Outlook の送信タイミングについて


こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。

今回は Outlook の送信タイミングについてご紹介します。

 

Outlook のメッセージ送信は MAPI スプーラーが担います。

メッセージの [送信] ボタンを実行すると一旦送信トレイにメッセージが格納され、送信対象のメッセージが MAPI スプーラーにより送信処理されます。

 

送信対象のメッセージについて

[送信トレイ] 内のアイテムの状態は大きく分けて以下の 2 パターンに分けられます。

- 送信待ち (斜体で表示されます)

- 送信停止 (斜体で表示されません)

 

[送信待ち] 状態にある場合は、MAPI スプーラーの送信対象となりますが、一旦アイテムを開くと [送信停止] 状態になり、当該メッセージの [送信] ボタンを再度実行しない限り [送信待ち] 状態となりません。

send

1: [送信トレイ] フォルダ内にある [送信待ち] 状態と [送信停止] 状態のメッセージ

 

MAPI スプーラーの起動タイミングについて

Outlook のオプションにある “接続したら直ちに送信する” メニューがチェック ON の場合、Outlook 起動後にバック グラウンドで MAPI スプーラーが起動され、[送信トレイ] フォルダにあるメッセージをすぐに送信します。

option

2: [Outlook のオプション] の “接続したら直ちに送信する” メニュー

 

一方、Outlook 未起動時に Excel Word から [添付ファイルとして送信] を実行した場合、バック グラウンドの MAPI スプーラーの処理が実行される前に Outlook のプロセスが終了されるため、送信が即時に実行されません。

 

補足

Outlook 2002 より前のバージョンでは、MAPI スプーラーは Outlook とは別プロセスとして独立して実行されていました。

Outlook 2002 以降では MAPI スプーラーは Outlook のプロセスで実行されるようにアーキテクチャが変更され、Outlook 2002 以降において送信処理を即時に実施するためには Outlook を起動する必要があります。

 

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Skip to main content