Outlook 2013 と Windows Search のインストール順における問題


こんにちは。日本マイクロソフト Outlook サポート チームです。
この記事では、Outlook 2013 の環境で Outlook の後に Windows Search のインストールを行った場合の問題についてご紹介します。

現象
Outlook 2013 インストール後に Windows Search をインストールすると、以下の問題が発生します。

・ [検索] タブの [詳細] から検索フィールドを追加すると、フィールドがグレーアウトされて使用できない。
・ [検索] タブの [詳細] から検索フィールドを追加すると、追加したフィールドの削除ができない。Outlook を再起動しても残り続ける。

 

2016-11-27_230441

 

原因
Windows Search がインストールされていない状態で Outlook 2013 をインストールすると、Outlook が検索に使用するコンポーネントが不要と判断されてインストールされないために発生します。
これは Outlook 2013 の制限事項です。

対処方法
Outlook (Office) を再インストール、または修復します。

補足
Windows 7 や Windows 10 などのクライアント OS では、Windows Search は既定でインストールされますが、Windows Server 2012 をはじめとしたサーバー製品では Windows Search は予めインストールされていません。
そのため、Windows Search より先に Office を先にインストールする状況が発生し、このような事象が起こります。
また Outlook 2010、Outlook 2016 では本事象は発生いたしません。

________________________________________

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。


Skip to main content