Outlook アドインで Quit イベントを登録すると Outlook 2007/2010 で会議出席依頼の承諾状況が反映されなくなる問題


こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。
この記事では、Outlook アドインで Quit イベントを登録した場合に起きる問題についてご説明します。

 

現象
アドインの動作によって、会議の承諾状況が反映されなくなる事象が発生します。

- 再現手順
1. Outlook アドインで以下のように Quit イベントを登録します。

((Outlook.ApplicationEvents_11_Event)this.Application).Quit += new Microsoft.Office.Interop.Outlook.ApplicationEvents_11_QuitEventHandler(ThisAddIn_Quit);

2. 上記 1 のアドインをユーザー A のクライアントにインストールします。
3. ユーザー A の Outlook 2007 または Outlook 2010 で、ユーザー B に会議出席依頼を送信します。
4. ユーザー A の予定表で、上記 3 で送信した会議アイテムをダブルクリックして開きます。このとき、[変更内容を送信(S)] ボタン上部に「出席依頼メッセージへの返信はまだありません。」と表示されます。

 

2017-02-17_143716

 

5. ユーザー A の Outlook で開いた会議アイテムを閉じます。
6. ユーザー B のクライアントで会議出席依頼を受信し、承諾、仮承諾、辞退のいずれかを行います。
7. ユーザー A の Outlook で再度同じ会議アイテムを開き、[会議] タブの [履歴管理] をクリックします。ユーザー B が承諾したことが表示されます。

 

2017-02-17_143935

 

しかし、[変更内容を送信(S)] ボタン上部には引き続き「出席依頼メッセージへの返信はまだありません。」と表示されます。

 

2017-02-17_143716


発生条件

以下のすべての条件を満たす場合に発生します。

・ Outlook 2007 または Outlook 2010
・ .NET Framework 3.5 ベースの VSTO アドイン


対処方法

以下のいずれかにて対処することをご検討ください。

・ Outlook 2013 以降を使用する。
・ アドインのターゲット フレームワークのバージョンを .NET Framework 4 以降に変更する。

2017-02-17_153220

 

________________________________________

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Skip to main content