フォルダーの変更] をクリックします。
2-3. [フォルダーの選択] から、POP アカウントの受信トレイを選択します。
2-3. [閉じる] をクリックします。

3. Exchange メールボックスに 2 重配信されることを防ぐため、一旦 POP のアカウントのメールを受信します。
3-1. [送受信]-[送受信] [すべてのフォルダーを送受信] をクリックします。
3-2. POP のアカウントの受信トレイなどにメールが受信されたことを確認します。
(POP アカウントのサーバー上にメールが残されていなければメールは受信しませんので、受信の操作が完了したことを確認いただければ問題ございません)。
3-3. POP アカウントの受信トレイなどに受信したメールに、Exchange メールボックスに配信されていないものがあれば、手動で移動を行ってください。
その他の POP アカウントの受信トレイなどに受信したメールは、今後不要のため、必要に応じて削除してください。

4. Exchange メールボックスにメールを移動する仕分けルールを作成します。
4-1. [ホーム]-[移動]-[ルール]-[仕分けルールの作成] をクリックします。
4-2. [仕分けルールの作成] 画面が開きますので、[詳細オプション] をクリックします。
4-3. 上ペインから [指定された アカウントを経由した場合] を選択し、下ペインで [指定された] の部分をクリックして POP アカウントにし、[次へ] をクリックします。
4-4. 上ペインから [指定 フォルダーへ移動する] を選択し、下ペインで [指定] の部分をクリックして Exchange アカウントの受信トレイを選択し、[次へ] をクリックします。
4-5. [次へ] をクリックします。
4-6. [完了] をクリックします。
4-7. 作成したルールがクライアント ルールであることを示す警告が表示されますが、[OK] をクリックします。
4-8. 必要に応じて [仕分けルールと通知の管理] 画面を使用してルールの優先順位を変更してください。

5. 送受信を行い、POP アカウント宛てのメールが Exchange アカウントの受信トレイに配信され、未読であることをご確認ください。

 
本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。


Skip to main content