KB 3094186 にある解決策につきまして


こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。

今回は KB 3094186 にある修正内容について補足させていただきます。まず KB 3094186 が修正している事象の内容をご説明いたします。

 

-KB 3094186 が修正する事象内容

Windows 10 で Outlook 2010 Outlook 2007 を利用して IE 11 を既定のブラウザとして設定する環境で、メールにあるリンク先がウェブページの URL のハイパーリンクをクリックする際、下記のような確認ダイアログが出る現象が発生しています。

この確認ダイアログにある常にこのアプリを使うのチェックボックスにチェックをいれても発生することを確認しております。

defaultbroswer_confirmdialog defaultbroswer_confirmdialog2

KB 3094186 では上記現象を解決するために自分で解決するセクションで 次のレジストリの設定をご案内させていただきましたが、この設定方法では新たな問題が発生してしまいます。

キー : HKEY_CLASSES_ROOT\htmlfile\shell\opennew\command

名前 : (既定)

: cmd /c start %1

 

新たに発生する問題

ハイパーリンクのリンク先となる URL “&” がある場合ブラウザで開かれる際、 “&” 以降の文字列が欠落してしまいます。

これは、コマンド プロンプトでは “&” が複数コマンド実行の区切り文字として認識されるため、 “&” 以降の文字列は別コマンドとして認識され、ブラウザ上では “&” までのリンクのみが表示されるからです。

リンク先となる URL の例 : <https://www.bing.com/search?form=QBLH&sp=-1&pq=kb+3094186&q=KB+3094186&qs=n>

上記の例では “sp=-1&pq=kb+3094186&q=KB+3094186&qs=n” の文字列が別コマンドとして認証されブラウザで開くされる際に欠落します。

 

回避方法

URL の欠落事象を回避するために以下の方法があります。

 

方法 1:

——-

設定するコマンドを以下にします。

cmd /c start “<任意の文字列 例 : IE>” “%1”

※この設定をご利用の場合、ブラウザにてリンクが開かれるまでコマンド プロンプトが瞬間的に表示されますので、ご注意ください。

 

方法 2:

——-

設定するコマンドを以下にします。

rundll32.exe  url.dll, FileProtocolHandler  %1

この設定ではブラウザにてリンクが開かれる際にコマンド プロンプトが表示されません。

 

Microsoft では KB 3094186 の内容に不備があることを認識しており現在修正を検討しております。

 

本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Skip to main content