Office 365 を利用する場合に、Office 2010 などの古い Office から最新の Office へ移行する必要がある理由


Office 365 を快適に利用し最大限活用いただくため、マイクロソフトは最新の Office クライアント製品に更新して利用することをおすすめしています。

Office 365 を利用するのに最適な Office 製品

Office 365 は、以下の Office クライアント製品で動作するように設計されています。

・最新に更新した Office 2016 クイック実行版 (Office 365 ProPlus 2016)
・最新に更新した Office 2016 MSI 版 (ボリュームライセンス)
・最新に更新した Office 2013 MSI 版 (ボリュームライセンス)
・最新に更新した Office 2016 for Mac
・最新に更新した Office 2011 for Mac

マイクロソフトでは最新の更新プログラムを随時 Office 365 のサーバー製品に適用しており、最新のバージョンにあわせて Office の更新プログラムをリリースしています。
Office の更新プログラムでは、Office 365 を使用する場合のパフォーマンスを向上するための修正や新機能も提供されます。
予期しない問題が発生することを未然に防ぎ、快適にご利用いただくため、Office 製品を最新に更新してご利用いただくことを強く推奨いたします。

古い Office 製品を推奨できない理由

以下の製品からも、引き続き Office 365 をご利用いただくことはできます。

・最新ではない Office 2016 クイック実行版 (Office 365 ProPlus 2016)
・最新ではない Office 2016 MSI 版 (ボリュームライセンス)
・最新ではない Office 2013 MSI 版 (ボリュームライセンス)
・最新ではない Office 2016 for Mac
・最新ではない Office 2011 for Mac
・Office 2013 クイック実行版 (Office 365 ProPlus 2013)
・Office 2010 MSI 版 (ボリュームライセンス)
・Office 2007 MSI 版 (ボリュームライセンス)

しかし、以下のデメリットがあることからマイクロソフトでは上記の環境で Office 365 を利用することを推奨しておりません。
できる限り速やかに最新の Office への移行をお願いいたします。

  • Office 365 のサーバー製品は上記のの環境を前提に設計されていないため、予期しない問題が発生する可能性があり、パフォーマンスも徐々に低下する。
  • に対しては、今後不具合が確認されても修正がリリースされない。
  • セキュリティ更新のリリースは、Office 365 ProPlus 2013 は 2018/4/10 (日本日付 4/11) まで。他の Office 製品は延長サポートフェーズ終了日まで。それ以降はリリースされない。
  • MAPI/HTTP に対応していないバージョンの Outlook for Windows () では、MAPI/HTTP に対応しているバージョンに比べてセッション数が多く、パフォーマンス向上のメリットを受けられない。 参考ブログ記事
  • 2017/10/31 に Outlook Anywhere (RPC/HTTP) の接続のサポートが終了すると、MAPI/HTTP に対応している Outlook for Windows () へバージョンアップして利用する必要がある。 参考ブログ記事
  • 新しいバージョンでのみ利用できる以下のような機能があり、今後も機能が追加される可能性がある。
    • サイトメールボックス (SharePoint サイトで作成するメールボックス)
    • Office 365 グループ

→ MAPI/HTTP に対応している Outlook については、こちらの記事の「3. MAPI/HTTP に対応している Outlook」をご覧ください。

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Skip to main content